デジタルサイネージのコンテンツを
デザインするピクトパスカル

クリエイティブなオリジナル動画制作を低価格で

デジタルサイネージを導入し効果的に活用するためには、オリジナルのコンテンツ制作が必要になってきます。
特に注目度の高い動画コンテンツの配信は、訴求力もあり集客や購買がアップする傾向にあります。
ピクトパスカルは30年にわたる豊富な映像制作の実績と経験のもと、企画、撮影、編集までのワンストップで、
お客さまのニーズと予算に合った、オリジナル動画コンテンツやデザイン制作を提案しています。


2500デザインを超える、デジタルサイネージの
コンテンツ・コレクション

ピクトパスカルでは、デザイナー、クリエイターが制作するデジタルサイネージのコンテンツも販売しています。
デジタルサイネージの効果と訴求力は、多くの人の目を引くコンテンツのデザインで決まります。
みなさまのデジタルサイネージの配信をサポートする、無料コンテンツやワンコイン(500円)コンテンツなど、
デザイン性に優れたHD&4Kのハイクオリティーな動画・静止画コンテンツを低価格で販売しています。
※無料コンテンツのダウンロードには無料会員登録が必要です。

デジタルサイネージのコンテンツ、デザイン・コレクション

低価格で高品質な静止画コンテンツなら
ポスター・コレクション 500円〜

効果的なデジタルサイネージの運用や情報発信には、多くのコンテンツが必要になってきます。
ポスター・コレクションは低価格でありながら、デザイン性の高い静止画コンテンツです。
オールシーズンに渡り配信計画が組める、豊富でユニークなデザインをラインナップしています。
魅力的なデザインのデジタルサイネージで、みなさまのお店をイメージアップ&集客アップ。


ハイクオリティーな動画コンテンツなら
ムービー・コレクション 2000円〜

デジタルサイネージの魅力とメリットは、何と言っても動画配信による注目度のアップです。
ムービー・コレクションは経験豊かなクリエイターが制作したクールでおしゃれな動画コンテンツです。
スタイリッシュなデザインのモーショングラフィックスは、多くの人の目を引くことでしょう。
長時間の配信が可能な動画コンテンツである、スライドショーやアート・コレクションもラインナップしています。


シーズンや催事ごとにデザインをまとめたシーンズン・コレクション」も検索にご利用ください。
たま、既存のデザインを元に、写真や文字を変更するカスタム・オーダー」にも対応しています。


ピクトパスカルの
デジタルサイネージ・ソリューション

デジタルサイネージのコンテンツ配信の目的は、設置場所や空間によって多岐に渡ります。
1台のディスプレイによるシンプルな配信でも、デジタルサイネージのアイデアは無限に広がります。
複数のディスプレイによる配信では、コンテンツ制作はもとより、配信システムが複雑になってきます。
ピクトパスカルでは、みなさまが抱えるお悩みや疑問を解決できるよう、空間デザイン、配信のアイデア、
デジタルサイネージの概要「虎の巻」、ディスプレイの種類や比較、レンタルや購入のポイントなど、
デジタルサイネージ(電子看板)に関する最新情報を発信しています。

デジタルサイネージ・ソリューション

デジタルサイネージのコンテンツ配信を
サポートします

私たちピクトパスカルは映像制作やデザイン制作、CMディレクターや広告プランナーなどの経験豊富なユニットです。
常に新しい映像表現に挑戦しながらも、時代に流されない価値観をもったクリエイティブな映像制作で、
「広告戦略」「顧客集客」「ブランディング」「空間デザイン」「コミュニケーション」をサポートいたします。
また、自作のコンテンツ制作をサポートする、デジタルサイネージの作り方「MAKE UP」も掲載しています。
デジタルサイネージの導入から運用、配信システム、映像制作、コンソーシアム(共同事業)まで、何でもお問い合わせください。


デジタルサイネージ配信のポイントは
コンテンツ制作のランニングコスト

モニターやディスプレイの製品販売会社は多くありますが、コンテンツ制作会社は少ないのが状況です。
特にオリジナルの動画制作はコストも高くなり、長期にわたる制作費は経営の負担となってしまうので、
効果的なデジタルサイネージの配信の鍵を握るのは、常に追加していくコンテンツ制作のランニングコストになります。
数多くの情報を配信するためには、安価なコンテンツとデザイン性の高いオリジナル・コンテンツが必要です。
長期にわたるデジタルサイネージの戦略をサポートできるピクトパスカルのコンテンツをご検討ください。


デジタルサイネージの制作ブログ 
クリエイティブ・シンクタンク【虎の穴】

日々進化を遂げるデジタルサイネージと映像技術。最新のディスプレイや撮影技術、広告のあり方や、
斬新なデザイン、ユニークな動画制作の取り組み、導入事例や制作エピソード、時流コラムなど、
デジタルサイネージのある世の中が、少しでもハッピーであるようにと、気ままに綴ったブログです。

ブログ#120「デジタルサイネージ ジャパン」と「コンテンツ東京」

April 21, 2021 Toyosaki’s blog

4月14日から4月16日の三日間、幕張メッセで「デジタルサイネージ ジャパン 2021」が開催された。
今年はメッセでの開催と併せ4月19日から4月23日までオンラインで開催する。
やはり現場に行ってリアルなデジタルサイネージの現状を見ておくことにした。
続きは「デジタルサイネージ制作ブログ」で