デジタルサイネージのコンテンツを
デザインするピクトパスカル

デザイン性の高いオリジナル・コンテンツを低価格で

デジタルサイネージを導入し効果的に活用するためには、オリジナルのコンテンツ制作が必要になってきます。
特に注目度の高い動画コンテンツの配信は、訴求力もあり集客や購買がアップする傾向にあります。
ピクトパスカルは30年にわたる豊富な映像制作の実績と経験のもと、企画、撮影、編集をワンストップで提供。
お客さまのニーズと予算に合った、オリジナル動画コンテンツやデザイン制作を提案しています。

デジタルサイネージのオリジナルコンテンツ制作

3000デザインを超える、デジタルサイネージの
4Kコンテンツ・コレクション

ピクトパスカルでは、デザイナー、クリエイターが制作したデジタルサイネージのコンテンツも販売しています。
デジタルサイネージの効果と訴求力は、多くの人の目を引くコンテンツのデザインで決まります。
みなさまのデジタルサイネージの配信をサポートする、無料コンテンツやワンコイン(500円)コンテンツなど、
デザイン性に優れた4K&HDのハイクオリティーな動画・静止画コンテンツを低価格で販売しています。

■デジタルサイネージのコンテンツは4Kが主流に■

一般の家庭用デレビやPCモニターと同様に、デジタルサイネージもHDから4Kへと移行が加速しています。
将来的に4Kへの移行を考えれば、今からでも4Kコンテンツをストックしたほうが、再度購入する手間が省けます。
ピクトパスカルのコンテンツは全て(無料を除く)高解像度の4KとHDで制作されています。
※無料コンテンツ(HD)のダウンロードには無料会員登録が必要です。

デジタルサイネージ・コレクションへ移動

低価格で高品質な静止画デザインなら
ポスター・コレクション 500円〜

効果的なデジタルサイネージの運用や情報発信には、多くのコンテンツが必要になってきます。
ポスター・コレクションは低価格でありながら、デザイン性の高い静止画コンテンツです。
オールシーズンに渡り配信計画が組める、豊富でユニークなデザインをラインナップしています。
魅力的なデザインのデジタルサイネージで、みなさまのお店をイメージアップ&集客アップ。


ハイクオリティーな動画コンテンツなら
ムービー・コレクション 2000円〜

デジタルサイネージの魅力とメリットは、何と言っても動画配信による注目度のアップです。
ムービー・コレクションは経験豊かなクリエイターが制作したクールでおしゃれな動画コンテンツです。
スタイリッシュなデザインのモーショングラフィックスは、多くの人の目を引くことでしょう。
長時間の配信が可能な動画コンテンツである、スライドショーやアート・コレクションもラインナップしています。


おしゃれでクールな
コンテンツデザインのラインナップ 500円〜

シーズンや季節の催事ごとにデザインをまとめた
シーンズン・コレクション」もご活用ください。
新型コロナウイルス感染拡大の収束をアピールする
チャリティー・コレクション」はこちらへ。
たま、既存のデザインを元に、写真や文字を変更する
カスタム・オーダー」にも対応しています。

デジタルサイネージのシーズンデザイン      

空間デザインからディスプレイの比較まで、
最新のデジタルサイネージ・ソリューション

デジタルサイネージのコンテンツ配信の目的は、設置場所や空間によって多岐に渡ります。
1台のディスプレイによるシンプルな配信でも、デジタルサイネージのアイデアは無限に広がります。
複数のディスプレイによる配信では、コンテンツ制作はもとより、配信システムが複雑になってきます。

みなさまが抱えるお悩みや疑問を解決するための
4つのソリューション

■デジタルサイネージによる新たな空間デザイン「SPACE DESIGN」
■店舗別・デジタルサイネージ活用のアイデア「IDEA(社会の窓)」
■デジタルサイネージとは?デジタルサイネージの基礎知識「虎の巻」
■デジタルサイネージの比較と購入のポイント「SELECT POINT」

など、デジタルサイネージ(電子看板・電子広告)に関する最新情報を発信しています。

デジタルサイネージ・ソリューションページへ移動

デジタルサイネージのコンテンツ配信・動画制作をサポート

私たちピクトパスカルは映像制作やデザイン制作、CMディレクターや広告プランナーなどの経験豊富なユニットです。
常に新しい映像表現に挑戦しながらも、時代に流されない価値観をもったクリエイティブな映像制作で、
「広告戦略」「顧客集客」「ブランディング」「空間デザイン」「コミュニケーション」をサポートいたします。
また、自作のコンテンツ制作をサポートする、デジタルサイネージの作り方「MAKE UP」も掲載しています。
デジタルサイネージの導入から運用、配信システム、映像制作、コンソーシアム(共同事業)まで、何でもお問い合わせください。

デジタルサイネージ・サポートページへ移動

制作費を抑えたデジタルサイネージの
コンテンツ制作・デザイン制作

モニターやディスプレイの製品販売会社は多くありますが、コンテンツ制作会社は少ないのが現状です。
特にオリジナルの動画制作はコストも高くなり、長期にわたる制作費は経営の負担となってしまうので、
効果的なデジタルサイネージの配信の鍵を握るのは、常に追加していくコンテンツ制作のランニングコストになります。
数多くの情報を配信するためには、安価なコンテンツとデザイン性の高いオリジナル・コンテンツが必要です。
長期にわたるデジタルサイネージの配信戦略をサポートできるピクトパスカルのコンテンツ制作をご検討ください。

デジタルサイネージのデザイン

デジタルサイネージの広告は
インパクトのある動画コンテンツが効果的

多くの場合、デジタルサイネージを導入する目的のひとつが広告の配信です。
広告である以上、ひとりでも多くの人の目に止まり、広告の内容を認識してもらうことが大切です。
であるならば、静止画よりも動画コンテンツの方が効果的なことはいうまでもありません。
しかし、デザインが良いだけでは、動画広告の訴求性や効果を出すことはできません。
ネットやYouTube、SNSで動画広告を見慣れてしまった現代人を刺激する動画広告の制作が必要です。
ピクトパスカルは、ディレクター、クリエイター、デザイナー、カメラマン、サウンドエンジニアなど、
デザイン会社には真似のできない、動画制作・映像制作に特化したクリエイター・ユニットです。

デジタルサイネージをクリエイティブに

お客さまのお店を「アートギャラリー」に変える
コンテンツデザイン

デジタルサイネージのコンテンツは単に集客や広告、ニュース、商品情報の表示・配信ツールではありません。
くつろげる空間を、デザイン動画やアート映像で演出。トータル的なブランディングイメージのアップが可能です。
近年、急速に加速するデジタルサイネージの普及はブランディング戦略の中心となっていきます。
特にカフェ、レストラン、ヘアサロン、ビューティーサロンなどは、ショップと比較しても滞在時間が長く
デジタルサイネージのデザインによるリラクゼーション効果とブランディング効果は大きくなります。

デジタルサイネージでアートギャラリーに

デジタルサイネージは「新しい世界」をデザインするプロモーション・ツール

デジタルサイネージは広告やサービス情報を動画や静止画像として表示・配信することが可能です。
販促プロモーションや集客はもちろん、災害、緊急時の避難速報など、様々なニーズで効果を発揮し、
日々進化するデジタルサイネージのテクノロジーは、これからのコンテンツ配信を変えていきます。
デジタルサイネージは使い方次第では、今までにない「新しい世界」をデザインする可能性を秘めているのです。
ぜひ、デジタルサイネージを導入して、みなさまの新たなプロモーション戦略にご活用ください。

デジタルサイネージで「新世界」を

「コンテンツ・ファースト」&「デザイン・ファースト」を目指して

AIやDX、5Gやクラウドなど、デジタルサイネージを取り巻くデジタル技術は日々進化しています。
目新しい技術や、複雑な配信が可能なプログラムソフト、大容量のデータを扱う高速回線など、
どうしても、最新技術に目を奪われがちですが、私達の想いは「コンテンツ・ファースト」&「デザイン・ファースト」です。
この考えは、「クリエイティブ・ファースト」&「アーティスティック・ファースト」にも繋がると信じています。
クライアント、コンテンツデザイン制作、配信システム、ディスプレイ開発・製造が信頼の関係を築くために、
ピクトパスカルは「コンテンツ・ファースト」&「デザイン・ファースト」を掲げて取り組んでいきます。

デジタルサイネージはコンテンツ・ファースト

デジタルサイネージのコンテンツ制作ブログ
【電子看板・見聞録】

電子看板・見聞録は、日々進化を遂げるデジタルサイネージと映像技術、最新のディスプレイや撮影技術、
広告のあり方や、斬新なデザイン、コンテンツ制作の取り組み、制作エピソードやアート情報、時流コラムなど、
デジタルサイネージのある世の中が、少しでもハッピーであるようにと、気ままに綴ったブログです。

ブログ#245 ペーパーレス時代の広告デザインのあり方

November 12th, 2021 Toyosaki’s blog

私が初めてApple ComputerのMACを買ったのが1993年で、その時から私のペーパーレス化は始まった。
私はデジタルサイネージのデザインによく紙を使う。これも私なりの「紙」への愛情である。
ペーパーレス時代のデジタルサイネージ広告のあり方をを考えてみよう。
つづきは「電子看板・見聞録」で。