デジタルサイネージを
「デザイン」する

ピクトパスカル

ピクトパスカルはアーティスト、クリエイター、デザイナーが制作するデジタルサイネージのデザイン制作&コンテンツ販売サイトです。

デジタルサイネージは
ブランディングだ

ブランディングの柱となるスペースデザインの鍵を握るのはデジタルサイネージの持つ柔軟性と多様性です。

デジタルサイネージは
コミュニケーションだ

人と人をつげるデジタルサイネージの力。コミュニケーションの話題となるのはハイクオリティーなデザインです。

ピクトパスカルの
デジタルサイネージ
コレクション

こんなデザインが欲しかった。かゆいところに手が届くピクトパスカルのデザイン・コレクション。

デジタルサイネージのコンテンツ制作ブログ
クリエイティブ・シンクタンク

ブログ#031 デジタルサイネージとサンドアート
June 05th, 2020 Toyosaki’s blog

みなさんは「サンドアート」をご存じであろうか?「砂の芸術」といえば、鳥取の「砂の美術館」。ここは世界初、「砂」を素材にした彫刻作品を展示する美術館として有名だ。長い年月を経て自然によって作り出された「鳥取砂丘」を象徴する意味でも貴重な美術館だと思う。しかし私は言っているサンドアートとは彫刻では無く「砂の絵」である。単純に砂で絵を描くだけでは無く、ストリーや音楽に合わせて画いては消し画いては消して物語を進めていく。その場面展開は美しく、アートそのものである。その存在は知っていて海外のアーティストが有名であった。私とサンドアートとの出会いは2005年の夏に新・江ノ島水族館のデジタルサイネージを担当したときである。デジタルサイネージといってもプロジェクション・マッピングで、「ウミガメの砂浜」と呼ばれる屋外エリアをマッピングして欲しいとの要望であった。本当の砂浜や池などに何を投影したらよいか悩んだ末、砂浜なのだから、そこに「砂の絵」を描いてしまおうと思ったのである。私の発想は何時も単純である。そして日本人のサンドアーティストを全て調べて依頼したのが、サンドアーティストの伊藤花りんさんであった。水族館の意向もあったので、私が演出と音楽を担当し、花りんさんに砂絵を描いてもらった。そしてその年の夏にはアオウミガメの生態をストーリーにした「ウミガメの夢」とクリスマスには、海中のクリスマス・ツリーを探す冒険「海からのプレゼント」の2作品が公開され好評を得た。その後、花りんさんとのお仕事は続いてバンドのMVやイベント、自主発表会など多くの仕事に携われた。いつがデジタルサイネージ用にオリジナルストリーのサンドアートを作りたいと相談もしているが、まだ実現できていない。サンドアートの作品を色々な場所のデジタルサイネージで配信したいとの想いは変わっておらず、静かに時を待っている。サンドアートに興味のある方は検索してみて欲しい。美しいアナログの力に魅了されることだろう。