デジタルサイネージのコンテンツとは

デジタルサイネージのコンテンツにはどんな種類があるだろうか?
広告媒体、情報発信、コミュニケーション、空間演出、リラクゼーションなど、
それぞれの目的は違っていても、全てその場に存在する人間に何かしらの情報を配信する。
ショップだからといって特売品の広告やセースの告知だけでは物足りない。
コンテンツを配信する側が「価値」を考えるかで内容は一変してしまうであろう。
映像演出としてのテクノロジーは別として、様々なコンテンツを使い分ける事が
デジタルサイネージを効果的に運用するポイントである。


ブログ#030 デジタルサイネージのコンテンツとは

コンテンツつとはいったい何を指すのであろうか?デジタルサイネージで配信する情報も、ブログの記事も「コンテンツ」と呼ばれている。「CONTENTS」を直訳すれば「中身」や「内容」になる。しかし、最近のネット社会では単に中身ではなく「情報の中身・内容」をさし、そこに含まれる情報の質が重要視されている。元々「コンテンツ」という言葉は1990年代に、インターネットやスマートフォンなどのネットワークITやデジタル・テクノロジーが急速に普及したことによって一般化された言葉といわれている。コンテンツの考え方には諸説あるが、カナダの英文学者マーシャル・マクルーハンは、1964年に刊行された「メディア論・人間の拡張の諸相」の中で、「コンテンツはメディアにあたり、メディアとはメッセージである」と提唱している。つまり、私が1歳の時に「コンテンツ」とは、デジタルメディアそれ自体がメッセージを発信するものになると訴えていた。興味があれば一読を。しかし、情報のデジタル化が進んだことで、コンテンツもカテゴリー分けすることが求められるようになり、今では、さまざまな解釈がされているが、大きく3つに分類されると言われている。一つ目は「デジタルコンテンツ」で、映画や音楽、アニメ、ゲーム、キャラクターなどの芸術性や創造性に長けているコンテンツを「デジタルコンテンツ」と総称している。日本では2011年の地上デジタル放送への移行に伴い、テレビ番組もコンテンツと呼ばれるようになった。デジタル化によって、画質や音質を劣化させずに複製できるようになったため、コンテンツの著作権保護を目的として、コピーワンスやダビング10といった複製回数をコントロールする技術も導入された。アナログテープ時代はダビングする度に劣化し、ジャミジャミな映像素材の扱いに困ったものであった。二つ目が「Webコンテンツ」で、Web上で展開されるサイトやブログ、サービスなどを「Webコンテンツ」という。迅速な情報発信が価値を生むニュースコンテンツなど、SNSなどの集客力や話題性に特化したソーシャルメディアコンテンツ、ECサイトなどのセールスコンテンツなど、さまざまな用途に利用されているのがWebコンテンツだ。弊社「ピクトパスカル」もデジタルサイネージのコンテンツを販売するサイトなのでWebコンテンツにあたる。三つ目が今では身近なスマホやタブレット端末で利用できる「モバイルコンテンツ」だ。ゲームはもちろん、地図アプリ、グルメサイト、写真加工アプリなどもモバイルコンテンツに含まれ、無料のアプリから有料まで幅広く提供されて、世界中でこの「モバイルコンテンツ」の開発競争がエスカレートしている。私も昔に携わったことがあるがヒットしなかった。そしてユーザーは次から次に新しいアプリへ移行するので、長く使われるアプリは本当に少ないのが現状だ。能書きも含め「コンテンツ」の事を書いてきたが、マーシャル・マクルーハンの提言のように、今の私の立場では、デジタルサイネージのコンテンツとは「ビジュアル・メッセージ」であると思っている。ブランディングのための「ビジュアル・メッセージ」には良いデザインが必要なのだ。

May 29th, 2020 Toyosaki’s blog


ブログ#036 ユーチューバー VS デジタルサイネージャー

デジタルサイネージは英語で「電子看板」となる。ではデジタルサイネージを看板として使うなら、「そば屋・そば庵」のように「○○」を商いにしている「○○です」との情報発信がもっともシンプルな形であろう。でぱ、デジタルサイネージを商品ポスターとして使うなら、「今、売れている商品はコレ ○○タブレット」となる。そして、デジタルサイネージで会社理念をアピールするブランディングに使用するなら「グローバル×デジタル ○○企画」となっていく。またその場にいる人に適した情報を発信するサービスもある。電車の車内サイネージなら、広告の間に発着情報を配信するし、商業施設なら施設情報や最新インフォメーションなど。時は災害情報や避難経路など、デジタルサイネージの情報発信は目的に応じて様々な表現に変化する。この多種多様な情報を管理しネットワークする巨大な配信プログラムを構築する技術も日々、進歩している。またネットの世界ではYouTubeが登場し自分だけのテレビチャンネルの開局が全世界で可能になった。そこには広告が貼られ収益にもつながる。YouTubeでも、宣伝、商品プロモーション、企業アピールなど、様々な映像がアップされ続けている。では、デジタルサイネージとYouTubeの違いは何であろうが?それは自分でチャンネルを変えられるか、変えられないかの違いである。YouTubeやテレビは視聴者にチャンネルを変える権限がある。しかしデジタルサイネージにはその権限がない。配信される場所に居合わせた人は、配信されている内容に興味がなければサイネージから目をそらす以外に情報を食い止める術はない。これがデジタルサイネージの最大の弱点で、別のブログでも書いた「広告公害」にも繋がってしまう。広告配信にしろ、情報発信にしろ、高いモラルと配信責任が必要になってくる。ユーチューバーが多くいるのだから、今後はデジタルサイネージャーと呼ばれる職業も登場してくるであろう。そしてユーチューバーよりデジタルサイネージャーの方が高いモラルが求められる。もいずれにしても映像を使った情報発信の世界は終わることはなく、さらに世界に広がっていくに違いない。ユーチューバーもデジタルサイネージャーも、しっかりとしたモラルと高い技術、そして豊かな感性をもったクリエイターの登場を心から望んでいるのは私だけではないはずである。

June 19th, 2020 Toyosaki’s blog


ブログ#040 デジタルシフト

数年前から耳にしてきた言葉「デジタルシフト」。ウィズコロナで更にこのデジタルシフトが加速されていくことは間違いないであろう。デジタルシフトの情報を発信しているデジタルシフトタイムズによるデジタルシフトの定義とは、「デジタル化が進むグローバル社会においてあらゆる企業活動(経営、マーケティング、人材採用・教育、生産活動、財務活動など。およびビジネスモデルそのもの)において本質的なデジタル対応をすること」である。一般的に「デジタルシフト」というと、モノの購入にサイトを利用するなど、消費者から見た端末やデジタル回線などの通信技術の変化が注目されやすい。しかし、企業側もいかにデジタル化を推進できるかが事業の成功の鍵を握る。販売だけではない。メディアであれ生産現場であれ、医療の分野であれデジタルシフトがされていない分野を探す方が難しい。もちろん看板もデジタルシフトしてデジタルサイネージになってきている。人間が発想しデジタルが処理をする。デジタルは人間が生み出した大きな遺産であることは間違いない。問題は何処までデジタルシフトするかである。先日テレビでAIによる競馬予想とベテラン競馬予想士が競馬の勝敗を競っていた。この時の勝者はAIであった。しかしAIの問題は「なぜAIがその答えを導き出したのかが解らない」ことである。AIが出した手術の方法を信じて手術されたら叶わないし、AIが書いた脚本で映画を撮る事はない!と信じる。わたしもアナログからデジタルに移行した時代を生きたのでデジタルのありがたさは身に染みている。しかしこれから起こる大きな自然災害や、新しいウイルスとの戦い、サイバーテロリストの攻撃など、デジタルが立ちゆかなくなった世界で生き残れるのは自給自足している人たちだけかも知れない。デジタルとグローバルがこれからのキーワードであることは間違いないが、アナログとローカルを決して軽んじてはならないし、むしろそこにしか大切なものはないと思って生きてきた。人類が正しいデジタルシフトへ舵を取ることを願うと共に、私はアナログシフトをしていこうと思う。私の扱うデジタルサイネージにおいてもハードや制作過程でのデジタル化は避けられないが、コンテンツを創る作り手としては何処までもアナログ思考である。最後に私の尊敬する未来学者ヘイゼル・ヘンダーソン女史の言葉で締めたいと思う。「Think Globally, Act Locally」「地球的に考え、地域的に行動する」。

June 29th, 2020 Toyosaki’s blog