デジタルサイネージのコンテンツを考える

デジタルサイネージのコンテンツのあり方や
今後、作ってみたいコンテンツなど

デジタルサイネージのコンテンツにはどんな種類があるだろうか?
広告媒体、情報発信、コミュニケーション、空間演出、リラクゼーションなど、
それぞれの目的は違っていても、全てその場に存在する人間に何かしらの情報を配信する。
ショップだからといって特売品の広告やセースの告知だけでは物足りない。
コンテンツを配信する側が「価値」を考えるかで内容は一変してしまうであろう。
映像演出としてのテクノロジーは別として、様々なコンテンツを使い分ける事が、
デジタルサイネージを効果的に運用するポイントである。
ピクトパスカルのコンテンツは「デジタルサイネージ・コレクション」を参考にしてほしい。


ブログ#030 デジタルサイネージのコンテンツとは

 コンテンツつとはいったい何を指すのであろうか?デジタルサイネージで配信する情報も、ブログの記事も「コンテンツ」と呼ばれている。「CONTENTS」を直訳すれば「中身」や「内容」になる。しかし、最近のネット社会では単に中身ではなく「情報の中身・内容」をさし、そこに含まれる情報の質が重要視されている。元々「コンテンツ」という言葉は1990年代に、インターネットやスマートフォンなどのネットワークITやデジタル・テクノロジーが急速に普及したことによって一般化された言葉といわれている。コンテンツの考え方には諸説あるが、カナダの英文学者マーシャル・マクルーハンは、1964年に刊行された「メディア論・人間の拡張の諸相」の中で、「コンテンツはメディアにあたり、メディアとはメッセージである」と提唱している。つまり、私が1歳の時に「コンテンツ」とは、デジタルメディアそれ自体がメッセージを発信するものになると訴えていた。興味があれば一読を。

 しかし、情報のデジタル化が進んだことで、コンテンツもカテゴリー分けすることが求められるようになり、今では、さまざまな解釈がされているが、大きく3つに分類されると言われている。一つ目は「デジタルコンテンツ」で、映画や音楽、アニメ、ゲーム、キャラクターなどの芸術性や創造性に長けているコンテンツを「デジタルコンテンツ」と総称している。日本では2011年の地上デジタル放送への移行に伴い、テレビ番組もコンテンツと呼ばれるようになった。デジタル化によって、画質や音質を劣化させずに複製できるようになったため、コンテンツの著作権保護を目的として、コピーワンスやダビング10といった複製回数をコントロールする技術も導入された。アナログテープ時代はダビングする度に劣化し、ジャミジャミな映像素材の扱いに困ったものであった。

 二つ目が「Webコンテンツ」で、Web上で展開されるサイトやブログ、サービスなどを「Webコンテンツ」という。迅速な情報発信が価値を生むニュースコンテンツなど、SNSなどの集客力や話題性に特化したソーシャルメディアコンテンツ、ECサイトなどのセールスコンテンツなど、さまざまな用途に利用されているのがWebコンテンツだ。弊社「ピクトパスカル」もデジタルサイネージのコンテンツを販売するサイトなのでWebコンテンツにあたる。

 三つ目が今では身近なスマホやタブレット端末で利用できる「モバイルコンテンツ」だ。ゲームはもちろん、地図アプリ、グルメサイト、写真加工アプリなどもモバイルコンテンツに含まれ、無料のアプリから有料まで幅広く提供されて、世界中でこの「モバイルコンテンツ」の開発競争がエスカレートしている。私も昔に携わったことがあるがヒットしなかった。そしてユーザーは次から次に新しいアプリへ移行するので、長く使われるアプリは本当に少ないのが現状だ。能書きも含め「コンテンツ」の事を書いてきたが、マーシャル・マクルーハンの提言のように、今の私の立場では、デジタルサイネージのコンテンツとは「ビジュアル・メッセージ」であると思っている。ブランディングのための「ビジュアル・メッセージ」には良いデザインが必要なのだ。

May 29th, 2020 Toyosaki’s blog


ブログ#036 ユーチューバー VS デジタルサイネージャー

 デジタルサイネージは英語で「電子看板」となる。ではデジタルサイネージを看板として使うなら、「そば屋・そば庵」のように「○○」を商いにしている「○○です」との情報発信がもっともシンプルな形であろう。でぱ、デジタルサイネージを商品ポスターとして使うなら、「今、売れている商品はコレ ○○タブレット」となる。そして、デジタルサイネージで会社理念をアピールするブランディングに使用するなら「グローバル×デジタル ○○企画」となっていく。またその場にいる人に適した情報を発信するサービス・コンテンツもある。電車の車内サイネージなら、広告の間に発着情報を配信するし、商業施設なら施設情報や最新インフォメーションなど。時は災害情報や避難経路など、デジタルサイネージのコンテンツは目的に応じて様々な表現に変化する。この多種多様な情報を管理しネットワークする巨大な配信プログラムを構築する技術も日々、進歩している。

 またネットの世界ではYouTubeが登場し自分だけのテレビチャンネルの開局が全世界で可能になった。そこには広告が貼られ収益にもつながる。YouTubeでも、宣伝、商品プロモーション、企業アピールなど、様々な映像がアップされ続けている。では、デジタルサイネージとYouTubeの違いは何であろうが?それは自分でチャンネルを変えられるか、変えられないかの違いである。YouTubeやテレビは視聴者にチャンネルを変える権限がある。しかしデジタルサイネージにはその権限がない。配信される場所に居合わせた人は、配信されている内容に興味がなければサイネージから目をそらす以外に情報を食い止める術はない。これがデジタルサイネージの最大の弱点で、別のブログでも書いた「広告公害」にも繋がってしまう。広告配信にしろ、情報発信にしろ、高いモラルと配信責任が必要になってくる。

 ユーチューバーが多くいるのだから、今後はデジタルサイネージャーと呼ばれる職業も登場してくるであろう。そしてユーチューバーよりデジタルサイネージャーの方が高いモラルが求められる。もいずれにしても映像を使った情報発信の世界は終わることはなく、さらに世界に広がっていくに違いない。ユーチューバーもデジタルサイネージャーも、しっかりとしたモラルと高い技術、そして豊かな感性をもったクリエイターの登場を心から望んでいるのは私だけではないはずである。

June 19th, 2020 Toyosaki’s blog


ブログ#060 猛暑に効く冷感クーリング・コンテンツ

 異常な猛暑となっている今年の夏。今日17日は静岡県浜松で歴代最高に並ぶ41.1度を観測した。コロナの感染も恐ろしいが、熱中症の危険も心配な夏である。ひとりひとりが熱中症対策の知恵を持たなければなるまい。水分を小まめにとる。塩分をほどよく取る。睡眠環境を快適に保つ。室内を涼しくする。衣服に工夫をする。日ざしを避ける。冷却グッズを身につける。休憩を小まめにとる。などなど、熱中症の予防と対策は色々とある。ふとデジタルサイネージのコンテンツでも「猛暑に効く冷感コンテンツ」が出来ないかと考えてみた。かき氷やスイカなどの夏の風物詩や海や川などの水辺の映像。南極やアラスカなどの氷の世界。実際に体温が下がるかはわかないが、人間は感性の生き物である。「涼しく感じる冷感コンテンツ」を作ることは簡単だ。実際に、ひかりTVの調査で、ホラー映画ファンの約4割が「ホラー映画を見ると涼しくなる」と感じていることが分かったらしい。科学的には実証されていないものの、調査した38%の人が、怖いものを見ると「背筋が凍る」様な感覚があり「涼しくなるような気がする」と感じると答えたのである。でも、怖いとドキドキして心拍数が上がるのだから、実際には体温は上がっているのかも知れない。ちなみに私はホラー映画を見ません。怖くて見られません。

 私が考える「冷感コンテンツ」とは「かき氷」でも「ホラー」でもなくて、音楽を基調にした「クーリング・コンテンツ」である。京都府立大学 生命環境科学研究科・松原斎樹(まつばら・なおき)教授の研究で、「人間は温熱環境・視覚環境・聴覚環境などを総合的に評価しているので、暑い(寒い)時にでも心地よい音楽を聴いたり、美しいものを見ることで、総合的な快適さを向上させることができると言われています。少なくとも、その人が心地よいと感じる曲を聴くことによって、聴覚への注意配分が増大して、多少の暑さによる不快さが気にならなくなることは十分にありえます。」とあった。「涼しく感じる音楽や響き」と「涼しく感じるグラフィックや風景」などで「クーリング・コンテンツ」ができたら、熱中症対策にも使えそうな気がする。滝の映像と音だけでも、かなり効果があるであろうし、実際に滝のコンテンツは世界でも多く見かける。猛暑になってから猛暑用のコンテンツを考えても遅い。来年の夏に向けしっかりと計画を立てなければ、また来年の猛暑に、こんなブログを書くはめになる。さあ、熱中症対策でビールでも飲んでクールダウンしよう。みなさん、飲み過ぎは熱中症になりやすくなりますので注意して下さい。

August 17th, 2020 Toyosaki’s blog


ブログ#091 コロナ感染拡大防止コンテンツを無料で提供

 2回目の緊急事態宣言も全国11都府県へと広がっていく中、保証とバランスの取れない休業要請や自粛要請が続いている。ピクトパスカルのデジタルサイネージでも何かしら発信したいと想い「コロナ感染拡大防止コンテンツ」の無料提供を始めた。この手のデザインは難しい。コロナをリアルにすると怖くなって良いイメージを与えられない。コロナの「驚異・猛威」をデザイン化しなければならない。今回のコンテンツは「STOP COVID-19」「Social Distance」「STAY HOME」「TAKEOUT」の4デザインで計16コンテンツだ。

 飲食店用にもっと良いコンテンツを提供したいのだが、やはり店舗ごとに内容が違うので今回はこれで配信を始める。発令と同時にできなかったが、今回の緊急事態宣言は2月7日で終わるとは限らない。ニュースでは街に繰り出す若者たちの取材番組が多くなってきた。「コロナは怖くない」と言い切る若者に何かしらメッセージが送れたら良いのだが。無料の会員登録さえすればサイト内の「FREE COLLECTION」ページでダウンロードが可能だ。

January 17th, 2021 Toyosaki’s blog


ブログ#114 聖火ランナーとオリンピック・コンテンツ

 今日3月25日、東北の福島県・楢葉町から東京五輪の聖火ランナーがスタートした。開会式までの121日間の長い旅が始まった。全国47都道府県859市区町村を周り、約1万人のランナーが参加する。本来であれば、オリンピック開催を全世界に発信する大々的なイベントであるが、コロナの感染拡大対策で、出発式典は一部関係者のみでの開催となった。スタートしてからもコロナ対策は継続的な課題となることは間違いない。

 聖火ランナーの実施については色々な意見があるだろう。芸能人たちの「不参加」も相次ぎ、聖火ランナーを見守る人たちの心情も様々だ。私の持論は「聖火を絶やさずに、次のパリ五輪へ継承する」との意義が保たれれば、それだけで意味がある。決して予定通りに121日かけて全国を周る必要はないと思っている。本当に五輪が開催できる目込みがつくまで待ってからでも遅くはないだろう。47日前から各都道府県を周ることもできるし、福島から東京へ直行でも「聖火の意義」がなくなるわけではない。

 私の持論は置いておいても、デジタルサイネージでも東京五輪用のコンテンツ制作は準備を進めている。五輪が中止になれば水の泡になるので、制作を開始するタイミングの見極めが大事し、仕掛けるタイミングも重要だ。私の五輪対策も今日からスタートした気持ちである。

 感染拡大・第四波の兆候も見られる中で走り出した聖火ランナー。いまだ7割以上の世論が今夏の五輪開催に反対の声を上げている中で、安心安全な聖火リレーを全うし、7月23日に聖火が東京・国立競技場のゴールに着けるのか?これも全てコロナウィルスとの戦いにかかっている。当然だが聖火ランナーの開催自体がコロナの感染拡大につながれば、本末転倒である。

March 25th, 2021 Toyosaki’s blog


ブログ#161 オリンピック・コンテンツはどこへゆく

 東京オリンピックの開幕まで1週間を切った。毎日報道される山積する問題の多さに呆れてしまうのは私だけではあるまい。コロナのパンデミックは確かに未知との戦いではあるが、IOC、JOC、そして日本政府の手の打ち方の遅さに、混乱しているオリンピック運営の現場には、私の友人も多く関わっている。私自身もこの2年間にオリンピックやパラリンピックに関わる幾つもの仕事の発注や相談を受けてきた。パビリオンであったり、パブリック・ビューイングであったり、聖火ランナーの採火式典など、多くの時間と能力を費やしてきたが、結局何ひとつ残らずに消えていってしまった。本当にオリンピックに振り回された2年間であった。しかし、同じ思いの方も多いであろうから愚痴を言うつもりはない。

 3日連続で1000人を超える東京の今の感染拡大状況で無観客は当然として、今の感染対策で、アスリートや競技関係者、ボランティアの方々をはじめ、東京五輪に関わる全ての「安心と安全」を守れるとは到底思えない。五輪関係者の中で最も注意しなくてはいけないのが報道陣である。同じ映像の世界ではあるが、報道は特殊である。テレビ局だというだけで、平気でモラルを無視して行動する人がいかに多いことか。特に海外のメディアには注意が必要であると思う。IOC、JOC、日本政府は一岩となってメディアを監視しなければ、オリンピック・クラスターは起こるであろう。

 ピクトパスカルでも、オリンピックのコンテンツは色々と考えてきた。外国人観光客へのインバウンド・コンテンツ、アスリートを応援するコンテンツ、大会を盛り上げるコンテンツなどである。デジタルサイネージでのオリンピックへの参加はしたいと思っていたので、最低限アスリートを応援するコンテンツだけでも出そうとおもって大会組織委員会に問い合わせをした。ピクトパスカルは大会スポンサーでは無いので、当然、著作権がある大会ロゴマーク、キャラクター、東京2020、五輪マークなどの使用はできない。私が問い合わせをしたのが「がんばれ ニッポン」という言葉の使用であった。返答はNGである。更には「オリンピック」を想像させる全てが「知的財産」で違反すれば最高500万の罰金であるという。であるならば全てのスポーツに関わる「言葉」「写真」「デザイン」の使用は違法になってしまう。こんな著作権の考え方は本当に正しいのであろうか?すでにオリンピックは世界最大のビック・ビジネスとなってしまった。全てが腑に落ちない五輪でも、アスリートだけは心から応援したい。もっとも、オリンピックが無事に開催できればの話だが。

July 17th, 2021 Toyosaki’s blog