デジタルサイネージと旅の恥

国内外を問わずロケは楽しい「旅」である


撮影の醍醐味のひとつはロケである。国内であれ、海外であれロケは楽しい。
特に海外ロケなどは、それだけでワクワクとドキドキが止まらない。
なぜなら予想も付かないハプニングが多く起こるからだろう。
そのハプニングを乗り越え、無事に撮影を成し遂げた後の「美酒」がたまらない。
デジタルサイネージにあまり関係ない話しも多くなるであろうが、
ロケで起きたハプニングとご当地のオススメ料理なども紹介します。


ブログ#003 デジタルサイネージと屋久島・縄文杉

 屋久島といえば1993年に世界遺産(自然遺産)に登録され年間等して観光客の絶えない日本を代表するパワースポットである。特に樹齢7200年(諸説有り)を超える縄文杉は幹の周囲が16.4mもあり波打つヒダとコブに覆われている屋久島の象徴的な杉である。私も2度撮影に訪れているが、その存在感に圧倒されたものだ。初めて訪れた時は通常のビデオ収録であったので当然16/9の横画面撮影である。美しい森や透き通った川、屋久猿や屋久鹿などの動物など被写体に困ることはなく順調に縄文杉を目指した。しかし縄文杉を目の当たりにして困ったのが横画面ではその迫力を捉え切れないのだ。もちろんそんな事は百も承知で望んだのだが、ティルトアップしても画が決まらず、樹齢7200歳の仙人の前では私は無力な44歳の赤子であった。

 10年前に2度目のプライベート撮影に臨む。今度は全てが縦構図での撮影に挑戦した。これがデジタルサイネージのコンテンツ制作の依頼だったら面白かったが、当時はまだ縦型ディスプレイのデジタルサイネージは海外ブランドショップのウインドで流されていたファッションショーぐらいであった。動画制作に携わっていてスチールカメラマンに嫉妬していたのは、この「縦構図」で動画作品が作れないことであった。屋久島で収録した縦ムービーを編集して完成させた時には、今までにない満足感と色々な発想が溢れてきた。いずれは普及する縦型ディスプレイのデジタルサイネージ時代に思いを馳せたのが屋久島・縄文杉であった。

October the 25th, 2019 Toyosaki’s blog


ブログ#009 デジタルサイネージとミケランジェロ

 尊敬する芸術家は?との質問には、わたしは決まって「ミケランジェロ」と答える。フィレンツェを訪れた時に見た「ダビデ像」や、ヴァチカン美術館で見たミケランジェの大作であるシスティーナ礼拝堂の天井画に触れた歓喜は忘れられない。ミケランジェロは今で言うプロジェクション・マッピングの先駆者だったのかも知れない。デジタルサイネージではないが、私がとあるイベントの演出を担当した時に、会場の天井に「システィーナ礼拝堂の天井画」をプロジェクターで投影したことがある。イメージはシスティーナ礼拝堂のように天井一面を覆う荘厳な絵巻だったが、当時は今のような高輝度のDLPプロジェクターは存在しなくブレンディングの技術もなかったので「PIGI」という重量160kgの高輝度のスライドプロジェクターを使用した。結果、単焦点レンズの問題もあり、天井の一部にしか投影できなかったのである。

 20年も経った今でも、デジタルサイネージによるミケランジェロの天井画の再現はわたしの夢のひとつである。間味に溢れて心から敬愛してやまないミケランジェロの最後の作品である「ロンダニーニのピエタ」に彼の生き方や芸術に対する想いが詰まっていると感じててならない。最後にわたしが一番好きな彼の名言を紹介して終わりにする。「I saw the angel in the marble and carved until I set him free. 私は大理石の中に天使を見た。わたしはただ天使を開放しただけだ。」

December the 6th, 2019 Toyosaki’s blog


ブログ#078 楽聖ベートーヴェンの生誕250年

 本年は楽聖ベートーヴェンの生誕250年にあたる。30年も前になるが、ドイツのボンにあるベートーヴェンの生家に立ち寄ったことがある。ベートーヴェンはウィーンへ移り住むまでの21歳までボンに住み、母親が亡くなったあとは、働かない父親にかわってがむしゃらに働いていたそうだ。屋内にはベートーヴェンの家族や友人、音楽の講師の絵が飾られていて、実際に書いた楽譜や、ベートーヴェンが初めて人前で演奏した時のオルガンも飾られていた。ベートーヴェンの「第九」といえば、日本の年末の風物詩となっている。作曲家のワーグナーは語る「ベートーヴェンは勢いよく錨を下ろした」。「錨」とは、一切を結合する必然的で絶大な力で、溢れる心的感情の流れのすべてが、そこへと注ぎ込むことができる言葉、「歓喜」である。この言葉を「おのが音楽創作の頂点に戴冠したのだ」と(藤野一夫訳「未来の芸術作品」)。

 交響曲に初めて声楽を取り入れたベートーヴェンは、周りの批判にこう反論した「なに、規則が許さないだと。そうか、なら私が許可する!」と。人類の理想と連帯を歌い上げた「歓喜の歌」は楽聖ベートーヴェンの心の叫びであったに違いない。250年の佳節である本年は、残念ながら、いつもとは違う「第九」になってしまうだろうが、コロナで世界中が「苦悩」包まれる今、ベートーヴェンの「苦悩を突き抜け歓喜に至る」という精神は、高らかに響き渡ることであろう。私も「突き抜ける歓喜」を目指して進んで行きたい。苦悩を突き抜けるデジタルサイネージ!苦悩を突き抜けるデジタルサイネージ・コンテンツ!ベートーヴェンならどんな音楽をつけるのであろうか?

December 30th, 2020 Toyosaki’s blog


ブログ#082 詩聖・タゴールにあこがれて

 最近、特に昨年は海外にも行けていないので昔のお話です。インドのニューデリーへ、イベントのお仕事で2年続けて訪れた。その時は映像ではなく音響スタッフとして同行させてもらった。一応ミュージシャンだったという肩書があるので、基本的なことは理解していたつもりだ。最初に訪れたのは1991年の湾岸戦争が勃発して一週間後であった。ニューデリー空港に着くなり、厳重な警備隊に囲まれ荷物チェック。仕事で来たので、当然、電池やストップウォッチ、マグライトなど、最低限のツールは持っていったのだが、電池とストップウォッチで「爆弾」を作る疑いをかけられ、なかなか検閲を通してくれない。やっと通してもらいホテルに向かうと、道中で3回も検問があり、ライフルを向けた警官が荷物チェックをする。大先輩の「知恵」で切り抜けていくのだが、その「知恵」は、ここでは証さないでおこう。

 目的のイベントが無事に終了した後に、ニューデリー郊外を撮影してまわった。もちろんスタッフはインド人だが、ちゃんとしたプロダクションだったので、カメラは業務用のSONYのβカムであった。この撮影が、私がプロとしての初めての撮影となったのである。この撮影が無かったら、おそらく「デジタルサイネージのピクトパスカル」も存在していなかったであろう。ガンジス川を撮影した時には、やはり感慨深いものがあった。川上から、沐浴している者、洗濯をしている者、体を洗っている者、排泄をしている者、水を飲んでいる者、そしてその脇を死体がゆっくりと流れていく。そんな壮大な大地と文化から生まれたのが、詩聖・タゴールだ。

 インドに行ったことをきっかけにタゴールを知り、勉強をした時期があった。「ラビンドラナート・タゴールは、インドの詩人 、思想家、作曲家。詩聖として非常な尊敬を集めている。1913年には「ギタンジャリ」によってノーベル文学賞を受賞した。これはアジア人に与えられた初のノーベル賞でもあった。 インド国歌の作詞・作曲、タゴール国際大学の設立者でもあった。 ウィキペディアより」。タゴールの名言をいつくかご紹介したい。「真の友情は蛍光のようなもの。すべてが闇に包まれるとき、より一層と輝く」「花はその花弁のすべてを失って果実を見いだす」「人間は、空間と時間との領域の中に住むほかに、もう1つ別の住居を持つ。自分の内面の王国の中に」「海を見ているだけでは、海は渡れない」。「人生から太陽が消えたからといって泣いてしまえば、その涙で星が見えなくなってしまう」掲げればきりがない名言ばかりであり、コロナ渦では更に光彩を放つ「言葉」だと痛感している。「言葉」の持つ力は大きい。デジタルサイネージも広告も「言葉」がなくては成立しない。こんな時期だからこそ、もう一度、タゴールの「力のある言葉」に触れる機会を作ろうと思っている。

January 5th, 2021 Toyosaki’s blog


ブログ#095 国連本部の取材

 ニューヨークにある国連本部ビル(United Nations)に取材に行った時の出来事である。国際連合」は、国際連合憲章の下で1945年に設立された国際機関で、第二次世界大戦を防げなかった国際連盟の様々な反省を踏まえ、1945年10月24日に51ヵ国の加盟国で設立された。2020年4月現在の加盟国は193ヵ国であり、国際組織の中では最も広範で一般的な権限と、普遍性を有する組織である。本来この国連の担う役割は重要で、特に国際的な紛争問題や環境問題は、国連がイニシアティブを取って推進すべく組織である。しかし近年は、国連加盟国の中でも国連決議に従わない国の存在で、国連の権威が下がってきていることはとても残念だ。国連ビルは通称マッチ箱と呼ばれる奥行きのない四角い建物である。ある意味デザイン性のない建築に見えるが、実際に行ってみるとシンプルだが実に存在感のあるビルであった。

 取材は、国連に務める日本人本部職員の活躍を収める内容であった。ニューヨークでは国連の他にもコロンビア大学の取材が同時にあったので、国連に使える時間は3時間ほどであった。予算も時間もなかったので、事前にメールで収録の段取りをとって向かった。前日の夜のニューヨークに着き、ホテルで日本人本部職員と取材の確認をし、翌日国連ビルの前で合流。流石に国連の本部職員だけあって仕事ができる。やることにまったく無駄がない。取材の申請もしてあったし、問題なく3時間で収録できるであろうと思っていた。しかし、そうは問屋が下ろさないのが海外取材である。国連ビルの守衛が私をビルに入れてくれないのである。本部職員が同行して、しかも申請までしてあるのに駄目だという。当時は国際的なテロ事件が多く勃発していて、国連ビルもテロのターゲットになっていたことはわかっている。カメラが兵器で無いこともたしかめ、私が爆薬を持っていないことを確かめても入れてくれない。ようやく許可が下りたのは2時間後であった。もはやインタビューも出来ない。必要なインサートカットのみを撮影して国連ビルを後にし、コロンビア大学へ向かった。コロンビア大学の取材は概ね成功であった。19時にホテルに戻り、宿泊している私の部屋で、再び国連本部職員のインタビュー収録を行った。無事に収録は終えたが、私が取っておいたブロードウェイのミュージカルのチケットは唯の紙クズとなってしまった。でも国連ビルって、何故かデジタルサイネージにも見えてしまう。私だけか?気のせいか?

January 25th, 2021 Toyosaki’s blog