デジタルサイネージと旅の恥

撮影の醍醐味のひとつはロケである。国内であれ、海外であれロケは楽しい。
特に海外ロケなどは、それだけでワクワクとドキドキが止まらない。
なぜなら予想も付かないハプニングが多く起こるからだろう。
そのハプニングを乗り越え、無事に撮影を成し遂げた後の「美酒」がたまらない。
デジタルサイネージにあまり関係ない話しも多くなるであろうが、
ロケで起きたハプニングとご当地のオススメ料理なども紹介します。


ブログ#003 デジタルサイネージと屋久島・縄文杉

屋久島といえば1993年に世界遺産(自然遺産)に登録され年間等して観光客の絶えない日本を代表するパワースポットである。特に樹齢7200年(諸説有り)を超える縄文杉は幹の周囲が16.4mもあり波打つヒダとコブに覆われている屋久島の象徴的な杉である。私も2度撮影に訪れているが、その存在感に圧倒されたものだ。初めて訪れた時は通常のビデオ収録であったので当然16/9の横画面撮影である。美しい森や透き通った川、屋久猿や屋久鹿などの動物など被写体に困ることはなく順調に縄文杉を目指した。しかし縄文杉を目の当たりにして困ったのが横画面ではその迫力を捉え切れないのだ。もちろんそんな事は百も承知で望んだのだが、ティルトアップしても画が決まらず、樹齢7200歳の仙人の前では私は無力な44歳の赤子であった。10年前に2度目のプライベート撮影に臨む。今度は全てが縦構図での撮影に挑戦した。これがデジタルサイネージのコンテンツ制作の依頼だったら面白かったが、当時はまだ縦型ディスプレイのデジタルサイネージは海外ブランドショップのウインドで流されていたファッションショーぐらいであった。動画制作に携わっていてスチールカメラマンに嫉妬していたのは、この「縦構図」で動画作品が作れないことであった。屋久島で収録した縦ムービーを編集して完成させた時には、今までにない満足感と色々な発想が溢れてきた。いずれは普及する縦型ディスプレイのデジタルサイネージ時代に思いを馳せたのが屋久島・縄文杉であった。

October the 25th, 2019 Toyosaki’s blog


ブログ#009 デジタルサイネージとミケランジェロ

尊敬する芸術家は?との質問には、わたしは決まって「ミケランジェロ」と答える。フィレンツェを訪れた時に見た「ダビデ像」や、ヴァチカン美術館で見たミケランジェの大作であるシスティーナ礼拝堂の天井画に触れた歓喜は忘れられない。ミケランジェロは今で言うプロジェクション・マッピングの先駆者だったのかも知れない。デジタルサイネージではないが、私がとあるイベントの演出を担当した時に、会場の天井に「システィーナ礼拝堂の天井画」をプロジェクターで投影したことがある。イメージはシスティーナ礼拝堂のように天井一面を覆う荘厳な絵巻だったが、当時は今のような高輝度のDLPプロジェクターは存在しなくブレンディングの技術もなかったので「PIGI」という重量160kgの高輝度のスライドプロジェクターを使用した。結果、単焦点レンズの問題もあり、天井の一部にしか投影できなかったのである。20年も経った今でも、デジタルサイネージによるミケランジェロの天井画の再現はわたしの夢のひとつである。間味に溢れて心から敬愛してやまないミケランジェロの最後の作品である「ロンダニーニのピエタ」に彼の生き方や芸術に対する想いが詰まっていると感じててならない。最後にわたしが一番好きな彼の名言を紹介して終わりにする。「I saw the angel in the marble and carved until I set him free. 私は大理石の中に天使を見た。わたしはただ天使を開放しただけだ。」

December the 6th, 2019 Toyosaki’s blog