キュートな【バレンタイン】コンテンツで、
女性たちの集客アップを

バレンタインの歴史

「バレンタイン」「バレンタインデー」の歴史はローマ帝国の時代に始まりました。
当時ローマ帝国では、2月14日は女王ユーノーの祝日で、翌2月15日にルペカリアの祭が行われていました。
このお祭りは、男性が桶の中から女性の名前が書かれた紙を引き、相手の女性とは祭りの間一緒に過ごすという祭りで
パートナーとなった多くのカップルはそのお祭りの間で恋に落ち、結婚したと言い伝えられています。
しかし、西暦3世紀頃のローマ皇帝は、若い男を戦争にかり出すために結婚禁止令を出します。
そこで、キリスト教司祭のウァレンティヌスはかわいそうな兵士たちの為に、内緒で結婚式を執り行っていました。
そのことがやがて皇帝の耳にも入り、ウァレンティヌスは2月14日の処刑されてしまいます。
依頼、毎年2月14日にはウァレンティヌスが処刑された日として国民でお祈りをするようになったそうです。
今では「ウァレンティヌス」は「聖バレンタイン」という聖人として広くの人に知られています。

海外では、主にカードや花束、お菓子を恋人や家族、友達に贈るのが習慣のようですが、
日本では製菓メーカーの戦略もあり、女性が好きな男性にチョコレートを贈ることで定着したため、
その時期になると、チョコレートの販売以外でもバレンタインに便乗したセールが行われています。
チョコと一緒に贈くるプレゼンのアイテムはいくらでもあるので様々な戦略が繰り広げられているのです。

デジタルサイネージ用バレンタインのコンテンツ

デジタルサイネージでもバレンタインをテーマしたコンテンツは見かけるようになりました。
ピクトパスカルでは、チョコやハート、リボンや天使などをモチーフにデザインしたコンテンツをラインナップ。
バレンタインに便乗したセール、フェアなど、ショップ系やサービス系でも気軽に配信できます。
女性をターゲットにしたバレンタイン・コンテンツでお店の集客アップを。

【バレンタイン】コレクションの一覧 価格¥500~

ショップ系の店舗にはセール・ポスター、サービス系の店舗にはフェア・ポスターが最適です。
低価格なポスター・コレクションを揃えることによって年間の配信計画も立てやすくなります。
コンテンツの配信をサポートする「バレンタイン・コレクション」をご活用下さい。


24件の商品が見つかりました


シーズン・コレクション一覧に戻る

シーズン・コレクションへ移動