デジタルサイネージの業種別ソリューション~デザイン性の高い動画なら~

デジタルサイネージは幅広い用途で活用されています。その導入にあたって「どのように活用すればいいのかわからない」「従来メディアとは何が違うの?」など、様々な疑問がある方もいらっしゃるでしょう。

そこでこちらではデジタルサイネージに関する疑問の解決につながる情報として、従来メディアとの比較や業種・業態別ソリューションをご紹介しますのでぜひご覧ください。ピクトパスカルでは、デジタルサイネージの動画コンテンツ・ソフト制作、おしゃれなテンプレートとデザインを低価格でご提供します。

ピクトパスカルのデジタルサイネージのコンテンツ納品実績は100社以上

デジタルサイネージの実績

デジタルサイネージに活用する動画や静止画をお探しなら、ピクトパスカルをご活用ください。クリエイターがデザインしたおしゃれでクールなテンプレートを自由にカスタム&アレンジしていただくことが可能です。

ピクトパスカルは小規模店や店舗内での使用・宣伝などに多くご利用いただいていて、これまで100社以上のデジタルサイネージ導入・運用をサポートしてきた実績があります。発注があれば大規模での対応も可能です。

デジタルサイネージのコンテンツに関するご質問は随時承っていますので、ぜひお問い合わせください。

従来メディアとの比較

情報の伝達ができるデジタルサイネージ

デジタルサイネージは、従来メディアであるポスターなどの紙媒体と比較して様々な違いがあります。

情報発信

決められたスペースに紙媒体を掲示する場合は情報量も限られますが、デジタルサイネージは複数の画像を切り替えて表示したり、動画を再生したりすることができます。

そのため、より多くの情報を発信することができるのです。また、設置場所や時間に応じて個別にコンテンツを変化させることもできます。

動画や静止画のデザインデータを用意すればすぐに掲出できるので、スピーディーな情報発信が可能なのもデジタルサイネージの特徴です。

注目度

従来の掲出方法では主にポスターなど静止画がメインでした。一方デジタルサイネージは、動画でも情報を伝えられます。人は動きがあるものに注目する傾向があるため、目を向けてもらいやすくなるのです。

管理方法

複数の場所に掲出する場合、従来の方法だとそれぞれの場所で個別に管理が必要でした。デジタルサイネージの場合は、ネットワークを介することで、掲出内容の一元管理・一括配信を行うことができます。そのため、差し替えに必要な手間と人件費の削減につながるのです。

業種・業態別ソリューション

様々な業種にデジタルサイネージ

美容・ファッション

デジタルサイネージは、サロンやブランドのコンセプトを訴求するのに適したツールです。店舗入り口やショーウィンドウなど、客導線から一番目立つところにデジタルサイネージを設置することで、集客はもちろんターゲット層への訴求やブランドコンセプトの浸透も期待できます。

飲食店

デジタルサイネージを活用することで、ランチ・ディナーメニューなど時期・時間に合わせた情報を掲出することができます。また、視認性の高い映像表現を用いて商品の魅力を最大限にPRすることも可能です。

商業施設

買い回り行動の促進や店舗回遊率を高めるためにデジタルサイネージが役立ちます。例えば主導線上に、各テナント情報や各種キャンペーン情報などを表示するのも効果的です。また、タッチパネルを活用して施設内のフロアマップや各種サービスの案内表示などが行えます。

ショールーム

インパクトの強いコンテンツを作成して表示することで、店内装飾としての演出ができます。その他、ガラス面に特殊フィルムを設置しプロジェクターを使って前⾯道路に向けてコンテンツを投影することで、店舗の前を通る人々に対して訴求できます。

宿泊施設

デジタルサイネージは入り口で館内のフロア案内やイベント情報を発信するだけでなく、タッチ式ディスプレイによる多言語表示も可能です。宿泊施設では外国人観光客の利用も増加しているため、多言語表示による館内マナーや設備案内を行うことで、スタッフの負担軽減にもつながります。

会社

社員の目に入る場所、通る場所にデジタルサイネージを設置することで、自然と情報認知ができるツールとしてお役立ていただけます。共有情報や周知事項だけでなく、各種業務チェックに活⽤することで、業務ミス防止にもつながります。

デジタルサイネージのコンテンツ作成はピクトパスカル~デザイン性の高い動画・静止画を提供~

ピクトパスカルはデジタルサイネージのご利用を提供しています

ピクトパスカルでは、デジタルサイネージ向けのおしゃれなテンプレートとデザインを低価格でご提供しています。

デジタルサイネージのコンテンツは、集客や広告、ニュース、商品情報の表示・配信ツールとしての活用だけではありません。アーティスト・コンテンツ、リラクゼーション・コンテンツを提供し、くつろげる空間を動画や映像で演出することで、トータル的なブランディングを可能にします。

ピクトパスカルでは、デジタルサイネージの機能をフルに使用した空間演出のご提案も行っていますので、お気軽にご相談ください。