デジタルサイネージの訴求効果とは? 豊富な導入事例があるピクトパスカル

訴求とは広告や宣伝を見た方の意欲に働きかける力を指します。訴求力が高いということは、購入したい、気になるという気持ちを強く持ってもらうものであり、広告・マーケティングの分野において最も求められるものです。では、デジタルサイネージの訴求効果とはどのようなものなのでしょうか?

こちらでは、デジタルサイネージの訴求効果に加えて導入をお考えの方に役立つデジタルサイネージの選び方をご紹介します。導入事例多数のピクトパスカルでは、デジタルサイネージのコンテンツに関する様々なご要望に柔軟に対応いたします。

デジタルサイネージの訴求効果とは?

訴求効果について説明する女性

デジタルサイネージとは電子看板のことを指します。表示画面を自由に切り替えることができるため、目的や店舗のイメージに合った動画・静止画を使用し、見る方に強いインパクトを与えることができます。人々の自宅外での行動は1日の中での時間だけでなく、曜日など様々な要因によって変化します。

デジタルサイネージを上手く活用して時間や場所に適した広告表示を行うことによって、その訴求効果を最大限に活かすことができるのです。時間や場所によってターゲットは変わるため、情報やコンテンツの内容はもちろん、動画・静止画、音の有無、コンテンツの長さ、ディスプレイの大きさなど、様々な選択肢からその場に最もふさわしい組み合わせを考えることが大切になります。まさにそれを可能にするのが、デジタルサイネージの大きな特徴です。

また、デジタルサイネージを絡めたクロスメディア展開で、訴求効果をより高めることも可能です。クロスメディア展開とは、様々な媒体に合った宣伝を展開し広げていくことを指します。デジタルサイネージを組み合わせたクロスメディア展開事例も増えていて、今後は定番のツールとして定着していくと予想されます。

さらに、デジタルサイネージは広告としての活用だけではありません。イメージの向上につながる空間演出(アート)にも活用することができるのです。例えば、テーマパークでは、コンセプトや空間イメージと調和した映像演出を活用することで、話題性や違った楽しみ方の訴求につながります。

その他、小児科の場合はお子様が楽しめるコンテンツを取り入れることで、待ち時間を楽しく過ごしてもらい結果として満足度が高まるといった効果も期待できます。

また、動画にメッセージを入れることでコミュニケーションツールとしてもご活用いただけます。このように、広告宣伝以外にも目に見えない付加価値を与えることで訴求効果をより高められるのです。

サイネージの選び方

デジタルサイネージを紹介する人

導入目的に合わせて選ぶ

デジタルサイネージは様々な活用方法があります。どのような目的で導入するかによって適したものが異なります。例えば、大型商業施設や公共交通機関など、人の多い場所での広告として使用したいのであれば大型自立移動式や壁寄せ型、誘導を目的としているのであれば広告表示だけでなく画面操作で案内も兼ねるタッチパネルタイプが適しています。

設置場所で選ぶ

使用する場所によってデジタルサイネージの仕様などに違いが出てきます。設置場所は主に屋内使用と屋外使用に分けられます。

屋内使用の場合は、ディスプレイの輝度が700カンデラ以上あれば十分見やすさを確保できます。一方屋外使用の場合は、紫外線や雨、風、土ぼこりの影響を受けますので、防水機能や防塵機能が必要です。さらに明るい日中でも見やすさを確保するために、1200カンデラ以上の輝度が求められます。

導入台数・更新頻度によって選ぶ

デジタルサイネージには様々な管理システムがあります。導入台数や更新頻度によって適した管理システムを選択しましょう。一台のみの場合や頻繁に更新をしない場合であれば、USBメモリやSDカードなどを利用してデータの変更を行うスタンドアロン型でも十分です。

デジタルサイネージの訴求効果を最大限に活かすためには、適した設備を選ぶだけでなく質の高いコンテンツを配信することも重要です。ピクトパスカルは、豊富な導入事例をもとに、目的やご要望に合ったコンテンツをご提案いたします。

デジタルサイネージのコンテンツは様々な事例に対応してきたピクトパスカルへ

5人の男女

デジタルサイネージのコンテンツをお探しなら、おしゃれなテンプレートとデザインを低価格でご提供するピクトパスカルをご利用ください。経験豊かなクリエイターとデザイナーがあらゆるニーズを考えデザインしたテンプレートは、高額のオリジナルコンテンツと引けを取らない作品ばかりです。

ヘアサロン、交通機関、ブランドショップ、アミューズメントなど導入事例も多数あり、それぞれの目的に合ったコンテンツをご提案いたしますので、まずはお気軽にお問い合わせください。