デジタルサイネージの広告効果を高めるターゲット設定とコンテンツ作成 店舗導入事例

デジタルサイネージの有効活用法を模索している方は多いと思います。デジタルサイネージならではの広告効果を高めるには、まずターゲット設定が重要です。その理由について見ていきましょう。

また、紙広告とは異なる演出方法にお悩みでしたら、様々な店舗や施設に導入されている事例も参考にしてみてください。ピクトパスカルの導入事例もチェックしていただけると幸いです。

デジタルサイネージ導入におけるターゲット設定

多くのヒントを得ているビジネスマン

デジタルサイネージは、特定のターゲットに向けてピンポイントに広告表示ができるため、集客率を上げる手段として活用されています。

しかし、ターゲットがぼやけてしまうと、目を引くことはできても十分な宣伝効果は期待できません。例えばサラリーマンの多い駅で、女性向けのエステ広告を表示しているようなものです。

広告費をかけてデジタルサイネージを導入するからには、皆様何かしらの目的をお持ちかと思います。「店舗に足を運んでほしい」「存在を知ってもらいたい」「イメージアップにつなげたい」などです。

こうした目的を達成するために、デジタルサイネージを見てもらいたいターゲットを最初に設定しましょう。

また、例えばターゲットを「女性」だけに絞るのではなく、どのくらいの年齢なのか、独身か既婚か、子供の有無はどうか、趣味や仕事は何か…といった詳細まで決めておくと、デジタルサイネージのコンテンツ内容や設置場所もおのずと定まってくるはずです。

店舗や街中に見られるデジタルサイネージの導入事例

多くの導入事例があるデジタルサイネージ

デジタルサイネージは、街中のあらゆる場所に導入されています。JR渋谷駅ハチ公前にある大型ビジョンはその典型例で、流れているコンテンツは商品紹介やイベントの告知、天気予報やニュースなど様々です。

街中に溢れるデジタルサイネージ

  • 駅構内
  • お店の看板
  • 店舗入り口
  • バス、電車内
  • ビル外装
  • 待合室
  • その他、公共施設や商業施設など

ピクトパスカルのデジタルサイネージ導入事例

  • イベント会場
  • 水族館
  • オフィス
  • 大学
  • メーカー
  • アミューズメントパーク
  • モデルハウス
  • その他、各種店舗など

デジタルサイネージは、プリンターやスマホといった様々な要素を組み合わせることで、より拡張性のある来店誘導や情報発信ができるようになります。店舗のブランディングにも多用されるなど、アイデア次第で無限の可能性を秘めていることがわかります。

デジタルサイネージの広告効果を上げるコンテンツ作成なら

ピクトパスカルのデジタルサイネージをおすすめしている人々

デジタルサイネージ導入におけるターゲット設定の重要性や、様々な導入事例をご紹介いたしました。

デジタルサイネージは情報提供ツールとして、商品広告やエンターテイメントの場で広く使われています。街中にある大型ビジョンから、スーパーのレジ横にある小さなディスプレイまで、実は毎日あらゆる場所で目にしている広告媒体なのです。

その広告効果を高める鍵が、ターゲットに沿ったコンテンツ作成になります。ピクトパスカルでは、クオリティーが高いデザインのコンテンツ作成・ソフト制作により、デジタルサイネージの導入や運用をサポートいたします。お客様の立場になって考えたコンテンツを多数ご用意していますので、ぜひご覧ください。