デジタルサイネージのソフト制作が低価格~開発背景・導入方法比較・無料ソフト紹介~

「デジタルサイネージを導入したいが年間契約費用が高い」「機器は購入・リース・レンタルどちらが良いのか迷っている」「無料ソフトでコンテンツを自作して費用を抑えたい」このようなお悩み・ご要望はありませんか?

ピクトパスカルのサービスは同業他社とは異なり、徹底したクオリティーで負担の少ない低価格コンテンツを実現しています。当社のサービス開発背景・導入方法(購入・リース・レンタル)の比較・無料で使えるコンテンツ作成ソフトをご紹介いたします。

高いクオリティーと低価格を両立!ピクトパスカルのサービス開発背景

ピクトパスカルのサービス開発風景

デジタルサイネージを提供する事業者は年々増えていて、多くの事業者はサイネージ機器販売のみ、または機器とコンテンツの提供を行っています。

しかし、年間レンタル契約の配信システムや無料のテンプレートは、コンテンツのクオリティーに限界があります。プロのデザイナーや広告制作会社にデザインを依頼すると、相応の費用がかかるものです。

「安くて質の高いコンテンツはないのか」「年間20,000~30,000円程度で安く導入したい」というお客様の声にお応えして、ピクトパスカルはデジタルサイネージ事業を立ち上げました。

コンテンツは徹底したクオリティーと低価格を実現。年間契約なし・必要なときのみ利用できる効率の良いサービスで、小規模店舗様・企業様へのデジタルサイネージの普及を目指します。

デジタルサイネージは購入・リース・レンタルどちらが良い?

デジタルサイネージは購入・リース・レンタル?

ディスプレイの低価格化に伴って、リースやレンタルを行うサービスも増えてきています。以下に購入・リース・レンタルの違いをまとめました。

長期的な利用なら購入

デジタルサイネージを常設する場合は、購入がおすすめです。デジタルサイネージは設置工事が必要となるため、長期的に考えるとリース・レンタルの方が割高です。ただし機器一式を購入する場合、イニシャルコスト(初期費用)は相応の金額になります。

一時的な利用やお試しならリース・レンタル

リースとは、利用者が選んだ商品をリース会社が代理購入し、貸し出すシステム。一方レンタルは、レンタル会社の在庫から商品を選んで借りるシステムです。どちらも月額でCMS利用料やレンタル料、サービス費用などを支払う必要がありますが、イニシャルコストを削減できるのが大きなメリット。イベントや展示会で数日だけ利用したい場合や、本格導入前のお試しとして利用する場合はリース・レンタルがおすすめです。

ピクトパスカルでは、お客様に適した設備調達方法をアドバイスしますので、ぜひお気軽にご相談ください。

無料で使える!コンテンツ作成ソフト3選

使える無料ソフトは?

デジタルサイネージのコンテンツを自分で作成したいとお考えの方向けに、無料で使用できるコンテンツ作成ソフトをご紹介します。

無料動画編集ソフトMACのiMovie Apple iMovie公式サイト

MACのパソコンをお持ちの方なら、無料で動画コンテンツの作成・編集ができます。

無料画像作成サービスCanva(キャンバ) Canva公式サイト

Windows・MACのパソコンをお持ちの方なら、無料で画像制作ができます。iPhone・Androidアプリでも使用可能です。

無料画像編集・加工ソフトGIMP GIMP公式サイト(英語)

オープンソースで開発されている画像処理ソフト。高価なグラフィックソフトにも劣らない多機能性が人気です。

デジタルサイネージのコンテンツ・ソフト制作はピクトパスカルへ

ピクトパスカルでデジタルサイネージ制作を!

ピクトパスカルは、プロが制作するデジタルサイネージ専用動画コンテンツのソフト制作・ダウンロードサイトです。アーティストやクリエイター、デザイナーが手掛けたコンテンツ、おしゃれでクールなテンプレートを自由にアレンジしてご利用いただけます。

工夫すれば年間契約費・リース費無料で、デジタルサイネージの運用を始めることも可能です。負担の少ない低価格コンテンツで、インパクト抜群の広告を導入しませんか?興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。