デジタルサイネージは価格を抑えて制作 動画広告として設置する際のポイント

「他社と差別化を図れる動画広告を制作したい」「低価格でデジタルサイネージの導入をサポートしてほしい」などとお考えの方は、ぜひピクトパスカルへご依頼ください。徹底したクオリティーのコンテンツを低価格でご提供いたします。

また、映像効果だけでなく、空間立体音響システムを導入するなど、デジタルサイネージの機能をフル活用した演出を提案できる点が強みです。こちらでは、導入前に確認していただきたいことをご紹介いたします。デジタルサイネージの導入を検討している方は、ぜひご覧ください。

デジタルサイネージ導入前のチェックポイント

三つの円グラフを指さす人々

課題の分析&効果目標の設定

デジタルサイネージを有効活用するために、まずは自社の課題分析から始めましょう。対象エリアにどのような住民がいて、どの層のターゲットを取り込めているのかを分析します。

次に効果目標の設定です。新規の顧客を獲得するのか、既存客の単価を上げるのかなど、目標を明確にしましょう。誰をターゲットにするか、どう行動喚起するといいのかが決まると、それを達成するためにデジタルサイネージをどう活用するかが定まります。

サービスや商品に合わせた活用方法の設定

デジタルサイネージは単に設置するのではなく、動画広告ならではの良さを存分に活かせる場所を選びましょう。

例えば、駅中や繁華街といった立地に店舗がある場合、入り口横にスタンド型ディスプレイを設置してメニューを紹介するなど、来店を促す活用方法があります。

百貨店や商業施設内といった、目的を持って来店したターゲットに立ち寄ってもらいたい場合は、ナビゲーション効果が期待できるフロアの案内板付近、エレベーター付近、休憩スペースなどに設置して存在をアピールします。

他にも、商品の入れ替えが多かったり数種類扱っている場合は、MDコーナーでおすすめを紹介したり、イベント情報や各種サービスの案内にレジ横のコーナーを利用するなどがあります。

コンテンツの施策設計

デジタルサイネージの活用方法が決まりましたら、次はコンテンツです。設定したターゲットに気付きを与え、行動喚起してもらうにはどうすればいいのかを洗い出しましょう。

例えば、価格を訴求したい場合は「格安!」「大特価!」「10%引き!」などのキーワードをメインとした動画コンテンツが有効です。対象商品の機能を訴求したい場合は、実際に使用している動画を流したり、ビフォーアフターを紹介する内容も良いでしょう。

このように、ターゲットに訴求したい内容に沿って動画コンテンツを制作し、しっかり理解してもらえる時間で表示できるよう細かく設計していきます。

動画広告の役割を持つデジタルサイネージの設置場所を決めるポイント

公園に設置されているデジタルサイネージ

周囲にマッチする場所

人それぞれの感覚になる部分も否めませんが、ピクトパスカルではデジタルサイネージをどこに設置するかを一番に考えるべきだと感じています。

闇雲に目立つ場所へデジタルサイネージを設置しても、自己発信するモラルへの配慮が欠け、エンドユーザーが不快に感じてしまうこともあるからです。そのため、周りの環境・空間にデジタルサイネージがどのように同化するかを意識する必要があります。色使いや音量など、悪目立ちしないように設定していきましょう。

ネットワークに接続可能な場所

ネットワーク型のデジタルサイネージを設置する場合、ネットワークに接続可能で、かつ電源が取得できる環境という点にも注目しましょう。もちろん、デジタルサイネージを設置したい場所がこの条件を満たしていなくても、LANケーブルや延長電源コードの利用で解決することができます。ただ、利便性から見ると、ネットワークの環境と電源の有無は重要なポイントになるといえそうです。

デジタルサイネージを低価格で制作!ピクトパスカルが対応するデータ形式

色んな種類があるデータ形式

動画広告としてデジタルサイネージを役立てたいと思いましたら、コンテンツ・ソフト制作はピクトパスカルをご利用ください。

ピクトパスカルは、アーティストやデザイナーが制作する、動画コンテンツのソフト制作&ダウンロードサイトです。デジタルサイネージで主に使用するデータ形式は「MP4」「WMV」「MOV」「H.264」、他にもご相談いただければ確認いたします。

おしゃれなテンプレートとデザインを低価格でお届けしますので、皆様の販促活動にお役立ていただければ幸いです。フルオーダーの制作依頼や価格の見積もりは、お気軽にお問い合わせください。