デジタルサイネージとは

デジタルサイネージとは

デジタルサイネージの概要

「デジタルサイネージ」とは、商業施設・公共施設・交通機関・店舗などで、看板やポスター、のぼりに代わり、
デスプレイやプロジェクターなど使用し、映像や情報を表示・発信させる次世代の情報媒体システムを指します。
「SIGNAGE」の語源は「看板」を意味するので「DIGITAL SIGNAGE」は直訳すると「電子看板」になります。
デジタルサイネージは低価格なディスプレイやモニターの設置だけで簡単に導入することができ、
広告、ニュース動画、サービス情報を動画コンテンツや画像として表示・配信することが可能なシステムです。
販促プロモーションや集客はもちろん、災害、緊急時の避難速報など様々なニーズで効果を発揮します。
最もイメージしやすい代表的な事例は、ビルの壁面に設置された大型ビジョンや、電車内のドア上に設置された、
案内やニュース映像が流れるディスプレイ、CMが放映されているディスプレイなどです。


他にも、商業施設などの売り場やエレベーターホール、駅構内のディスプレイなど、メディアとして多くのメリットを
持つことに加え、ディスプレイや、インターネットといったデジタルサイネージに関連する技術が急激に進歩し、
ここ数年で急速に増加しています。「デジタルサイネージ」の概念はひろく、設置場所、ディスプレイの大小、
用途を問わず、何らかの情報を発信しているディスプレイは「デジタルサイネージ」と捉えてよいでしょう。
また、プロジェクターで投影された映像もデジタルサイネージにという概念に含まれています。


デジタルサイネージ登場以前の広告媒体

デジタルサイネージ「虎の巻」

ここでは、そのデジタルサイネージとは、いったいどんなシステムやハードを使用して情報を発信しているのか?
デジタルサイネージの歴史や展望、コンテンツ制作のポイント、導入から運用まで、ディスプレイの種類、
コンテンツのフォーマット、音楽や音声、これからのデジタルサイネージなどを纏めてみました。

デジタルサイネージを運用するにあたって

デジタルサイネージは様々なデジタル技術を使用していますが、決して難しいものではありません。
そして、その技術は刻々と進化し、1年前の技術が古く感じるほどその進歩はスピードを増しています。
最低限の知識はあった方がスムーズな運用になると思いますが、最初は知識が無くても問題無いでしょう。
多くの知識よりも、観ていただく人々に「何を発信したいか」が大切だと思います。
デジタルサイネージで発信する歓びを共有できれば、これほどの歓びはありません。