デジタルサイネージ運用のアイデア【社会の窓】

デジタルサイネージはアイデア次第で様々なコンテンツ制作が可能です。
お客さまの運用のため、このページではピクト博士のワンポイントアドバイスをまとめました。
コンテンツ制作のチョットしたアイデアで集客はアップし、お客さまにも好評を得るはずです。
アドバイスを参考にしながら、みなさまもデジタルサイネージの運用を考えみて下さい。

ピクト博士からのごあいさつ

わしが、デジタルサイネージの研究をはじめてから、もう50年になるかのう。
日本だけではなく、世界中で普及し続けるデデジタルサイネージだが、
デジタルサイネージの可能性を、生かすも殺すも「人」と、わしは思う。
ここでは、わしが考えるデジタルサイネージの運用のアイデアを紹介しよう。
始める前にひとつだけ、このページのタイトルがなぜ「社会の窓」かって?
そんな事は自分で調べてくれ!わしもみんなも「生涯学習」じゃ。

ピクト博士のアイデア

まず初めのアイデアは、小規模店補のデジタルサイネージ・コンテンツの運用じゃ。
せっかく導入したデデジタルサイネージじゃ、低コストで最大限の効果を出して
お店のイメージアップや、集客の増加、経営利益に繋げてほしいものじゃ。

屋外デジタルサイネージのアイデア

屋外に設置されたデジタルサイネージは一般の通行人の目に最も触れるのじゃが、
歩いている人に伝わる情報の時間はたったの7秒じゃ。この7秒でインパクトを出したい。
動きや、デザインはもちろんじゃが、お店を知ってもらうきっかけとして
何の情報を配信するかを考える事が大切じゃ。これはヘアサロンのサンプルじゃが、
メニューや流行のスタイルはよくあるコンテンツじゃが、スタッフ紹介やデザイナーの作品を映すのも
初めて利用する人にとってはお店の雰囲気が伝わり安心と親しみが湧き効果的じゃ。
また、祭事や季節のセールなどもサービスをアピールできるので是非利用したいコンテンツじゃ。

一瞬のインパクトで最大の集客効果を狙え
「一瞬のインパクトで最大の集客効果を狙え」
使用コンテンツ:メニュー、スタッフ紹介、流行のスタイル、デザイナー作品、祭事のセール

バックグラウンドのアイデア

デジタルサイネージも更新回数が多いと、毎回良いデザインを考えるのも大変なものじゃ。
最も簡単で効果的な更新方法のひとつがバックグラウンドデザインの変更じゃ。
写真やテキスト情報が同じでも、バックグラウンドの変更だけで見た目は激変じゃ。
商品や季節、お店のブランドカラーなど、簡単なイメージチェンジで注目度はアップするぞ。
特に頻繁に見る機会のある人にとっては広告としての相乗効果は上がるはずじゃ。

バックグラウンドを変更するだけでイメージ・チェンジ
「バックグラウンドを変更するだけでイメージ・チェンジ」
使用コンテンツ:商品に合わせる、内・外装に合わせる、HPに合わせる、季節に合わせる、祭事に合わせる

屋内デジタルサイネージのアイデア

屋内のコンテンツは設置場所によって目的を明確にすることがポイントじゃ。
エステサロンの場合には大きく、エントランス、ウエイティング、エステルームの3つに分かれる。
それぞれの場所に滞在している時間も違うので、広告やメニューなどのサービス情報だけではなく、
美しい自然の風景や女性に好まれるゆっくりと動くアート作品などの映像で、
リラックスしてサービスを楽しんでもらえるコンテンツを流すなどの工夫が必要じゃ。

設置場所によってコンテンツの内容を変えるのがポイント
「設置場所によってコンテンツの内容を変えるのがポイント」
使用コンテンツ:メニュー、オススメコース、セール商品、ディレクターズコンテンツ、スライドコンテンツ

屋内デジタルサイネージの時間配分

屋内に設置されたデジタルサイネージのコンテンツの時間を一緒に考えてみよう。
レストランやカフェなど1カ所に長い時間いる場合は、お客さまへの配慮が必要じゃろう。
お店のおすすめメニューや広告ばかりが次々と映ったらせっかくの食事も台無しになるので、
店内の雰囲気に合ったゆったりとした映像の間に、さりげなく広告を挟むのがポイントじゃ。
この時に大切なのが広告のデザインをお店の内装に合わせることだ。広告もインテリアの一部なのじゃ。

屋内のデジタルサイネージは20分〜30分サイクルが最適
「屋内のデジタルサイネージは20分〜30分サイクルが最適」
使用コンテンツ:アーティストコンテンツ、ポスターコンテンツ、ディレクターズコンテンツ、スイーツセット、スライドコンテンツ

時間軸に合わせたコンテンツのアイデア

デジタルサイネージの魅力は、様々なコンテンツをプログラミングして配信できる機能じゃ。
時間ごとに変えたり、曜日や週ごとに変えたりと色々な設定が可能なのじゃ。
多少ハードルが高いが覚えてしまえば訳ない作業じゃ。トライしてみる価値はあるぞ。
このプログラミングを制した者が、デジタルサイネージを制するのじゃ。

一日の時間の流れに合わせたコンテンツも大切
「一日の時間の流れに合わせたコンテンツも大切」
使用コンテンツ:モーニング、ランチ、コーヒーブレイク、ディナー、ナイトタイム

シーズン展開のアイデア Vol.1

お店のカテゴリーによっても違うが、セール時期の集客対策は大切な戦略じゃ。
これは季節毎のセールス・バーゲン時におすすめのコンテンツ・デザインじゃ。
低価格な静止画ポスターコンテンツじゃが、決して侮ることなかれ!
一枚の静止画コンテンツでも集客数は、大幅にアップする可能性が広がるじゃろう。
これを一年間通して地道に更新していったら、数年で他店との差は大きく開くことだろう。

セール時期はインパクトのあるコンテンツで集客アップを
「セール時期はインパクトのあるコンテンツで集客アップを」
使用コンテンツ:ニューイヤー、ヴァレンタイン、・春(スプリング)、母の日父の日、夏(サマー)

シーズン展開のアイデア Vol.2

この星で暮らしている女子は、とにかくセール・バーゲンが大好きらしい。
お店としては、彼女達のハートを捕えられるかが勝敗の分かれ目じゃ。
普通の「SALE広告」じゃ、女子達は見向きもしないない時もあるじゃろう。
そこで発揮するのが%OFFのコンテンツじゃ。これで女子のハートを掴んでくれ。

セール時期のコンテンツは%OFF表示が効果的
「セール時期のコンテンツは%OFF表示が効果的」
使用コンテンツ:秋(オータム)、ハロウィン、ブラックフライデー、冬(ウインター)、クリスマス

デジタルサイネージは低コストでいこう

デジタルサイネージのディスプレイを購入した多くの小規模店舗から
安くて良いコンテンツがないので、小規模店舗では運用が難しいと聞く。
だからこそ低価格でデザイン性の高いピクトパスカルのコンテンツを進めるのじゃ。
オリジナルで制作したら数十万かかるハイクオリティーなコンテンツが、この価格じゃ。
低価格なディスプレイも市場に出てきているこの時が、デジタルサイネージ導入のチャンスじゃ。

デジタルサイネージのコンテンツは低コストでいこう
「デジタルサイネージのコンテンツは低コストでいこう」
使用コンテンツ:ディレクターズ、ポスター、スライド、スイーツセット、ポスター

ユーザーカテゴリー別のアイデア

デジタルサイネージはサービスの内容によりコンテンツの作り方も異なります。
ピクトパスカルで様々なカテゴリーのニューズに対応できる幅広いコンテンツを考え
みなさまの目的にあった効果的なデジタルサイネージ運用と配信のアイデアを紹介します。
違うカテゴリーも参考にしながら、みなさんも素敵なアイデアを考えてみてください。

デジタルサイネージ運用のアイデア コンテンツ絵巻

デジタルサイネージ運用のアイデアはユーザーカテゴリー別に展開していますが、
別カテゴリーのアイデアを一覧でご覧になりたい方は「コンテンツ絵巻」をご覧下さい。
8カテゴリー51ショップ、315のアイデアが一挙にご覧頂けます。

デジタルサイネージとは、お店が社会にむけて開いた「社会の窓」と言えないか。
また、見る人も、そのコンテンツから流行や情報を取り入れる「社会の窓」。
大切なことは、自分たちの価値観だけで情報を配信してしまわない事じゃろうか。
見る人への「心配り」と「おもてなし」がサイネージの価値を高めていくと思う。
みなさんも、見る人が喜んでくれる素敵なコンテンツ運営を一緒に考えていこう。

ピクトパスカルのコンテンツの購入方法やカスタム方法は「HOW TO」をご参照ください。

また「レビュー」もデジタルサイネージの運用のアイデアになりますのでご覧ください。

今後は導入事例なども交え、デジタルサイネージの運用アイデアを掲載していきます。
お客さまの目線に立ったコンテンツ・ソフト制作「ピクトパスカル」をフル活用ください