ヘアサロンでのデジタルサイネージ運用のアイデア

ヘアサロンのアイデア

ヘアサロンの数は過去最高を更新し24万店を超え、コンビニの5万店に対して5倍の数に達しました。
これだけ競争率の激しいサービス業はありません。ヘアサロンへのデジタルサイネージの導入は
客数減少を解決しリピート率を上げていくツールとして大きな効果が期待されています。
女性がおしゃれで一番気を遣うポイントがヘアスタイルとファッションといわれています。
女性の集客とリピートをアップさせる、おしゃれで気配りのあるコンテンツのアイデアが必要です。

今日ではヘアサロンでヘアスタイルを整える方は女性のみならずメンズも例外ではないため、
デジタルサイネージでヘアサロンの情報を提供する際は男性も利用しやすいお店であるという情報を
配信しながら、男性がオーダーしたいと感じるトレンドのヘアスタイルのモデルを映し出しましょう。
待ち時間には、人気のあるヘアスタイルや、おすすめのシャンプーやトリートメントの広告コンテンツ、
トップスタイリストやスタッフの紹介、ヘアーショーやアート作品などのイメージ映像を効果的に配信し、
ヘアサロンのイメージとブランディングをアップしてリピーターへと繋がるアイデアを考えましょう。

ヘアサロン デジタルサイネージ運用のアイデア

ヘアサロンのサービスと魅力を配信するコンテンツ制作のアイデア

ヘアサロンでデジタルサイネージを運用していく場合にまず考えたいポイントは
デジタルサイネージのディスプレイをどこに設置して情報を配信するかということです。
大きく分ければ屋外と屋内です。屋内でも受付カウンターなのかウエイティングルームなのか。
また、滞在時間の長い個々のセットチェアーに小さなディスプレイという方法もあります。
当然ディスプレイを設置する場所によってコンテンツの内容やデザインは変わってきます。
決まりはありませんが、屋外では集客と宣伝効果のあるインパクトのある広告コンテンツがおすすめで、
屋内では商品情報や、お得な情報、リラックスできるアート作品が効果的です。

ヘアサロンのコンテンツはおしゃれに決めよう
「ヘアサロンのコンテンツはおしゃれに決めよう」
使用コンテンツ:メンズヘア,ヘアカタログ,おすすめ広告,スタイリスト紹介,ヘアーショー

ウェルカムボードで集客につながるきっかけを

お店の看板の役割を果たすウェルカムボード。通常は大判ポスターやライトが仕込まれている行灯パレルなどが使用されています。しかし数年に一度しか更新しない店舗も意外に多く、いつも見慣れたウェルカムボードでは新鮮なイメージを与えることは難しいでしょう。デジタルサイネージを使用したウェルカムボードであれば、動画の配信はもちろん、静止画のスライドショーでも注目を集める効果が断然アップします。サロンのヘアデザイナーが作ったおすすめのヘアデザインや、流行しているヘアスタイルなどをもちいてコンテンツを制作しても良いですし、ヘアそのものをデザインしてイメージ的におしゃれ感をアピールする事も効果的です。屋外に設置できるデジタルサイネージは雨天対策仕様や高輝度モニターの為、高額なディスプレイが多いので、まずは低価格なディスプレイを店内の窓に設置して、屋外へ向けて配信することも低コストで導入できるポイントです。街を歩けば多くのヘアサロンの前を通りますのでウェルカムボードのアイデアひとつで集客につながるきっかけを作りましょう。

女性が気になる人気のヘアスタイルをアピール

女性のヘアスタイルは髪の長さから大きくベリーショート、ショート、セミショート、ミディアム、セミロング、ロング、スーパーロングの7つに分かれます。それにボブやレイヤー、ナチュラルなどのカット方が加わるのでヘアスタイルとしては数百ものパターンが考えられますし、ヘアカラーの人気も高まっています。その中でもドレンドのヘアスタイルに敏感なのが女性達です。そこで、長さに合わせた7つの人気スタイルをアピールすることでターゲット層も広がります。ヘアサロンでデジタルサイネージを運用する場合は人気でおしゃれなヘアカタログを基本として、他のコンテンツを配信することが一番のポイントとなります。店頭での屋外ディスプレイと同じデザインのヘアカタログを小さなタブレットでお一人お一人に展開すれば、お客さまのへヘアサロンに対するサービスのイメージは崩れないものとなることでしょう。

メニューボードもおしゃれに決めよう

カット、パーマ、トリートメント、シャンプー、ヘアカラーなどの価格が表記されているメニューボード。最近のヘアサロンではサービスの内容が多く、全てのサービスと金額をメニューボードに記載するのは難しくなっています。そこで利用したいのがデジタルサイネージを導入してのメニューボードです。サービス毎に詳細なメニューを表記できますし、修正や更新も簡単できます。タブレット式のディスプレイにすればヘアカタログとの連動も可能になります。デザインも女性が好むテイストで制作すれば、メニューボードだけでもお店のイメージアップにつながって行きますのでリピーターの確保には細かなサービスも必要となってくるでしょう。

男性客をターゲットにした年代別メンズヘア

最近では若い人はもとより熟年になった男性でもヘアスタイルに気を遣う人は増えてきています。当然そういう男性は理髪店よりもヘアサロンや美容院を利用しています。ビジネスマンのヘアスタイルもパーマやツーブロックなどが社会的にも認められヘアサロンとしては男性客をターゲットにしたアプローチも欠かせなくなりました。もとろん男性にも流行はありますが女性に比べてヘアスタイルには限りがあります。男性の場合は流行よりも自分の年齢に合ったヘアスタイルを求める傾向が多いので、20代、30代、40代、50代と年代別のおすすめヘアカタログをデジタルサイネージで配信するのもひとつのアイデアです。ヘアサロンは女性の利用客が大半ですが、男性客へのサービス内の手厚さを女性客もチャックしているはずです。

おすすめするヘアケア商品の広告コンテンツ

女性がヘアサロンに求めていることはヘアデザインだけではありません。「髪は女の命」といわれるように女性のほとんどが「髪」へのこだわりを持っています。当然、健康で美しい髪を持続するためのヘアケアも大切なアイテムです。毎日のケアに使用するシャンプーやトリートメント、コンディショナーはもちろん、スタイリングにも使えるヘアミルクやオイル、ミストなどもヘアケア含まれます。ヘアサロンではメーカーとの提携で使用しているヘアケア製品を販売する事も多くありますので、デジタルサイネージでおすすめ製品の効果や、原料の安全性などをうたった商品広告のコンテンツ制作も大切なアイデアです。商品を気にいって頂ければリーピーターにもつながります。単純にメーカーから支給されるデザインのみではなく、ヘアサロンの外観や店内装飾のイメージとリンクしたデザインにすることで、商品のブランディングとサロンのブランディングをあげる相乗効果が生まれるのです。

当サロンの人気スタイリストをご紹介

ヘアサロンではお客とスタイリストの1対1の関係が大切です。カットやパーマの技術ももちろんですが、会話を楽しめたり、流行の情報を入手できたりするスタイリストが指名を受けることも多いはずです。競争の激しい美容業界で新規のお客を確保することもサロン経営には欠かせない戦略です。今はホットペッパー・ビューティーなどを利用してサロンの予約をする女性が増えてきていますが、デジタルサイネージでも人気スタイリストの動画コンテンツを配信すれば、初めて利用頂く人にとっても安心ですね。カットやスタイリングしているシーンの動画映像なら、さらに良い効果が期待できるのでおすすめです。デジタルサイネージは動画配信を簡単にプログラムできることが最大の魅力ですので、低価格で制作できるスタイルスト動画にも是非挑戦したいものです。

ヘアーショーのムービーでブランドをアピール

人気のヘアサロンでは毎年オリジナルのヘアデザインをお披露目するヘアーショーを開催しているサロンも少なくありません。ヘアサロンはトレンドの最先端を走ってこそ生き残れる過酷な業界です。ヘアーショーではヘアデザインのみではなく当然ファッションも絡んできますのでブランディング効果やイメージアップにもつながります。海外ブランドのデジタルサイネージのように「うちはヘアショーを行っているサロンです」と打ち出すのもインパクトがありますね。また、モデルをサロンのお客さまにお願いすることで、お客さまも良い思い出ができますし、ヘアサロンとの関係性も深くなり定着したお客さまになって頂けるかもしれません。新たにコンテンツを制作しなくても、日常の業務の中にコンテンツ化できる要素がたくさんあるのもヘアサロンの大きな特徴です。是非新たなコンテンツ材料を探してみて下さい。

季節のフェアで集客アップを狙おう

ショップ系の店舗では年間を通して様々なセールを行い顧客獲得への争奪戦を展開しています。ヘアサロンでも成人式や七夕、七五三など、着物の着付けに関わるイベント時期にはヘアセットのサービスをアピールしている店舗も少なくありません。しかし女性はいつでもおしゃれに敏感で、ことあるイベントにはヘアをセットしたいと思っているはずです。たとえばバレンタインやクリスマスなどは代表的なイベントですね。ヘアサロンでも年間を通したイベント時にフェアを開催することで年間を通した顧客をつくれる可能性が’高まります。ヘアサロンはお客差さまに満足感を与えるサービスですので、季節のフェア戦略も大事なサービスと捉えて取り組んでは如何でしょうか。もちろんデジタルサイネージのコンテンツ配信なら広告の告知もスムーズに運用出来るのでおすすめです。

今人気沸騰中のおすすめヘアオイルで注目度アップ

今、美意識の高い女性から絶大な支持を受けているのがヘアオイルです。特に注目を集めているブランドが「カプセルオイルのellips(エリップス)」です。天然素材のヘアオイルやモロッカンオイル配合で、サラッとした使用感が人気の秘密です。また、オイルとしての効果だけではなく、まるでキャンディーのようなカラーとフォルムのデザインなので、デジタルサイネージを使用したオリジナル広告コンテンツを作れば女性に受けることは間違いありません。ヘアサロンでは流行に敏感な女性をターゲットにしているので常にトレンド商品を使用した集客コンテンツを作ることも大切なアイデアです。ヘアサロンのデザインは髪だけではありません。ヘアにまつわる全てのデザインをコンテンツ制作の材料として捉えましょう。

今トレンドのデジタルパーマでアピール

デジタルパーマとは、電気を通す専用ロッドに巻いた髪にパーマ液を付け、熱を加えてカールするパーマで略して「デジパ」と呼ばれています。熱を併用することで、形状記憶力を与え、髪の毛が乾いたときに元の形に戻ろうとする力が強まるため「もち」が良く、形状記憶パーマとも呼ばれています。通常のパーマとの違いうメリットは、1、仕上がりを軽い感じを出せて、スタイリングが楽になる。2、パーマがかかりづらい人でも綺麗にかかる可能性が高い。3、乾かすことによって高い再現性が得られる。4、パーマの持ちがよく、長い期間パーマが持続する。などが掲げられますが、これらのメリットやアフターケアー、カウンセリングのポイントなどをデジタルサイネージでわかりやすく配信できれば、お客さまにも安心して利用頂けます。

最近流行のヘアカラーは「アッシュカラー」

ヘアサロンで染めるヘアカラーは様々な色を配合して作るので、そのサロンにしかない独自のヘアカラーを持っています。最近ではヘアカットを行わずにヘアカラーのみを行う技術者「カラーリスト」がいるサロンも増えてきています。「ベージュカラー」や「グレーカラー」、グレーとベージュを混ぜた「グレージュ」などが女性からの人気を集めていますが、これから流行りそうなのが「アッシュカラー」です。アッシュカラーとは、灰色が混じったようなカラーをで、少しくすんだような色が独特の雰囲気で、とってもおしゃれに決まると人気が高まっています。デジタルサイネージの動画コンテンツなら、この微妙な色合いの違いを鮮明に伝えることができます。髪は光によって色合いも違って見えますので、同じアッシュカラーでも屋外の太陽光、室内光などシチュエーションを変えて撮影したコンテンツでアッシュカラーの魅力を伝えれば新たな集客にもつながることでしょう。

ウエイティングコーナーにはアート作品を

ヘアサロンを訪れる多くの女性客は自分に合った素敵なヘアスタイルを求めてきます。しかし満足感を満たすのはヘアデザインのみではなく、ヘアサロンとう贅沢な空間とサービスへのステイタス感も多く含まれるのではないでしょうか。多くのウエイティングコーナーはヘアカタログや婦人向けの雑誌、ファッション系の雑誌、ビューティーサロン全般の情報誌などが置かれ、それらのアイテムを見て待ち時間を過ごす方が多いはずです。もちろん最近では空いた時間はスマホに集中されるお客さまも多く見かけます。しかしヘアサロン側のサービスに別の付加価値を付けたらどうでしょうか?たとえばデジタルサイネージでアート作品を配信すれば、サロンのお客さまに対するサービスや気配りが感じてもらえるかも知れません。ヘアサロンの内装はおしゃれなデザインが多いですが一歩先を行くおしゃれな空間作りにデジタルサイネージが一役買うことは間違いあれません。

ヘアサロンのアイデア まとめ

ヘアサロンで配信するデジタルサイネージのコンテンツ制作で大切なポイントは
とにかくおしゃれでクオリティーの高いデザインとトレンドなヘア情報です。
特に女性の利用者が大半なので、女性の目線でみた細やかなサービスや
多くの情報が整理されたデジタル・カタログを中心にしたコンテンツを制作しましょう。

ヘアサロンはおしゃれな空間ですのでデジタルサイネージを導入したコンテンツの配信は
女性に好感を持って頂くデザイン性の高いファッショナブルなコンテンツにすることで、
ヘアサロン自体の魅力を高めるブランディング効果は大きくなるはずです。

毎年増え続けているヘアサロンの業界で生き残るのは並大抵なことではありません。
確かな技術や感性は当然として、接客やサービスひとつでお客さまは離れてしまいます。
他店舗に負けない細やかサービスと顧客獲得へのアイデアなどが必要とされています。
デジタルサイネージは新たなサービスの大きな戦力として注目されていますので、
ヘアサロンにおいてもデジタルサイネージの導入が大きな鍵を握る時代になってきています。