ネイルサロンでのデジタルサイネージ運営のアイデア

ネイルサロンのアイデア

2019年6月に発表された「ホットペッパービューティー・美容センサス2019年上期」 によると、
この1年間で女性のネイルサロン市場はおおよそ1700億円で利用率は9.8%に登るのだが、
ネイルサロンもアイビューティサロン同様、一度経験した女性のサロン離れが多く、
継続利用をしてくださるお客さまの確保が市場拡大の大きな鍵を握っています。

デジタルサイネージを使用した集客や情報配信に着手しているネイルサロンも増えきており、
これからはネイルアートの高い技術は当然として、ネイルサロンのブランディングアップや
デジタルサイネージによるコンテンツ配信で他店との差別化やリピーターを増やすことも大切でしょう。
ネイルアートは様々なコンテンツを作る素材として申し分のない要素を持っているので
デジタルサイネージの工夫とアイデア次第では他店を大きく引き離せる効果も期待できます。

ネイルサロン デジタルサイネージ運用のアイデア

ネイルサロンのサービスを配信する、おすすめのアイデア

ネイルアートはヘアスタイルやファッションに比較すると流行の移り変わりが速い上に、
各季節やイベント毎に高い頻度でジェルネイルに変更したいというお客様も多いので、ネイルサロンで
デジタルサイネージを使用する場合も季節やイベントに応じて柔軟にコンテンツを変化させる事がポイントです。

また、ネイルサロンで活躍しているネイリストは憧れの対象でもあるので、ネイリストを紹介する際には
著名人のネイルアドバイザーや、有名なネイルスクール出身であるといった情報も組み込みましょう。
そして、乾燥するまでの待機時間や施術中に受けられるサービスも説明するとより一層魅力が高められます。
さらには、ネイルアートを自身で行う女性も多くなっていますので、ネイルアート教室の情報や
ワンポイント・アドバイスを作成して配信する事もリピーター確保に繋がる大切なアイデアです。

ネイルサロンのコンテンツは季節の変化を取り入れよう
「ネイルサロンのコンテンツは季節の変化を取り入れよう」
使用コンテンツ:ネイルカタログ,季節のデザイン,アドバイザー,メニュー・イベント情報

ネイルアートのデジタル・カタログが基本コンテンツ

ネイルアートではストーン、スタッズ、ラメ、ホログラム、シェル、パール、ブリオン、ラインテープなどの様々なパーツを使って創りあげる芸術です。パーツの種類が多いのでしっかりと整理されたネイルアート・カタログはデジタルサイネージの基本コンテンツになります。豊富なパーツと組み合わせデザインを瞬時にお見せできるコンテンツがあればお客さまも迷わずに自分の好みにたどり着けます。ダブレットやタッチ式のディスプレイを使用したデジタルサイネージの制作も可能なので、基本サービスのアイテムとしてデジタルサイネージの導入は効果的です。ネールアート自体が大変に高い画芸術性を備えているので、基本デザインはシンプルにしてネイルを引き立たせましょう。

季節や祭事ごとのネイルデザインをアピール

普段のネイルアートは自身で行っていても、特別なイベントの時はネイルサロンで施術をする女性は多いようです。年間通して行われるイベントは多くありますので春夏秋冬の4シーズンだけではなく、バレンタインのデザイン、ハロウィンのデザイン、クリスマスのデザインなどオリジナルのネイルアートを作成しデジタルサイネージのコンテンツとして配信し続ければ、このネイルサロンは常に流行を追い求めるサロンであるイメージが定着していきます。何時かこのネイルサロンにやってもらおうとの動機付けを与えることも、長期にわたる経営戦略の中で大切なポイントです。

ネイルアート・ワンポイント・アドバイス

女性がヘアサロンに求めていることはヘアデザインだけではありません。「髪は女の命」といわれるように女性のほとんどが「髪」へのこだわりを持っています。当然、健康で美しい髪を持続するためのヘアケアも大切なアイテムです。毎日のケアに使用するシャンプーやトリートメント、コンディショナーはもちろん、スタイリングにも使えるヘアミルクやオイル、ミストなどもヘアケア含まれます。ヘアサロンではメーカーとの提携で使用しているヘアケア製品を販売する事も多くありますので、デジタルサイネージでおすすめ製品の効果や、原料の安全性などをうたった商品広告のコンテンツ制作も大切なアイデアです。商品を気にいって頂ければリーピーターにもつながります。

お得なセットのメニューボードもおしゃれに

ネイルサロンで施術してもらうネイルアートは素敵なデザインで満足を感じながらも、まだまだ高価に感じてしまう人も多いようです。競争の激しい業界なので他のサロンとは違うお得感をアピールすることも大切なアイデアです。お客さまが感じる「お得感」はズバリ価格なのでセットメニューを充実させてアピールしましょう。リピーターにつなげるアイデアはいくらでもあるはずです。しかしそのアイデアをどう伝えるかが鍵を握りますのでデジタルサイネージを使用したイメージ戦略も考えたコンテンツ作成がポイントです。同じ価格でもコンテンツのデザインひとつで印象はよくなるものです。

ネイルアート体験やネイルスクールの紹介コンテンツ

リピーターを確保するひとつのアイデアとしておすすめしたいのが、ネイルアート体験やスクールの実施です。運営や資金面の負担はありますが、実施した現場の様子を撮影しておき、アドバイスの内容やお客さまの笑顔などをデジタルサイネージの動画コンテンツとし配信すれば、サロンへの信頼感は一気に高まります。ネイルアートを自身で行う女性も多くいるので体験やスクールを通じてコミュニケーションが広がれば、サロン放れを解消する大きな力になるはずです。顧客確保はサロンにとって持ったも大事な業務ですので、デジタルサイネージの機能や能力を最大限に生かしたサービス展開を心がけましょう。

ネイルサロンのアイデア まとめ

ネイルサロンにデジタルサイネージを導入して効果的にコンテンツを配信するためには、
単純に商品やサービスの広告コンテンツや、カッコイイだけのデザイン・コンテンツだけでは無く、
サロンスタッフとお客さまのコミュニケーションを重視するコンテンツ制作がポイントとなるでしょう。

ネイルサロンだけではなく、ビューティーサロン全般に言えることですが、お客さまはサロンの技術だけではなく、
サロンのスタッフとのコミュニケーションに価値観を持って利用している人も多くいるはずです。
ネイルアートはもちろん、ネイルデザインに合わせたアクセサリーや、綺麗に見せる写真の撮り方など、
話題作りも含めて、コンテンツを制作することが大切なポイントとなるでしょう。