クリニック系のコンテンツを考えてみよう

TOP | 社会の窓 | クリニック系
クリニック系のコンテンツを考えてみよう

クリニック系でデジタルサイネージを活用するなら、受付の案内に用いる方法があります。
診療時間に耳寄りな情報など、施設に関する基本情報から追加情報まで、幅広く取り扱うことができますし、
質問と回答形式でスライド表示する手もありますから、デジタルサイネージの活用はアイデア次第です。
また、内装の一部として活用することで、空間を含めた雰囲気をイメージづける結果が得られます。
清潔感のある映像を用いれば、施設そのものの印象を決定づけることもできるでしょう。
待合室では患者さんを退屈させないように、自然の風景をスライドで見せるのも1つの方法です。
クリニック系では、患者さんのリラクゼーションが大事ですから、リラックスしてもらえる配慮が前提となります。
映像に音声を組み合わせると、例えば小鳥がさえずる森林や滝といった自然環境を擬似的に再現できます。
このように、実用的な情報提供に加えてリラクゼーションの演出も可能ですから、
デジタルサイネージのコンテンツの魅力は大きいといえるでしょう。

デンタルクリニックのアイデア

デンタルクリニックの運用では、子供の緊張感をほぐすコンテンツのアイデアが挙げられます。
虫歯治療のように痛みが生じる治療ではなくても、子供はクリニック特有の雰囲気に音が苦手意識を持つものです。
しかし、待合室で可愛らしいキャラクターのコンテンツや、診療を受けるまでにリラックス状態へと誘導できます。
一方では、インプラントの仕組みやホワイトニングのメリットなどの情報を、患者さんに伝えやすい魅力があります。
屋外用デジタルサイネージで通行人向けに情報発信を行えば、デンタルクリニック自体の宣伝にもなります。

デンタルクリニックのコンテンツはおすすめ情報を
「デンタルクリニックのコンテンツはおすすめ情報を」
使用コンテンツ:アニメーション、インプラント、ホワイトニング、歯磨き指導、おすすめの商品

メンタルクリニックのアイデア

メンタルクリニックだと、患者さんに負担を掛けず、逆にストレスを取り除く空間作りが大切です。
風景の写真やスライドは、閉鎖的なクリニックの院内に穴を開け、開放的な印象を作ることができますし、
同時にゆったりとした音楽を流せば、視覚と共に聴覚でリラックスしてもらうことが可能でしょう。
ナチュラルな質感のスタンドなどで、デジタルサイネージ自体の無機質感や人工的な印象が緩和する事も大切です。
心理に影響するので、コンテンツ制作には細心の注意が必要ですが、活用次第で良い結果が手に入るでしょう。

メンタルクリニックのコンテンツはリラックス効果を
「メンタルクリニックのコンテンツはリラックス効果を」
使用コンテンツ:風景BGV、アート作品、ナチュラルBGV、波紋BGV、スライドショー

マッサージ店のアイデア

マッサージを提供する施設では、効果に関する分かりやすい情報発信に役立てることができます。
マッサージというと、未経験者は本当にメリットがあるのか疑い勝ちですが、デジタルサイネージなら
簡潔に魅力が伝えられます。施術前後を横に並べてオイルマッサージの良さを伝えたり、
ダイエットに繋がることもコンテンツに盛り込めば、お客さまも安心して利用できるでしょう。
ストレッチ作用で血行が改善されて血色が良くなることや、気持ち良さを思わせる表情を
掲載するのもありです。施術空間や使用しているベッドにクッションなど、
施術を受ける環境について情報をコンテンツに含めるのも有効です。

マッサージのコンテンツはお得な情報を盛り込もう
「マッサージのコンテンツはお得な情報を盛り込もう」
使用コンテンツ:リフレッシュイメージ、ダイエット効果、オイルマッサージ、ストレッチ、おすすめ商品

美容外科のアイデア

美容外科のケースでは、コンテンツのアイデアとしてお得感を演出したり、安心感を与える見せ方が有力です。
美しく変身できることが美容外科の最大の目的なので、美しいモデルなどを起用したコンテンツを作りましょう。
また、通常料金と特別料金を並べて表示することで、前向きに利用を検討する切っ掛けが与えられます。
複数のコースを見せるアイデアもありますから、デジタルサイネージにおける見せ方はまさに無限大です。
実績や安全の取り組みを表示するのもおすすめで、複数の情報を切り替えて見せて総合的に信頼性を獲得するのが、
美容外科のデジタルサイネージを活用するコツとなるでしょう。

美容外科のコンテンツは実績と信頼をアピール
「美容外科のコンテンツは実績と信頼をアピール」
使用コンテンツ:モデル、料金表、コース、安全性、実績

小児科のアイデア

小児科では、季節に合わせて風邪予防や怪我の防止など、注意喚起のアイデアがコンテンツに活かせます。
アニメを見せて緊張を解したり、クイズなどのミニゲームを提供して楽しんでもらうのも良いでしょう。
流行の病情報は保護者にとって有用ですから、こういう情報を配信して注目を集めるのがポイントです。
先生の笑顔を時折挟むことで、クリニック全体のイメージづけが行えますから、
デジタルサイネージのコンテンツの工夫も上手く採り入れたいところです。

小児科のコンテンツは子供の気を引こう
「小児科のコンテンツは子供の気を引こう」
使用コンテンツ:アニメ、クイズ、ゲーム、流行の病気、先生の笑顔

針灸のアイデア

針灸では全身のツボの場所や名前を説明したり、提供コースの情報を配信するのが基本的なアイデアです。
施術と共に提供している健康食品があるなら、この商品情報について配信を行うのもベストです。
マッサージを受けることで期待できる効果や、リラクゼーションを連想させる映像配信もありです。
大切なのは自然と足を運びたくなるコンテンツの演出で、料金をリーズナブルに感じさせたり、
費用対効果が優れていると思わせるデジタルサイネージの運用もひとつのアイデアです。

針灸のコンテンツは丁寧な説明を
「針灸のコンテンツは丁寧な説明を」
使用コンテンツ:ツボ、コース、健康食品、リラクゼーション、リーズナブル

電子看板のデジタルサイネージは、クリニック系でも有効に活用することができます。
小児科なら子供向けのコンテンツを配信することで、治療への抵抗感を減らし、効率的な治療が行えます。
美容外科では主要なプランを画像を交えて、視覚的に情報を伝えることが可能です。
一般的な看板や紙のポスターとは違い、時間で内容を変化させられるので、飽きのこない宣伝が実現します。
屋外のデジタルサイネージの場合は、時間帯による歩行者の変化に合わせて、配信内容を変えるのも1つの方法です。
たとえばマッサージでは、日中は美容目的の女性向け、夕方以降は仕事帰りの男性向けと切り替えられます。
デンタルクリニックでは、歩行者向けに営業時間や施術内容、医院独自のサービスなどを伝えたり、
患者さん向けに詳細な治療内容や歯の健康を守る役立ち情報が提供できます。
デリケートな患者さんに対応するメンタルクリニックだと、リラックスできる穏やかな映像や、
リラクゼーション効果に期待できる音声の組み合わせが考えられます。
いずれにしても、クリニック系でデ’デジタルサイネージを運用する場合は、
清潔感のあるコンテンツとお客さまに役立つ確かな情報を提供することが大切です。

コンテンツ絵巻