小児科でのデジタルサイネージ運用のアイデア

小児科の患者は当然子ども達です。子ども達にとって小児科以外の病院も全て怖い場所に違いありません。
人間が生まれ持った「恐怖」は2つしかないそうです。ひとつは「大きな音」もう一つが「高い所から落ちる」恐怖です。
それ以外の「恐怖」は経験から来るそうです。たとえば「犬に吠えられて犬が怖くなる」「友達に虐められて友達が怖くなる」など、
経験がその人の「恐怖」を創りあげていきます。病院に恐怖を覚える記憶は「注射」ですねよね。これは大人も好きではありません。

デジタルサイネージのコンテンツ制作では、この「注射への恐怖」が子ども達の「病院嫌い」の理由の大部分をしてめいるので、
「注射は大切」「注射は君たちを守る」など、なぜ痛い思いをしてでも注射を打たなければいけないのかを、
かわいいアニメやスライドで効果的に見せる動画コンテンツを制作できるかが大きなポイントになります。
今後は小規模な医療機関でもデジタルサイネージを使用した情報配信サービスが増えていくことでしょう。

小児科でのデジタルサイネージ運用のアイデア

小児科のサービスを配信する、おすすめのアイデア

小児科のコンテンツ制作では、動画の要素などをふんだんに利用しながらコンテンツを作成するのがポイントとなります。
また子供が興味を持っている番組を配信したり、動物などのコンテンツを配信することも非常に有効な方法です。
病院は患者にとってあまり喜ばしい場所ではありません。特に子供の場合には早く逃げ出したい場所のようです。

病院が様々なサービスを提供する中で、まずは病院に行きたいと思わせるコンテンツを導入することが大切になります。
待合室で楽しい時間を過ごせるよう、子供にとって有益な情報を提供すアイデアがより重要なポイントとなるのです。
また、先生の笑顔の写真を時折挟むことで、クリニック全体の安心できるイメージづけが行えますから、
デジタルサイネージのコンテンツやデザインの工夫にもアイデアをふんだんに取り入れていきたいものです。

小児科のコンテンツは子供の気を引こう
「小児科のコンテンツは子供の気を引こう」
使用コンテンツ:アニメ、クイズ、ゲーム、流行の病気、先生の笑顔

アニメ・コンテンツの配信で子供の緊張をほぐしましょう

小児科では診察を待つ患者である子供の気持ちは非常に緊張しているものです。そのため病院の雰囲気が非常にピリピリとしたものになりかねない雰囲気がありますが、この緊張をほぐすためにデジタルサイネージの動画コンテンツは非常に有効な役割を果たします。子供が喜ぶアニメの配信で検査待ちの緊張した雰囲気を和らげ、リラックスさせることが可能となるのです。患者が緊張していると検査の結果に支障をきたすのは多くの医療機関では常識的に認知されているため、これをリラックスさせるために医療機関なりの様々な配慮がされていることが多いのですが、子供の場合にはアニメが非常に喜ばれるため、これを利用してデジタルサイネージで配信する事は高い効果を得ることができると考えられています。

クイズ・コンテンツで子供をリラックス

病院は非常に緊張する場所であり、特に子供の患者の場合にはその感情を表に出してしまう場合も多いため、診察等に支障をきたすばかりでなく周囲に対する影響も計り知れません。大人にとっても悪影響を与えてしまう場合が多いので、このような場合にはクイズ・コンテンツをディスプレイで表示し大人と一緒に楽しむことができるものを用意すると効果的です。意識をクイズに向けさせることで病院に対する恐怖心をなくし、リラックスした状態で診察を受けることができるようになります。また、クイズに正解するとキャラクターが何らかのアクションを起こすようにすることもおすすめで、より楽しみながらクイズに集中することができるのがメリットで、かわいいキャラクターのデザインであれば、より効果的です。

子供に人気のゲーム・コンテンツを導入

デザイン性に優れたゲームは子供に非常に人気のあるものですが、これまで病院などにゲーム機を持ち込んで遊んでいる事はあまり良くないと考えられてきました。しかしこれをデジタルサイネージで表示させながらタブレットを利用して楽しむことができるようにすることで、子供の病院に対する恐怖心をなくせるばかりでなく、待ち時間の間ゲームを楽しむことができると思わせてその雰囲気を好きにさせると言う効果があります。ディスプレイでその結果を表示するのも非常に良い方法であり、これまで普通となっていたその場の雰囲気がまた行きたいと考えられるものになる効果を生み出し、気軽に診察を受けることができるようになるメリットがあります。

流行の病気の情報は迅速に配信しましょう

デジタルサイネージの小児科での利用は単純に子供を喜ばせるばかりでなく、様々な情報を発信するためにも非常に有効なものです。流行の病気の情報を迅速に配信することでその要望を心がけてもらい、病院に来院する回数を減らす効果があります。ディスプレイの機能を充実させることで様々な病院間の連携などもでき、最新の情報を発信することができるのです。コンテンツを関連の医療機関と共有することで適切な情報を広く発信できるため、流行の病気をいち早く伝えることができその予防に努めてもらうことが可能になるシステムとなっています。病気を未然に防ぎ高い効果を上げるためにもデジタルサイネージは非常に有効な方法です。

先生の笑顔も安心感を与える大切なコンテンツです

病院のコンテンツの中には感情をリラックスさせるためのものばかりでなく、様々な院内の施設の紹介や診察内容の紹介などを盛り込むことも安心感を与える意味で重要なものとなっていますが、この場合には先生の表情などを配信することも多いものです。その際には笑顔の映像を盛り込むことが非常に重要であり、特に患者にとって安心感を与える重要なものとなっています。病気のときには患者は病院を頼るしかありません。その際に診察をする先生が気難しい表情をしていては非常に不安になるものです。デジタルサイネージのディスプレイで優しい先生達の笑顔を表示することでイメージを明るくし、また頼れるものであることをアピールする非常に重要なコンテンツとなっています。

小児科のアイデア まとめ

小児科にデジタルサイネージを導入して、効果的なコンテンツ配信作を行うポイントは、
第一に子供たちが安心して診察を受けることができる、楽しい雰囲気を作ることが非常に重要です。
そのため、子供が興味を引くような情報の配信をデジタルサイネージで行うことが非常に効果的な方法となっています。

小児科の多くは子供の興味を引くために待合室に絵本を置いたり、ビデオで子供向けの番組を映していることが少なくありません。
これも子供は安心させるためには非常に良い方法ですが、デジタルサイネージならではの機能を生かすために、
様々な情報に色々なアイデアを盛り込んで配信することが非常に有効な方法となるのです。
こどもの好かれるアニメのデザインやインタラクティブな面白さを取り入れることが成功の鍵を握ります。