ファッション系のコンテンツを考えてみよう

TOP | 社会の窓 | ファッション系
ファッション系のコンテンツアイデアを考えてみよう

ファッションのトレンドは定期的に変化するため、おしゃれに感じるコーディネートを目にして
憧れを抱く方が多い一方、つい普段通りの服装で過ごしてしまうという方も少なくありません。
そこで、デジタルサイネージを通してトレンドの服装に身を包んで過ごす新しい日々をストーリー展開すると、
新しい服装に身を包み過ごす自分自身の姿がイメージしやすくなり、アイテムを手に取ってもらいやすくなります。
また、映す内容をストーリー展開にする事によりブランドが持つコンセプトや製品に対する思いが伝えられる
ようになるので、魅了された方がブランドを取り扱いしているお店としてリピーター様になって頂けます。
そして、デジタルサイネージがポスターやチラシと異なるのは映像が流せる点に限らず、
インターネットに接続してインターネット上で公開されているブログなども表示できる事です。
ブログでコーディネートを紹介している様子を知って頂ければ、服装の参考にすべく
継続的にアクセスして頂けるようになるのでオンラインストアの利用者数も増やせます。
さらには、季節や祭事などセール時期のコンテンツ制作も大切な戦略のひとつです。
セール時期は多店舗との競争になるのでデジタルサイネージのコンテンツのアイデアで集客も
大きく変わってきます。呼び込むコンテンツ、購買意欲をそそるコンテンツなどのアイデアが必要です。

アパレルショップのアイデア

アパレルショップでデジタルサイネージを導入する際に特におすすめなのが、
できるだけディスプレイが大きなデジタルサイネージを複数台採用する事です。
等身大のまま映し出せる大きなディスプレイを採用すれば大迫力になるだけではなく、ショップの中で
常におしゃれなモデルがトレンドアイテムを着用して優雅にファッションショーをしているようになります。
また、取り扱いしているブランドが多い場合は複数のマネキンを使用すると大きなスペースが必要ですが、
デジタルサイネージは数台の設置スペースのみで数多くのアイテムが紹介できるとして人気です。
また、商品だけではなく季節や祭事を感じる見せ方のアイデアも大切にして下さい。

アパレルのコンテンツアイデアは季節ごとに工夫を
「アパレルのコンテンツは季節ごとに工夫を」
使用コンテンツ:ファッションショー,ブランド,季節のアイテム,デジタルマネキン,セール

アクセサリーショップのアイデア

洋服は毎日異なる物を手に取り袖を通す一方でアクセサリーは常に同じ物を使用し続けるという特性上、
最近では手作りなどのデザイナーの思いが詰まった一点物を求める方が多いようです。
そのためブランドのルーツやアクセサリーを手がけるコンセプト、デザイナーの思いなど
デジタルサイネージのコンテンツにストーリー性を意識しながら紹介するとさらに特別な思いを持って頂けます。
そして、大切なアクセサリーの納品時や保管時に使用するボックスやアクセサリーに合わせて
用いるパーツの説明も含めれば、ショップでのアクセサリーとの出会い自体が大きなイベントになります。

アクセサリーショップのコンテンツアイデアはこだわりを見せよう
「アクセサリーショップのコンテンツはこだわりを見せよう」
使用コンテンツ:ルーツ,デザイナー紹介,ワークショップ,ボックス,セール

ジュエリーショップのアイデア

ジュエリーショップでは取り扱いしている品の1つ1つが高価である上、ショーケースに厳重に収められて
展示されているため、ジュエリーを様々な角度から撮影した映像を流したり、肉眼では見えない位置まで
ズームアップしたマクロ映像を採用する事で、ジュエリーを扱うお店ならではの高い品質を紹介できます。
小さなデジタルサイネージ・ディスプレイを数台おいて、おすすめの商品をアピールすることも効果的です。
そして、ジュエリーと相性が良く単品でも素敵なワンポイントアイテムになるデザイナーによる秀逸な
ポーチの人気も高いため、宝飾品以外の事柄に興味関心を持っている方にもブランドがアプローチできます。

ジュエリーショップのコンテンツアイデアはゴージャスに見せよう
「ジュエリーショップのコンテンツはゴージャスに見せよう」
使用コンテンツ:マクロ映像,おすすめ商品,コンセプト,ポーチ,セール

バッグショップのアイデア

バッグを扱うお店では、ショーケースとデジタルサイネージを連動させることで効果を上げることができます。
高級ブランド品は簡単にケースからは出しにくいものですが、レディース向けの店であればハンドバッグ、
メンズ向けであればビジネスバッグといった具合に、それぞれの商品が置かれたショーケースのすぐ横で
実際にそれらが使われているシーンを画像で表示すれば、イメージが湧きやすくなります。
チャームを取り付けるなど、アレンジの仕方を提案するのも良いアイデアです。
また、バッグインバッグのように手に取ってみないと構造が分かりにくいようなタイプについては、
動画コンテンツで内部を取り出す様子を紹介するという手もあります。

バッグショップのコンテンツアイデアはメンズにもこだわりを
「バッグショップのコンテンツはメンズにもこだわりを」
使用コンテンツ:おすすめ商品,メンズバッグ,チャーム,バッグインバッグ,セール

靴屋のアイデア

靴屋では、メーカーが製作した公式CMが利用できるのであればそれに越したことはありません。
特にスニーカーやスポーツシューズなどにおいては、有名アスリートなどが出演するCM動画や
広告画像の訴求力は非常に高いものがありますので注目のデジタルサイネージとなります。
また、靴にこだわりを持つ人は商品が持つ背景情報にもこだわる傾向があります。
サイズや色のバリエーションといった基本情報はもとより、ブランドの歴史やポリシー、
最新トレンドなどを配信すれば、来客者の興味を引くことができます。

靴屋のコンテンツアイデアはブランドのポリシーをアピール
「靴屋のコンテンツはブランドのポリシーをアピール」
使用コンテンツ:アスリートCM,商品コンセプト,バリエーション,ブランドヒストリー,セール

ファッション系におけるデジタルサイネージの強みは、何と言っても画像を豊富に表示できる点です。
アパレルショップで着こなしを提案するにしても、言葉を並べ立てるよりも実際のコーディネートを画像で
見せる方が説得力があります。ジュエリーやアクセサリー、バッグなども、商品ケースに入った状態と
実際に身に着けている状態とでは印象が変わります。お客さんが自ら使用する時の具体的なイメージを喚起できるよう、
画像の積極的な活用が効果的です。デジタルサイネージをインターネットと接続して、
画像投稿型のSNSと連動させれば継続的な興味を喚起することができます。
そして季節や祭事のセールを攻略しながらアイデア溢れるコンテンツを増やしていきましょう。

コンテンツ絵巻