アクセサリーショップでのデジタルサイネージ運用のアイデア

女性の美しさをより引き立ててくれるアクセサリーはどれだけの種類があるでしょうか?
首回りのアクセサリーはネックレスやチョーカー、ペンダントやドッグタグなど。
手元を彩るアクセサリーは指輪やブレスレット、バングルやミサンガ、リストバンドなど。
指回りのアクセサリーとして指輪(リング)、ピンキーリングやファランジリング。
耳元はピアスやイヤリング、イヤーカフなど、レディースのアクセサリーの種類は多種多様です。

デジタルサイネージのコンテンツ配信では、それぞれが持つ意味や特長の解説なども加え、
自分を飾るのにふさわしいデザインのアクセサリーを見つける手助けになれば言うことはありません。
そのためには、アクセリー本来の魅力を充分に引き出すデザイン性の高いコンテンツ制作と
アクセサリーの価値を伝えることのできるブランディング戦略が必要となります。

アクセサリーショップ デジタルサイネージ運用のアイデア

アクセサリーショップの商品とサービスを配信する、おすすめのアイデア

アクセサリーショップでデジタルサイネージを導入し、効果的に運用するポイントとしては、
アクセサリーは種類が多いので、例えば、複数の画像を導入しておきこれを5秒おきに切り替えるようにすれば、
お客さんの目を引くだけでなく、常に新しい情報を提供することが可能になり、宣伝効果も上がります。
デジタルサイネージと通常の看板との大きな違いは、コンテンツに動きをつけて配信できる機能です。
人間は、止まっているものにはあまり注目しませんが、動いているものには目が行ってしまうものです。
動画撮影素材はもちろん、グラフィックも美しい動きを付ければ、看板以上の効果が可能になります。

アクセサリーそのものが広告や宣伝材料の素材として申し分のない力と魅力を持ち合わせているので、
デジタルサイネージのディスプレイに美しいアクセサリーが映っているだけで女性は時めくはずです。
コンテンツのデザインは女性的な感性を生かした、シンプルでおしゃれに仕上げることが望ましいでしょう。

アクセサリーショップのコンテンツアイデアはこだわりを見せよう
「アクセサリーショップのコンテンツはこだわりを見せよう」
使用コンテンツ:ルーツ,デザイナー紹介,ワークショップ,ボックス,セール

人気アクセサリー誕生のルーツを紹介

人気のアクセサリーには誕生してから現在に至るまでのストーリーがあるものです。叶わなかった恋物語やハッピーエンドのラブストリーなど女性にとってもアクセサリーは恋愛にも密着した大事なアイテムです。このようなラブストリーとアクセサリーの関係を、アクセサリー誕生の秘話としてコンテンツにまとめデジタルサイネージで配信することも効果的なアイデアです。特にストーリー性を持たせたCMにまとめることでヒロインと自分を重ね合わせ、そのアクセサリーを身にまといたくなるのが女性です。恋する女心にアピールするちょっと贅沢なコンテンツ制作にも挑戦したいものです。

人気のアクセサリー・デザイナーを紹介

デジタルサイネージを導入し配信するコンテンツのアイデアとして、アクセサリーデザイナーの紹介が掲げられます。デザイナーは単純にアクセサリーのデザインのみではなく、使用している宝石の石言葉や材質の持っているラッキーカラーなど、様々な要素を盛り込んでデザインするものです。デザイナー本人からアクセサリーに込めた想いや願いを語ってもらう事で、より一層そのアクセサリーに愛着が湧くはずです。デザイナーを紹介することで、アクセサリーを長く愛して着用して頂く魅力を高めることができます。デジタルサイネージはディスプレイ広告のみでなく、こうしたショートドキュメントを配信できることが最大の強みですので、お客さまを引きつける素敵なコンテンツを作っていきましょう。

アクセサリー職人のワークショップを紹介

アクセサリーショップをより繁盛させるためには、単にアクセサリーを販売するだけでは足りません。最近は、商品の販売だけでなくそれに付随したサービスを提供することが重要になってきています。そこで、近年注目されているのがアクセサリー職人のワークショップです。ワークショップを実施すれば、顧客はアクセサリーの作り方がわかるようになり、顧客が来店する確率が高くなります。これを上手に宣伝するための方法の一つとしてデジタルサイネージの動画コンテンツの利用が効果的です。ディスプレイで動画を配信し情報提供することにより、紙媒体などではなかなかわからなかった内容を鮮明に伝えることが可能となります。音と画像により、女性客の五感に訴えることができるでしょう。

おしゃれなアクセサリー・ボックスも忘れずに

お店の中でおしゃれなアクセサリーを販売する場合、それに付随してアクセサリー・ボックスの販売を忘れてはいけません。アクセサリー・ボックスの中には非常におしゃれなものもあり、それを目当てに来店する人も少なくないからです。お店の宣伝をする場合、複数の情報を宣伝するためにはデジタルサイネージが魅力的になります。デジタルサイネージを利用した動画コンテンツは、お客さんが積極的に情報を検索しなくてもただ何となく見ているだけで知りたい内容が入ってくるわけです。この動画も、お店の前に設置したディスプレイで流すことで多くの通行人に商品を紹介することが可能です。しかも、頻繁に画面が切り替わるためアクセサリーとアクセサリー・ボックスの両方を同時に紹介できる相乗効果が生まれます。

集客のセール広告はインパクトのあるデザインで

デジタルサイネージの動画コンテンツは、集客アップの為のセール広告にも使うアイデアも大切な戦略です。女性客が求めている情報を広告として配信することで、お客さんの購買を促すようになるでしょう。セールをする場合には、いくつかの目玉商品が必要になります。これらの商品は、紙媒体のチラシをお店の前に貼り付けておいてもよいですが、表示内容が細かくみにくいだけでなくインパクトに欠けます。女性客を立ち止まらせてお店のセール商品を見せたい場合には、頻繁に画面が切り替わるデジタルサイネージが有効です。コンテンツの中で効果的に目玉商品を設定すれば、今まで以上に大きな売り上げを期待することが可能です。アクセサリーの特徴がハッキリと伝わるインパクトのあるデザインであれば、結果的にほかのお店と差別化を図ることができるようになるでしょう。

アクセサリーショップのアイデア まとめ

アクセサリーを販売しているお店を繁盛させるためには、アクセサリーショップの商品とサービスを
上手に配信することが重要になります。販売している商品も重要ですが、それ以上に宣伝方法に力を
入れなければせっかく良い商品を取りそろえたとしても女性客が来店せず売り上げが伸びません。
そこで、新たな方法として、デジタルサイネージの広告コンテンツで商品を印象づけることが可能になります。
アクセサリーの持つ魅力を効果的に宣伝できる、女性的な感性とデザイン性の高さがコンテンツ制作のポイントです。