デジタルサイネージのコンテンツ アパレルショップのアイデア

アパレル業界においては、衣服を中心にファッション商品の販売に特化した専門店は、
日本の市場において百貨店や量販店を押さえ、もっとも大きいシェアを占めています。
カジュアルの「ユニクロ」、スーツの「洋服の青山」、セレクトショップの「ビームス」、
レディースの「アダストリア」、郊外では「しまむら」など、これらはすべて専門店です。
衣服の消費がそれほど伸びていない近々の10年間で見ても大きな成長が続いています。
では専門店ではない小規模店舗やブランド服を多く扱う小売店舗、そしてオリジナルの
ブランドを立ち上げたショップなどが、専門店に負けないブランディングを可能にし、
店舗の成功と成長を支える広告ツールのひとつがデジタルサイネージです。
そして成功の鍵となるのがコンテンツ制作になりますので、年間計画を立てた
細やかな戦略で大手の専門店にはないブランディングを目指しましょう。

アパレルショップ デジタルサイネージ運用のアイデア

アパレルショップにおすすめするコンテンツのアイデア

アパレルショップでデジタルサイネージを導入する際に特におすすめなのが、
できるだけ大きなディスプレイのデジタルサイネージを複数台設置して運用する事です。
また、商品だけではなく季節や祭事を感じるコンテンツの見せ方のアイデアも大切にして下さい。
アパレルなどのファッション業界ではデジタルサイネージの普及が加速しているので、
取扱商品が同じでも広告戦略で集客と利益は大きく差が出てしまいます。

アパレルのコンテンツアイデアは季節ごとに工夫を
「アパレルのコンテンツは季節ごとに工夫を」
使用コンテンツ:ファッションショー,ブランド,季節のアイテム,デジタルマネキン,セール

大きなディスプレイでリアルなファッションショーを

店舗の大きさにもよりますが、可能であれば1台だけでも等身大のまま映し出せる大きなディスプレイの採用をおすすめします。大迫力になるだけではなく、ショップの中で常におしゃれなモデルがトレンドアイテムを着用して優雅にファッションショーをしているようになります。等身大までいかなくも大きめのディスプレイであれば効果はあります。ブランドが提供するポスターを映しても良いですし、オリジナルで撮影した動画コンテンツであれば、それだけでブランディングはアップします。イチオシの洋服を前面に出した大胆な広告で集客に結びつけましょう。

人気のブランド商品で安心感とステイタスを

小さなお店でも扱っている商品がブランド品であることで安心感や信頼性、そしてステイタスを感じられるコンテンツの見せ方も大切なアイデアなのでおすすめです。デジタルサイネージは多くの情報を発信できますので、小さなディスプレイでも効果はあります。ブランドのコーナー毎にディスプレイを配置して、人気のブランド商品をスライドコンテンツとしてカタログ代わりに配信するのもひとつの方法です。もともとブランディング力のあるブランド商品を上手に利用したコンテンツ制作も大きな戦力となることは間違いありません。

季節ごとにコンテンツの見せ方を工夫

男女を問わず洋服の持つ特性に「季節」があります。特に女性は春夏秋冬だけではなく季節の変わり目なども敏感に捉えたファッションに気を遣います。単純に季節に合う商品をアピールすることも大切ですが、お店の雰囲気にも季節感を加えると来客した人にとっても心地よく感じていただけます。装飾品で行う事もありますがデジタルサイネージなら季節の写真や動画を流すだけで効果的に行えます。デジタルサイネージは広告媒体としての使用が多いですが、広告以外のコンテンツで話題を広げて、お客さまとのコミュニケーション作りにも利用して下さい。

デジタルマネキンで小さなスペースを有効に

洋服はしっかりと飾られている方が全体のイメージやラインの確認が出来ます。代表的な方法がマネキンを利用するケースです。しかし以外とスペースを取ってしまうデメリットもあります。取り扱いしているブランドが多い場合は複数のマネキンを使用すると大きなスペースが必要ですが、デジタルサイネージは数台の設置スペースのみで数多くのアイテムが紹介できるとして人気があります。マネキンのような等身大のディスプレイで無くても、モデルが服を着て色々なポーズをとっていれば、服全体のイメージや材質の質感などもわかりますので、小さなディプレイでもマネキン以上の効果を発揮するがデジタルサイネージのメリットです。

セールやバーゲン時の集客戦略を

アパレル業界で最も競争が激しくなるのがセールやバーゲンの季節です。特に女性達はセールに目がありませんから、各店舗でセールのポスターやチラシなど集客へつながる戦略には手を抜けません。デジタルサイネージならデザイン性の高いインパクトのある動画コンテンツの配信が可能ですので、ライバル店と比べて人の目を引く効果は絶大です。4シーズン以外でも、ヴァレンタインやハロウィン、クリスマスなどのイベントに合わせたセールス時の戦略を構築してしまえば、本来の目的である商品広告の制作サイクルも楽になるのでおすすめです。