フード系のコンテンツを考えてみよう

TOP | 社会の窓 | フード系
フード系のコンテンツを考えてみよう

レストランなどの飲食店は自宅では口にする事ができない本格的で美味しい料理を頂く事を目的にして
足を運ぶ事例の他に、非日常感を味わったりリラックスを目的にしている方も多いため店内の
空間に合っていて、尚且つ雰囲気が高められる情報を流すと世界観の完成度が向上します。
またデジタルサイネージは大きなディスプレイを使用して鮮明なコンテンツをお届けするデバイスですが、
内装デザインに合致している滝や葉などのコンテンツならログハウスのように、自然の素材をふんだんに
使用したおしゃれな店内でも本当に森の中で過ごしているようにリアリティーが高められます。
そしてレストランやカフェなどでデジタルサイネージを使用する場合は、写真と動画の両方が使用できるという
強みを活かして調理中やお皿に盛り付けている様子を秀逸なカメラワークで撮影したり、
流行しているラテアートをデザインしている様子を撮影して流せば集中的に目を向けてもらえますし、
その後に表示されるコンテンツの内容も引き続き見続けて頂けます。

カフェのアイデア

カフェはおしゃれな店内の雰囲気の中でゆっくりと過ごしたり、ランチなどの軽食メニューを頂いた後
再びオフィスに戻るというように利用の仕方に差異があり、時間帯によっても利用目的と利用者が異なります。
そのように1日の中で異なる表情を見せるカフェは円滑に内容か変えられるデジタルサイネージと相性が良く、
休憩も兼ねて昼食を頂きたい方が多い時間には軽く食べられる料理や疲れが取れる甘い物の情報など
特に女性が大好きな流行のスイーツなど、コーヒーとセットで表示させると集客が増えます。
そして、夕方などカフェで仕事の作業をする方が多い時間帯にはゆったりとしたネイチャー系の
BGVコンテンツを流すことで作業しやすい快適なカフェとして人気が得られます。

カフェのコンテンツはセットメニューを工夫
「カフェのコンテンツはセットメニューを工夫」
使用コンテンツ:Welcome、メニュー、おすすめセット、スイーツセット、BGV

レストランのアイデア

日々の食事はもちろんですが、おしゃれな空間のレストランで素敵な一時を過ごしたいと感じるのは
特別な日という方が多いため、レストランで過ごす特別な日をより一層素敵な思い出にすべく
レストランでなければ頂けないメニューを表示させると、数あるお店の中から選定して頂けます。
また、メニュー系のコンテンツだけではなく、お店の雰囲気に合わせたイメージBGVなどで
ご利用頂いた人が、また来たくなるような好感度を持たせることにも気を配りましょう。
そして、お昼時にはレストランが手がける本格的なランチが楽しめる情報をコンテンツ化して
お伝えすると様々な層から常に支持されるレストランに成長させられます。

レストランのコンテンツはおしゃれに決めよう
「レストランのコンテンツはおしゃれに決めよう」
使用コンテンツ:Welcome、メニュー、おすすめメニュー、アート作品、BGV

スイーツショップのアイデア

スイーツショップと言えば宝石のように美しく光沢感を放っているケーキが人気ですが、
フォレストの紅茶のようにパティシエが手塩にかけているケーキに合う飲み物や、
サイドメニューにも並々ならぬ力を注いでいるスイーツショップもあります。
そのため、ケーキの情報と共に紅茶などのサイドメニューのコンテンツを流すと
ギフトとして持ち帰りやすいという特徴も相まってより多くお買い求め頂けます。
そして、ビュッフェでデジタルサイネージを使用すると豊富な種類の料理の中で人気が高い料理や、
旬を迎えたフルーツなどが使用されているケーキなどをピンポイント的にお知らせできます。
女性はかわいい外観やカロリー数などに注目をして種類を見ていくことになりますので、
おいしくて太らないことを宣伝できればそれだけで大きな集客効果もあります。
また、パテシエが実際に作っている場面をレシピ付きで宣伝する方法も効果的です。

スイーツショップのコンテンツはバラエティー豊かに
「スイーツショップのコンテンツはバラエティー豊かに」
使用コンテンツ:Welcome、おすすめ、サイドメニュー、カロリー表示、スイーツレシピ

パン屋のアイデア

パン屋は、独自色が強い商品を作ることが多いためそれを全面にアピールすることが大切です。
限定サービズや人気の特売品などお店の「売り」を広告として掲載させておくことで、
他の店舗と簡単に差別化を図ることができ、お客さまの記憶にも残ります。
また、どういった種類に特化して商品を提供しているのかも大切なポイントです。
高級な材料で質を売るのか、オリジナルの創作が多いのか、安さをアピールするのか、
若者をターゲットにしているのか、それとも老若男女を問わずに製品開発を
しているのかを分けておけば、ターゲットを絞った広告を宣伝できます。

パン屋のコンテンツはお店の売りを明確に
「パン屋のコンテンツはお店の「売り」を明確に」
使用コンテンツ:限定サービス、特売品、高級な食材、オリジナル商品、タイムセール

フード系のデジタルサイネージのコンテンツではレストランやカフェ、
あるいはバーなどの特色をとらえて最も最善なものを提供しなくてはいけません。
例えば、レストランやカフェでは顧客はリラックスを目的としてやってくることが多い上に、
その空間にマッチしているデザインを提供する必要があります。デジタルサイネージの場合は、
特にディスプレイの問題上でどういった部分を主張するのかを考えなくてはいけません。
仮に、静かな店舗でカラフルなデザイン性にこりすぎたものを提供したとしても、
顧客の考えとは異なる雰囲気になってしまうこともあります。その場合は、
ラテアートなど技術的な側面からカジュアルに宣伝することもひとつのアイデアです。
反対に、スイーツ店やパン屋などでは商品そのものの広告を出すことが基本になります。
特に、パン屋などは外観からはどういった商品を提供しているのかがわからないこともあるため、
店舗でおすすめの品などを宣伝することでより顧客を集めることができるようになります。

コンテンツ絵巻