デジタルサイネージのコンテンツ カフェのアイデア

カフェやコーヒーショップ、喫茶店はおしゃれな店内の雰囲気の中でゆっくりと過ごしたり、
ランチなどを頂いたりと利用の仕方は色々で、時間帯によっても利用目的と利用者が異なります。
そのように1日の中で異なる表情を見せるカフェの中では、様々な情報を円滑に変えられる
デジタルサイネージのような情報発信システムが最も使いやすい広告媒体といえます。
カフェや喫茶店は打合せの場所や、女性のおしゃべりの場所として多く利用されますが、
若者に人気のコーヒーショップなどは、ひとりで長時間使用する人も増えています。
思索をする人や勉強に励む学生などに配慮しながらも、ゆったりとした時間を過ごして頂ける
ちょっとした気配りのあるコンテンツが流れていたら利用者も増えていくでしょう。

カフェ デジタルサイネージ運用のアイデア

カフェ・喫茶店におすすめするコンテンツのアイデア

カフェや喫茶店でデジタルサイネージを効果的に運用していく場合は
ディスプレイの設置場所によって使用するコンテンツの内容を変えることがポイントです。
入り口やレジの付近にはおすすめの商品を。席付近はくつろげるBGVなどで構成しましょう。
休憩も兼ねて昼食を頂きたい方が多い時間には軽く食べられる料理や疲れが取れる甘い物の情報など
特に女性が大好きな流行のスイーツなど、コーヒーとセットで表示させると集客が増えるでしょう。
そして、夕方などカフェで仕事の作業をする方が多い時間帯にはゆったりとしたネイチャー系の
BGVコンテンツを流すことで作業しやすい快適なカフェとして人気が得られるでしょう。
オリジナル商品が多いのでコンテンツ制作には撮影や編集など少しの時間と予算がかかりますが、
効果を上げるためにはコンテンツ制作会社に発注することをおすすめします。

カフェのコンテンツはセットメニューを工夫
「カフェのコンテンツはセットメニューを工夫」
使用コンテンツ:Welcome、メニュー、おすすめセット、スイーツセット、BGV

屋外にはおしゃれなウエルカム・コンテンツを

レストランなどの飲食店よりは気軽に入れるカフェですが、数名で利用するときは気にならなくても、ひとりで初めて入るカフェにはちょっと気を遣う人も多いと思います。店内の雰囲気がよく分からないカフェでは屋外に設置したデジタルサイネージのウエルカム・コンテンツが効果的です。コーヒーブレイクしたくなるようなホットできるデザインや、コーヒーのこだわりをアピールしたデザイン。シンプルに香りを連想させるコーヒー豆だけのデザインなど。看板ひとつにもお店の考え方が表れますので、こだわりのウエルカム・コンテンツを制作しましょう。

メニューのデザインにもこだわりを

昔はブレンドとアメリカン、エスプレッソやキリマンジャロなど、コーヒー豆ごとに分かれた定番メニューが多かったカフェですが、コーヒーチェーン店の登場でメニューの幅は大きく広がりました。ミルクを加えたカフェラテやカフェオレ。チョコレートを加えたカフェモカなどは多くの女性がこのんで注文しています。チェーン店でなくても多くのメニューを揃えているカフェに人気は集まるようです。デジタルサイネージ ならコーヒー豆のメニューに加え、挽き立てのコーヒー豆や美味しそうなラテ画像を切り替えながらおすすめのメニューが制作できます。

時間帯に合わせたてアピール商品を変更

モーニング、ランチ、3時のブレイク、夕方の打合せ等等、時間帯によって目的と利用者が変わっていくのもカフェの特徴です。デジタルサイネージなら時間ごとにコンテンツを変えることが簡単にできますので時間帯に合わせたプログラム配信が効果的なアイデアです。朝はお得なモーニングセット。お昼は気軽に食べられる日替わりランチ。3時にはコーヒーブレイクを誘う魅惑のコーヒー。夕方にはビールセットなどを展開すれば、一日に数回利用していただけるお客さまの確保にもつながるかも知れません。時間帯に合わせたてコンテンツでリピータを増やしましょう。

女性に人気なスイーツセットで攻めよう

女性客を多く確保することは飲食店では大切な経営戦略ですし飲食店に限らず女性に人気のお店は成長していく傾向にあるようです。カフェや喫茶店での女性客獲得のポイントはズバリ「スイーツ戦略」です。美味しくてリーズナブルなスイーツセットが人気なればしめたものです。そのためにはデジタルサイネージのコンテンツを上手く利用してアピールすることが大切です。単にスイーツの写真でもいいですが、とろけるような生クリームを塗ったり、チョコレートを振ったりなど、スイーツを作っている動画をコンテンツとして配信したら効果は抜群ですね。ちょっとした撮影の工夫で大丈夫なので是非挑戦してみてください。

リラックスできるBGVでイメージアップ

屋外で看板の役割を果たすデジタルサイネージとオーダーカウンターで商品メニューの役割を果たすコンテンツと場所によって内容は異なるように、ゆったり過ごすスペースのデジタルサイネージにも気を配りましょう。基本的には広告や細かな情報を映すのではなく、リラックスしてコーヒーを楽しんでいただいたり、自分ひとりの時間を大切に過ごしていただいたりするために、ゆっくりと動いている美しい自然の風景やおしゃれで綺麗なデジタルアート作品などを流しましょう。5分~7分の間にほんの少しだけおすすめの商品広告を挟むのも効果的です。