ジャパニーズ系のコンテンツを考えてみよう

TOP | 社会の窓 | ジャパニーズ系
ジャパニーズ系のコンテンツを考えてみよう

最近注目されているジャパニーズ系のコンテンツといえばオリンピックです。
2020年7月24日から17日間にわたり東京で開催される東京五輪は、世界的な注目を集めています。
東京五輪の内容を取り込んだコンテンツを作成すれば、幅広い年齢層にアピールすることができます。
日本は秋葉原をはじめ各地の観光スポットに多くの外国人観光客が訪れていますし
訪日外国人観光を意味するインバウンドは、ビジネスを語る上で欠かせないキーワードです。
日本では国を挙げて観光立国を目指したことで、2013年には訪日外国人が年間1000万人を突破しています。
東京五輪とパラリンピックの開催により、さらに訪日外国人客数が増えると予測されています。
日本の伝統といえる着物や和菓子をアピールするコンテンツを作れば、外国人にも喜ばれるはずです。
デジタルサイネージなら、音や動画でも日本の美しい伝統文化を表現することができるでしょう。

和菓子店のアイデア

ネットショップを利用すれば地方の有名な和菓子が簡単に手に入ります。
和菓子は根強い人気があり、特に老舗の和菓子は高価でも購入者は後を絶ちません。
日本は菓子の種類が豊富ですが、和菓子にはそれぞれ由来と伝統がありひとつの芸術作品です。
デジタルサイネージを利用すれば、和菓子の歴史をスライドショーにしてアピールすることができますし、
原料素材の品質やランキング上位の商品を動画コンテンツでアピールすれば、より効果的でしょう。
美しく繊細な和菓子をアート作品のように表現すれば、集客アップが期待できます。
また、良質な素材を生かした製法など、高品質品質をアピールすることも大切です。

和菓子店のアイデア
「和菓子店のコンテンツは歴史と品質」
使用コンテンツ:季節の和菓子、和菓子の歴史、品質紹介、ランキング、和菓子アート

着物店のアイデア

日本の着物は世界的に人気があり多くの外国人から注目を集めています。
着物店のコンテンツではヘアスタイルや着付けに加えて小物も重要になります。
美しい柄の着物だけでなく帯や草履、髪飾りも全てが芸術品と言えるでしょう。
ただ商品の紹介するだけでなく、着物の歴史や着物作家の情報などを加えると注目度がアップします。
着物姿の美しい女性は立っているだけで絵になりますが、デジタルサイネージなら様々な視点で
着物の美しさと日本の文化をアピールするコンテンツを提供することができます。

着物店のアイデア
「着物店のコンテンツは日本の美をアピール」
使用コンテンツ:着物美人、反物、装飾品、着物の歴史、着付けモデル

お茶屋のアイデア

日本ではお茶の人気が高く、最近は作法を習うために茶道教室に通う人も増えています。
お茶の歴史は長く、奥深い日本の文化です。流派や地域によってお茶道具の種類も豊富です。
お茶屋のコンテンツでは、主役のお茶はもちろん美しい陶器の茶器もアピールすル事がポイントですし、
デジタルサイネージではアートギャラリー方式で美しい商品を紹介することが可能です。
茶器は芸術作品でもあるので、人気商品の日本茶と一緒にアートギャラリーで紹介すれば
日本茶と日本の文化に対する理解とイメージアップにつながります。

お茶屋のアイデア
「お茶店のコンテンツは日本の文化として紹介する」
使用コンテンツ:お茶の作法、茶道具、メニュー、陶器&茶器、日本茶の文化

お寿司屋のアイデア

外国人観光客にとって、もっとも人気のある日本の食事は「お寿司」です。
板前さんお活気や食材の呼び方、また手で食べることなど日本においても独特の文化をもっています。
寿司屋でデジタルサイネージを運用する場合は外国人観光客にターゲットを絞ってもよいでしょう。
お寿司のネタをアイコン化したわかりやすいメニュー。シャリ、あがり、などの専門用語解説。
また、おすすめセットも人気がありますのでデザインの見せ方を工夫する必要もあります。
ユーモアを交えた板前紹介なども、はじめて入店する人に安心感を与えるかもしれません。

お寿司屋のコンテンツは外国人にわかりやすく
「お寿司屋のコンテンツは外国人にわかりやすく」
使用コンテンツ:Welcome、メニュー、専門用語、おすすめセット、板長紹介

日本ならではの和菓子や温泉、お茶や着物などは海外の方々にとても高い人気がある上に
今日では日本の方においても写真を撮影し、SNSで思い出を共有したいという方が増えています。
そのため、着物に袖を通し美しい陶器を用いてお茶を口にしながら和菓子を頂いている様子を
撮影し流せば、画面を通して和の落ち着きと日本の文化を感じて頂けます。
そのような日本特有の文化や過ごし方をデジタルサイネージで表現する時にポイントになるのが、
日本の方に限らず外国の方も視聴する事を念頭に置いて手がけることが大切です。
訪日観光客の中には日本語が理解できる方が居る一方で日本語がわからない方も居るため、
デジタルサイネージで流す動画や静止画は言葉や文字情報のみで説明するのではなく、
所作や様相など言葉で説明されていなくても直感的に状況が理解できるように仕上げましょう。
また、アイコンやイラストなど世界共通で理解して頂ける仕組みを活用すると親切です。

コンテンツ絵巻