ジャパニーズ系のコンテンツを考えてみよう

ジャパニーズ系のコンテンツを考えてみよう

最近注目されているジャパニーズ系のコンテンツといえば東京オリンピックです。
2020年7月24日から17日間にわたり東京で開催される東京五輪は、世界的な注目を集めています。
また、開催期間に間に合うようにデジタルサイネージの導入・設置も急ピッチで進んでいます。
東京五輪の内容を取り込んだコンテンツを制作すれば、幅広い年齢層にアピールすることができます。

日本は秋葉原をはじめ各地の観光スポットに多くの外国人観光客が訪れていますし
訪日外国人観光を意味するインバウンドは、ビジネスを語る上で欠かせないキーワードです。
日本では国を挙げて観光立国を目指したことで、2013年には訪日外国人が年間1000万人を突破しています。
東京五輪とパラリンピックの開催により、さらに訪日外国人客数が増えると予測されています。

日本の伝統といえる着物や和菓子をアピールする広告コンテンツを作れば、外国人にも喜ばれるはずです。
デジタルサイネージを導入し、日本の美しい伝統文化を世界に配信したいものです。

和菓子店のアイデア

日本全国の和菓子店では根強い人気の商品が多く存在しています。
地方独特の製法に守られた伝統の味は内外を問わず多くの人を魅了して止みません。

外国人観光客にも人気のあるこの和菓子を、もっと世界の人に知ってもらいたいと
思っているお店も多いはずです。デジタルサイネージを使用した情報配信なら
様々な動画コンテンツを利用して、和菓子の魅力をわかりやすく配信ことが出来ます。

和菓子店での効果的なデザインやコンテンツの見せ方など、おすすめするアイデアの詳細

和菓子店のアイデア

着物店のアイデア

日本の着物は世界的に人気があり多くの外国人から注目を集めています。
着物店の広告コンテンツではヘアスタイルや着付けに加えて小物も重要になります。
美しい柄の着物だけではなく帯や草履、髪飾りも全てが芸術品と言えるので、
単純な商品紹介だけではなく、着物の歴史や着物作家の情報などを加えると注目度がアップします。

着物姿の美しい女性は立っているだけで絵になりますが、デジタルサイネージなら様々な視点で
着物の美しさと日本の文化をアピールする動画コンテンツを配信することができます。
また、浴衣は海外のお土産でも人気がありますのでコンテンツ制作に盛り込むのもアイデアです。

着物店のアイデア
「着物店のコンテンツは日本の美をアピール」
使用コンテンツ:着物美人、反物、装飾品、着物の歴史、着付けモデル

お茶屋のアイデア

日本ではお茶の人気が高く、最近は作法を習うために茶道教室に通う人も増えています。
お茶の歴史は長く、奥深い日本の文化です。流派や地域によってお茶道具の種類も豊富です。

お茶屋のコンテンツ制作では、お茶はもちろん美しい陶器の茶器もアピールすることもポイントですし、
デジタルサイネージならアートギャラリー方式で美しい商品を配信することが可能です。

お茶屋でデジタルサイネージを使用した効果的なコンテンツ制作のアイデアの詳細

お茶屋のアイデア

お寿司屋のアイデア

来日した外国人観光客にとって、もっとも人気のある日本の食事は「お寿司」です。
板前さんの活気や食材の呼び方、また手で食べることなどは、日本においても独特の文化をもっています。
お寿司屋でデジタルサイネージを運用する場合は外国人観光客にターゲットを絞ってもよいでしょう。
お寿司のネタをアイコン化したメニューや、シャリ、あがり、などの専門用語の解説コンテンツも効果的です。

また、おすすめセットも人気がありますのでデザインの見せ方を工夫する必要もあります。
ユーモアを交えた板前紹介映像なども、はじめて入店する人に安心感を与えるかもしれません。
お寿司というアイテムは意外と自由なデザインにマッチしますので、洋風にしても効果的でしょう。

お寿司屋のコンテンツは外国人にわかりやすく
「お寿司屋のコンテンツは外国人にわかりやすく」
使用コンテンツ:Welcome、メニュー、専門用語、おすすめセット、板長紹介

陶器店のアイデア

製造の特徴や世界観、センスが感じられる陶器は国内外から高い人気を集めています。
新作と共に長い歴史と伝統を有している作品などを種類豊富に扱っているお店では
作品が手がけられたエピソードなどを紹介すると、物が持つ付加価値を正しく伝えられるでしょう。

様々な絵柄があるのでデザイン化してアート作品のようなコンテンツを作るのもひとつのアイデアです。
また1つの作品の作成に着手し完成に至るまでには非常に多くの時間と工程を要するので、
作者が創作作業をしている現場に密着しドキュメンタリータッチの動画コンテンツにすると、
購入者と作り手側の双方で価値が共有できますし、購入された陶器への愛着も増します。
芸術品は見せ方ひとつで受け取り方も変わってしまうので、撮影は慎重に行いましょう。

陶器店のコンテンツは歴史と伝統をアピール
「陶器店のコンテンツは歴史と伝統をアピール」
使用コンテンツ:人気の陶器、創作エピソード、新作品、デザイン、ドキュメンタリー

温泉のアイデア

多くの場合シャワーで入浴を済ませる習慣で生活している外国の方々にとって、
眺めの良い露天風呂や、大浴場で入浴をする事は特別な経験なので温泉は人気があります。

初めて温泉を入る外国人の方にもわかりやすいようにアイコンやイラストを使用して、
かけ湯をしてから入浴する、タイルの扱い、洗髪といった、温泉の入り方のマナーを
デジタルサイネージのコンテンツでわかりやすくデザインして配信する事も効果的な方法です。

そして、入浴により身体の調子が良好になるという温泉の効果もわかりやすく説明しましょう。
さらに、マッサージなどの施設、お土産などの紹介を静止画や動画コンテンツを活用していくと
特産品などのお土産の購入や、温泉以外の施設全体をくまなく利用してもらえます。

温泉のコンテンツは施設紹介を中心に
「温泉のコンテンツは施設紹介を中心に」
使用コンテンツ:マナー、効能、施設紹介、マッサージ、お土産

料亭のアイデア

日本は四季がはっきりとしている上に、どのような地域でも海からそう遠くないという条件から、
季節ごとに山の幸や海の幸など、旬の食材をふんだんに使用した料理に舌鼓が打てます。
しかも、食材は長年使用されている物である上に、完成する料理も代々受け継がれてきた伝統があるので、
料亭の歴史も含めてコンテンツに組み込むと、料亭で食事を頂いた事が大きな思い出になります。

また、料亭を身近に感じて頂くためにデジタルサイネージではお値段についても触れるようにし、
上質な食材や高い技術を有している職人が手がけている情報を組み込むとより一層有効的です。
心を込めて創作した料理の魅力が伝わる広告コンテンツの工夫とアイデアが必要です。

料亭のコンテンツは旬の食材をアピール
「料亭のコンテンツは旬の食材をアピール」
使用コンテンツ:旬の食材、人気料理、料亭歴史、メニュー、お得情報

お箸屋のアイデア

外国人観光客が喜ぶ日本のお土産ランキング堂々の第1位は「お箸」です。
和食が世界遺産に登録されるなど、海外でも注目を集めていることもあり、
外国人であっても箸の使い方を勉強して、和食を日常生活に取り入れている人も多いようです。

お箸は外国ではなかなか手に入りませんし、やはり日本らしいお土産として外せませんね。
綺麗な模様のマクロ映像コンテンツや、お箸を使ったアート作品、お箸の正しい持ち方、
人気商品のコンテンツはもちろん、最近ではお箸に自分の名前を彫ってくれるサービスもあるので、
外国人のお友達の名前を彫ってプレゼントすればとても喜ばれることは間違いなしです。
アイデア溢れるユニークなデザインを制作してデジタルサイネージでアピールしましょう。

お箸屋のコンテンツはお土産と使い方に工夫を
「お箸屋のコンテンツはお土産と使い方に工夫を」
使用コンテンツ:マクロ映像、お箸アート、人気商品、正しい持ち方、印字サービス

お土産店のアイデア

外国人観光客をターゲットにした日本のお土産店は日本中の観光スポットに店舗を構えています。
郷土のお土産はもちろんですが、日本を代表するお土産を販売しているお店も少なくありません。
日本のお土産では喜ばれるのは、扇子、のれん、風呂敷、浴衣、和傘、お漬け物などが人気です。

コンテンツ制作では、まずは人気商品をアピールしましょう。また大きなものより小さく軽い品が
選ばれる傾向にありますので小物をレイアウトしたコンテンツでアピールするのも効果的です。
富士山や浮世絵、水墨画、染め物の模様など、日本の文化を象徴した絵柄が人気ですので
デザイン的な見せ方も工夫した広告コンテンツの配信が外国人には受け入れやすいでしょう。

お土産店のコンテンツはバラエティー豊かに
「お土産店のコンテンツはバラエティー豊かに」
使用コンテンツ:扇子、のれん、和傘、お漬け物、日本の模様

ジャパニーズ系のアイデア まとめ

日本ならではの和菓子や温泉、お茶や着物などは海外の方々にとても高い人気がある上に
今日では日本の方においても写真を撮影し、SNSで思い出を共有したいという方が増えています。
そのため、着物に袖を通し美しい陶器を用いてお茶を口にしながら和菓子を頂いている様子を
撮影して流せば、画面を通して和の落ち着きと日本の文化を感じて頂けます。

そのような日本特有の文化や過ごし方をデジタルサイネージで表現する時にポイントになるのが、
日本の方に限らず外国の方も視聴する事を念頭に置いて手がけることが大切です。
訪日観光客の中には日本語が理解できる方が居る一方で日本語がわからない方も居るため、
デジタルサイネージで配信する動画や静止画は言葉や文字情報のみで説明するのではなく、
所作や様相など言葉で説明されていなくても直感的に状況が理解できるデザインに仕上げましょう。

また、アイコンやイラストなど世界共通で理解できる仕組みを活用するコンテンツが親切です。
外国人観光客が増えるこの機会にデジタルサイネージを導入して集客アップを目指して下さい。