お茶屋でのデジタルサイネージ運用のアイデア

日本のお茶は世界的に人気があり多くの外国人からも注目を集めているアイテムです。
最近は、インターネット上でホームページを作りそこで宣伝をしているお店も増えてきましが、
ネットをあまり閲覧しない外国人観光客にとってはネット上の宣伝だけでは不十分と言えます。
そこで、デジタルサイネージでお茶屋の宣伝をしていく広告戦略が注目されてきました。

デジタルサイネージとは、電子看板と呼ばれており専用のディスプレイを導入しコンテンツを配信します。
このメリットは、通常の看板とは異なり複数の動画や静止画の情報を数多く配信できる仕組みです。
人間は、止まっているものよりも動いている物に対して自然に目線がいくことが多いので、
店舗の宣伝や商品の広告を動画コンテンツで配信して、お客さまを獲得することが最大の戦略です。

お茶屋でのデジタルサイネージ運用のアイデア

お茶屋の商品とサービスを配信する、おすすめのアイデア

お茶の歴史は長く、日本でも特に奥深い文化です。流派や地域によってお茶道具の種類も豊富です。
流派として有名な「三千家」の茶の淹れ方や作法も違いなどもお茶を楽しむ上で大切な情報です。
コンテンツ制作のポイントとしては、お茶そのものはもちろん、茶器や陶器の紹介も大切ですし、
アートギャラリーのように茶器の美しさをアピールすることもデジタルサイネージなら可能です。

茶器は芸術作品でもあるので、人気商品の日本茶と一緒にアートギャラリーでアピールすれば
国内外を問わず、日本茶と日本の文化に対する理解とイメージアップにもつながります。
コンテンツのデザインはジャパニーズテイストをモダンにアレンジするのがポイントです。

お茶屋のアイデア
「お茶店のコンテンツは日本の文化として紹介する」
使用コンテンツ:お茶の作法、茶道具、メニュー・デザイン、陶器&茶器、日本茶の文化

お茶の作法をわかりやすい動画コンテンツで紹介

茶道の世界には有名な3つの流派「三千家」が存在し、茶の淹れ方や作法も違います。 千利休の茶の湯が確立する前の流派、確立した後の流派の「千家流」、確立したものをアレンジした「武家茶道」などが存在します。 お茶をより深く楽しむためには、その作法を知っておくと非常に良いものですが、なかなか覚える機会がないと言う人も少なくありません。お茶屋の待ち時間などに、デジタルサイネージに茶の作法を見ることができる動画コンテンツが流れていると、つい興味がわいてしまうものです。さらにこれらのコンテンツを配信することでお店の空気も適度な緊張感が溢れるようになり、良い雰囲気とすることができます。何気なくお茶を選んでいる間などもディスプレイにこのような情報が配信されるとついつい見入ってしまう場合も多く、また動画に出てくるお茶や茶器などにも興味が湧いてくる場合が少なくありません。そのため、これらの商品も販売できる機会が生まれる可能性もあるのです。

茶道具をわかりやすいコンテンツで紹介

お茶を楽しむには、様々な茶道具の使い方も知っておくと便利なものです。しかし普段あまり使用しないものでもあるため、いざ使うとなるとその方法がわからずに苦労することも少なくありません。お茶に興味が起こり来店している時に、茶道具の情報をわかりやすく学べるコンテンツをデジタルサイネージで配信することで、多くの人に興味を持っていただけます。お茶の作法は、茶道具を上手に使うことでもその知識を持っていることが評価されます。なかなか自分でこれを習得するんは難しく、また習いに行くのも面倒だと感じている人が少なくありません。このような知識をお茶屋で得れれば集客力も高まる可能性があるので、よりわかりやすいコンテンツを制作すればより良い効果が期待できるでしょう。

お茶のメニュー・デザインはジャパニーズテイストで

デジタルサイネージのディスプレイで配信する広告コンテンツは音と映像で詳細な説明を加えることができるメリットがあるため、お茶の種類やメニューなどの動画配信でより細かな知識を提供することができます。お茶を利用した様々なメニューは非常にわかりにくい場合も多いため、実際に作り方やレシピを動画コンテンツで細かく提供することで多くの人の興味を惹きつけるものとなるでしょう。種類を示す際にも産地の情報や栽培の情報などを映像で配信できるため、非常に効果的なものとなります。普段あまり目にすることのないこれらの映像はデザイン的にも非常にインパクトが強いので、ポスターなどの単純なものに比べて高い効果を上げることが可能ですし、ジャパニーズテイストのデザインは外国人観光客にとってクール・ジャパンそのもので、興味深いものなのです。

人気の陶器&茶器の紹介はディテールのある動画コンテンツに

最近ではお茶に利用する陶器や茶器が人気を集めていますが、写真だけでは表現できない細かなディテールがデジタルサイネージでは表現できるようになります。動画を利用した製造工程などの配信はあまり目にすることがないため、興味のある人にとっては魅力的な情報となりますが、これと合わせて店舗ならではのオリジナルの情報を配信し、より深く興味を惹きつけることができるのです。店頭で販売されている商品をコンテンツの中に含めてディスプレイで紹介したり、実際にこれらの陶器や茶器を利用するシーンを表現する方法も、見る側にとって楽しみが増えるものとなります。待ち時間を退屈させないような映像の工夫で、人が集まりやすい店舗の雰囲気を作ることができるのです。

茶道の歴史や茶室などの日本茶の文化も配信しましょう

最近では情報番組などで茶道の歴史や茶室の実際の様子などを放送しているものも少なくありませんが、このような内容のコンテンツを制作し、デジタルサイネージで配信することで、お茶の楽しみ方を提案することも可能となります。落ち着いた雰囲気でたしなむお茶は非常に気が引き締まるとともに、リラックスできる時間を持てますが、その具体的な例を動画で配信するれば、お茶屋ならではのくつろぎを感じることができるのです。日本茶の文化は多くの人が知っているつもりになっている場合が多いのですが、これらのコンテンツの工夫でより深く知る機会を持て、さらにお茶の世界、お茶の文化に興味を持ってくれるようになることでしょう。

お茶屋のアイデア まとめ

お茶屋でデジタルサイネージを導入し、効果的に運用するコンテンツ制作のポイントとしてあげられるのは
外国人観光客に根強い人気を持つお茶ですのでインバンドの広告コンテンツを制作することが大切です。

お茶屋、茶道具のみではなく大切な「お茶の作法」「お茶の心」が伝わるような工夫をしたいものです。
いずれにしても、日本文化の代表でもあるお茶の魅力を十分に伝えることが大事なポイントです。
コンテンツのデザインはジャパニーズテイストを基調にしてモダンにアレンジするのが大切なポイントです。