デジタルサイネージのコンテンツ 和菓子店のアイデア

日本の食文化の花である和菓子は、四季折々の素材や情緒を取り入れた独特の文化で、
海外から訪れる外国人旅行客からの支持も年々増え続けています。
特に老舗の和菓子店は根強い人気があり高価でも購入者が後を絶ちません。
今ではネットショップを利用すれば地方の有名な和菓子が簡単に手に入りますが
やはり、その土地を訪れ、その街の文化に触れながら食することが一番の醍醐味です。
店舗を訪れるひとに和菓子の魅力をデジタルサイネージのコンテンツで配信すれば
和菓子の伝統と文化の奥深さ多くの人に伝えることが出来ます。

和菓子店 デジタルサイネージ運用のアイデア

和菓子店におすすめするコンテンツのアイデア

種類が豊富な和菓子ですが、和菓子にはそれぞれ由来と伝統がありひとつの芸術作品です。
デジタルサイネージを利用すれば、和菓子の歴史をスライドショーにして紹介することができますし、
原料素材の品質やランキング上位の商品を動画コンテンツでアピールすれば、より効果的でしょう。
美しく繊細な和菓子をアート作品のように表現すれば、インスタ映えや集客アップも期待できますし、
良質な素材を生かした製造法や高品質をアピールすることも大切なアイデアです。

デジタルサイネージのコンテンツ 和菓子店のアイデア
「和菓子店のコンテンツは歴史と品質」
使用コンテンツ:季節の和菓子、和菓子の歴史、品質紹介、ランキング、和菓子アート

季節ごとの「旬」の和菓子をアピール

和菓子の世界では季節の節目や祭事に合わせて、昔から続いてきた独特の文化が存在します。春には桜餅や草餅。夏には水無月や水羊羹。秋には月見大福など、単にその季節に美味しく頂けることだけではない,、季節の変わり目にまつわる深い意味も持っています。和菓子を好む方は季節にも敏感に捉える人が多いので、季節ごとの和菓子を広告の柱にしてアピールすることが和菓子店でデジタルサイネージを運用する大事なポイントとなってきます。お店のおすすめ和菓子を中心に季節の商品広告も挿入することが出来れば売り上げアップにもつながるので、デジタルサイネージのコンテンツは季節ごとの和菓子をアピールしましょう。

和菓子の歴史を動画コンテンツで紹介

和菓子は昔から変わらない素材と製法を受け継ぎ守る事で、その味と伝統を高く評価されています。もちろん美味しいことが購入者にとっては一番大事な要素ですが、その和菓子の歴史と伝統を知ることによって、さらに深みのある美味しさを感じるに違いありません。デジタルサイネージは動画コンテンツも配信できますので、製造工程や職人のこだわりや苦労など「伝統の味」を追求する匠の技は一度拝見したいものです。長い時間をかけて作り出す珠玉の一品を感じられれば、その和菓子に対する価値観も大きく変わることでしょう。店舗が誇りにしている伝統をしっかりとアピールしましょう。

優れた素材と高品質もアピールを

今の時代は、単に美味しさだけでは商品は売れません。美味しさの影には素材の良さと品質のこだわりがあってこそ一流の和菓子としての評価が高まります。小豆の原産地はどこなのか?着色料を使わない色づけなど。和菓子を作る行程では昔から伝わる知恵が存在します。消費者が安心して食べて頂く為に素材と原料をデジタルサイネージのコンテンツにして、わかりやすく配信することも大切なアイデアなのでおすすめします。良き伝統と安全性を知って、安心して購入して頂きましょう。

人気の和菓子ランキングもおすすめです

昔から伝わる和菓子の味を何年も守っている老舗もありますが、オリジナルの創作和菓子も人気が高く、色々な伝統和菓子にアイデアを加えて販売しているお店も多くあります。メイン商品のない和菓子店では、人気の和菓子ランキングをデジタルサイネージのコンテンツとして配信することで、幅の広い客層から愛される店舗にもなりますし、全国の有名な和菓子店と組んだ新たな和菓子店を立ち上げるのも外国人観光客をターゲットにした戦略として成功するかも知れません。成功の鍵はデジタルサイネージのコンテンツ制作が鍵を握っています。

和菓子アートでファッショナブルに演出

和菓子は日本の染め物にも似た色とりどりの華やかさが魅力のひとつです。和菓子の持つ「色」「形」「素材の質感」はまさに芸術といえるでしょう。この芸術性をデジタルサイネージをつかったアート作品に創りあげ動画コンテンツとして流せば本来持っている和菓子の魅力を数倍に引き立てられます。職人が作る現場のドキュメントも加えれば、和菓子への理解と日本文化の興隆にもなりますし、遠い未来まで残さなければいけない貴重な資料として価値を生み出すことにもつながります。またデジタルサイネージだけではなく、コンテンツをSNSやYouTubeで発信することで大きな宣伝効果や集客にもつながります。