サービス系のコンテンツを考えてみよう

TOP | 社会の窓 | サービス系
サービス系のコンテンツを考えてみよう

情報発信型デジタルサイネージにおいては、やはりサービス系での運用が代表的で、
コンテンツ制作がサービスの価値を左右するといっても過言ではないでしょう。
例えば、案内板は商業施設における有力な候補で、利用者の利便性を高める事ができます。
教育機関では情報掲示板代わりになりますし、学食のメニュー表示などにも活用されています。
改めて考えるとデジタルサイネージが秘める可能性や柔軟性は優れていることが分かります。
単純にポスターのような表示をするのもありですが、そこに動きを加えたり、
タッチ操作のインタラクティブ性を組み合わせると、コンテンツの幅が広がります。
ホテルやショップ系でも既に普及が始まっているので、導入のハードルは確実に下がっていますし、
これからはアイデアが物を言う時代になるでしょう。コンテンツの検討で大事なのは、
誰に対してサービスの提供を行い、どのような価値を生み出すことができるかです。

ブライダルサービスのアイデア

ブライダル系デジタルサイネージコンテンツのアイデアでは、人気プランのスライド形式発信や、
開催中のフェア情報をおしゃれな動画コンテンツで伝える見せ方などが挙げられます。
ホテルに設置して直ぐに使い始められますし、扱える情報は動画や写真にイラストや文字など多様なので、
ブライダルコンテンツにも最適です。ヘアメイクの例を分かりやすく伝えたり、ウエディングドレス、
ケーキブやーケをカタログ的に見せる方法もありますから、ブライダル系だけでも用途の幅は広いです。

ブライダルサービスのコンテンツは夢でいっぱいにしよう
「ブライダルサービスのコンテンツは夢でいっぱいにしよう」
使用コンテンツ:人気プラン、フェア、ウエディングドレス、ケーキ、ブーケデザイン

スポーツクラブのアイデア

人気の高まるスポーツクラブでは、体験希望者向けにジムの魅力や会員システムを伝えたり、
会員ひとりひとりに対して役立つヘルスケア情報などを発信するアイデアが考えられます。
身体データはその1つで、施設に通う人の身体が特定の期間でどのように変化したかを伝えられます。
フィットネス施設は変化を求めて入会を希望する人多いものですから、役立つ内容に加えて、
分かりやすく「変化できる魅力」を伝える用途にも適しているわけです。
屋外用のデジタルサイネージは、視認性が良好で視野角も広いですから、
遠くを歩行する人にも効果的にスポーツクラブの情報を発信できます。

スポーツクラブのコンテンツは変化できる魅力を伝えよう
「スポーツクラブのコンテンツは「変化できる魅力」を伝えよう」
使用コンテンツ:会員システム、ヘルスケア、身体データ、変化イメージ、会員募集

不動産のアイデア

不動産では、空室情報を写真中心で掲載したり、時間の経過で順次変化させるアイデアが有効です。
従来の張り紙で物件を伝えるサービスの方法では、データ量の限界により伝えられる内容が限られました。
しかしデジタルサイネージなら大幅に制限を超えられるので、一気に悩みを解消することができます。
他にも、展示場で建物や室内を案内したり、モデルハウスで写真や数字を交えた見せ方も可能です。
音声で遠くの人の興味を引いたり、タッチパネルで希望の内容にアクセスしてもらう手もあります。
デジタルサイネージは眠る可能性が大きく、アイデア次第で価値を高められますから、
販売、賃貸、リフォーム、周辺環境、モデルハウス、人気のデザイナーズマンションなど、
数多くの情報を整理したコンテンツの運用計画と制作プランが重要な鍵を握ります。

不動産のコンテンツは豊富な情報を計画的に
「不動産のコンテンツは豊富な情報を計画的に」
使用コンテンツ:物件情報、周辺環境、モデルハウス、デザイナーズマンション、リフォーム情報

デジタルサイネージはさまざまなシーンで活躍する情報発信メディアですが、
特に効果を発揮するのがサービス系のショップや施設です。無形のサービスは物販店のように商品を
実際に見たり手に取ったりすることはできないので、その内容を的確かつ効果的に伝える必要があります。
限られたスペースでたくさんの文字や画像を表示し、時には音声も駆使することができ、
さらに曜日や時間によってコンテンツ表示を変えられるデジタルサイネージは多角的な情報発信に適しています。
代表的な使用例としては、スポーツクラブや学習塾などがあります。こうした施設では利用者のニーズに応じて
複数のコースが設定されているのが一般的ですが、デジタルサイネージを使えばそれらの内容をコンパクトに
伝えることができます。また、旅行代理店や不動産のように情報の量がサービスの質と直結しているような業態にあっては、
画面を次々と更新することで看板やチラシなどよりもたくさんの情報を紹介することができます。
さらに、ブライダルのような業態では、おしゃれな画像や動画のコンテンツ配信が効果的です。
まとめると、分かりやすいこと、情報量が豊富なこと、お客さまのニーズに合っていること、
イメージアップにつながることがサービス系にふさわしいコンテンツということになります。

コンテンツ絵巻