ブライダルサービスでのデジタルサイネージ運用のアイデア

結婚式は人生の一大イベントです。式を挙げる理由としては親や親族に感謝の
気持ちを伝える。友人やゲストに喜んで頂く等の目的を持ったカップルが多いようです。
大切な人へ感謝の気持ちを伝える場として、挙式や披露宴を考えていることもあり、
会場とサービスの両面において会場に求めるホスピタリティ度は強くなっています。
スタッフもウエディングプランナーを筆頭にドレスコーディネーター、フラワーコーディネーター、
シェフ、セレモニースタッフ等の多くのスタッフが関わるブライダルサービスでは
今後デジタルサイネージを効果的に利用したプランニングのアイデアが成功の鍵となってきます。

ブライダルサービスで、式までに決めなければいけない数多くのアイテムをスムーズに決めていくために
ペーパーカタログでは表現できない細かなディテールの表現がデジタルサイネージで可能になります。
まずは多くの情報を処理できるデジタルカタログのディスプレイを導入しましょう。

余談になりますが「ウエディング」と「ブライダル」の違いは何でしょうか?
「ウエディング」は「結婚式や披露宴のどの儀式」で「ブライダル」は「花嫁の~」が一般的です。
この意味からすると本来は「ウエディングサービス」となるはずですが、
日本では「ブライダルサービス」 が定着しています。これは結婚式が女性のための
一大イベントである象徴なので、女性の目線でコンテンツを制作することが大切なポイントです。

ブライダルサービス デジタルサイネージ運用のアイデア

ブライダルサービスを配信する、おすすめのアイデア

ブライダルサービスのデジタルサイネージのアイデアでは、人気プランのスライド配信や、
開催中のフェア情報をおしゃれな動画コンテンツで伝える見せ方などが挙げられます。
デジタルサイネージはホテルのブライダルコーナーにディスプレイを設置して直ぐに使い始められますし、
扱える情報は動画写真、イラストなど多様なデザインが制作できるので、ブライダルには最適です。
ヘアメイクの例を分かりやすく伝えたり、ウエディングドレス、ケーキやブーケをカタログ風に
見せる方法もありますし、選んだアイテムの写真データをその場で差し上げることも喜ばれます。

ブライダルサービスのコンテンツは夢でいっぱいにしよう
「ブライダルサービスのコンテンツは夢でいっぱいにしよう」
使用コンテンツ:人気プラン、フェア、ウエディングドレス、ケーキ、ブーケデザイン

人気のブライダルプラン

カフェやレストランで行う自由なスタイルの結構式も多く見られるようになりましたが、やはり、結婚式場やホテルでの挙式はサービスの手厚さもあって根強い人気があります。そこには式全体を網羅しながらリーズナブルにまとめられる基本プランがあるからです。最近では結構式に使う費用を抑える傾向もありますが、時間の無い中で様々なことを決めなくてはいけない結婚式で人気のブランはひとつの目安になります。デジタルサイネージを使って幾つかのおすすめプランをわかりやすいコンテンツで配信するだけで、新郎新婦は安心してウエディングプランナーに任せることが可能になります。

ジューンブライト・ブライダルフェア

ブライダルフェアは通常のブライダルプランと違って、季節や祭事に合わせて実施される特別なプランです。特にジューンブライトは最も力を入れたいフェアになります。ヨーロッパでは古くから「6月に結婚する花嫁は幸せになれる」とされる言い伝えがあります。これはギリシャ神話に登場する神主ゼウスの妃で、結婚や出産を司る女神「ジュノ」が守護する月が6月であることから、6月に結婚式を挙げるカップルがいう説から来ていますが、日本でもジューンブライトは定着し6月は結婚式ラッシュになりますので、デジタルサイネージでのブライダルフェア告知や特別なプランを盛り込んだアイデア溢れる内容を全面的に配信することで注目を浴びるでしょう。幸福感溢れるデザインがコンテンツ制作の鍵を握ります。

ウエディングドレスのファッションショー

ウエディングドレスは結婚式の最も大切なアイテムです。数多くのドレスの中から1着を選ぶことは女性にとって楽しみではありますが、決めるまでには数着もの試着も必要ですし時間も掛かります。ウエディングドレス選びをスムーズに運ぶコンテンツとしてデジタルカタログも当然ありますが、デジタルサイネージを使用したウエディングドレスのファッションショーも効果的です。美しいドレスをまとって歓びに満ちた微笑みを浮かべる様子は式当日の自分と重ねてイメージが広がります。ポイントはあまりにもスタイルが良く美しいモデルを使用しないことです。清潔感のあるナチュラルなモデルを採用しましょう。新郎がモデルと新婦を比較するような事になっては逆効果になってしまいますね。

ウエディングケーキのコンテンツ・アイデア

ウエディングケーキもドレスに続いて結婚式の大事なアイテムです。もちろん味も大切ですが、やはり見た目のデザインを優先に選ばれることが多いので、より多くのケーキデザインを提案したいものです。もちろん写真カタログでも役割は果たせますが、動画によるプレゼンテーションも効果があります。ターンテーブルで回るウエディングケーキはライティングによってまるで宝石のような輝きを放ちますのでおすすめです。素材の質感もよく分かりますしインスピレーションが働くので、ウエディングケーキの提案にはデジタルサイネージ使用したアイデアが一役買うでしょう。

ウエディングブーケのデザイン・コンテンツ

ウエディングブーケも種類が豊富ですが、出来上がったフラワーアレンジから選択するだけでは味気ない気がします。花嫁の好きな花や色、花言葉など、ブーケひとつにも色々な想いを込めたいものです。デジタルサイネージを使用して制作したブーケカタログなら花や色など複数のキーワードからブーケのデザインが絞り込めます。またウエディングドレスのカタログと連動させ、選んだウエディングドレスと合成したイメージをディスプレイで確認することも可能なのでおすすめです。

ブライダルサービスのアイデア まとめ

ブライダルサービスでデジタルサイネージを導入し、効果的なコンテンツ配信をするポイントは
結婚式の主役である花嫁の夢を形にしてあげる女性目線での細やかなサービスです。

新郎新婦により多くのアイテムを紹介しながら、スムーズなコーディネイトを進めるためには
多くの情報が整理されたデジタル・カタログ・ディスプレイを中心にしたコンテンツの豊富さと、
大切な一日を最高の思い出に演出できる心配りが、新郎新婦の支持を得る大切なポイントでしょう。