教育機関でのデジタルサイネージ運用のアイデア

教育機関を宣伝する方法は、駅前の看板やインターネットのホームページなどさまざまなものがあります。
特に、大学をはじめとする多くの教育機関では今でも看板による広告に頼っているところが多いようです。
確かに、駅のホームなどの眼に着く所にあれば、それを見た人の潜在意識にその学校の名前が刻みこまれるでしょう。
ただ、最近は単なる看板ではなくディスプレイを使ってその魅力を配信するやり方が増えてきました。
例えば、デジタルサイネージのコンテンツを導入すれば、たくさんの情報を多くの人に与えることが可能になります。
デジタルサイネージの場合には、画面が頻繁に切り替わるため従来の看板に比べても情報量は圧倒的に高くなります。

教育機関のデジタルサイネージは、様々な情報を表示できる機能を有していることが非常に重要となっています。
動画だけでなく、WebコンテンツやHTML5コンテンツの再生機能もあればコンテンツの幅が広がります。
また、高い解像度のディスプレイであることや、画面を切り替えていろいろな表示できるプログラム機能も必要です。
最近では多くの教育機関でパソコンやタブレットなどを利用した教育プログラムが実施われており、
連動を考えればネットワークの構成も考慮する必要があり、複雑な機能を実現できるものがより有利となるでしょう。

教育機関でのデジタルサイネージ運用のアイデア

教育機関のサービスを配信する、おすすめのアイデア

大学や専門学校などの教育機関がデジタルサイネージで情報を配信する場合は、
情報量の多い広報紙や学生新聞をコンテンツで配信することが最も効果的な運用方法です。
学生に向けてのお知らせや学内のニュースなどを配信すれば、情報伝達のペーパーレス化が促進されます。
さらに、オープンキャンパスや入学説明会、学園祭などの機会には、クラブ紹介やサークル活動の様子を
動画コンテンツにメッセージなどを交えて配信すれば、来校者や参加者の興味を引くことができます。
芸術系の学校であれば、学生の作品を紹介するツールとして使えば話題も広がるでしょう。
IT時代に生まれた学生達にとって、デジタルサイネージはまさにキャンパスのタブレットといえるでしょう。
コンテンツ制作自体を学生主体にすれば、新たな情報発信のアイデアが出る可能性も広がりますね。

教育機関のコンテンツは学生のために
「教育機関のコンテンツは学生のために」
使用コンテンツ:広報、学生新聞、オープンキャンパス、クラブ紹介、学生作品

情報が多い広報コンテンツをシステム化

教育機関では学生達に発信しなければならない広報の情報は多岐にわたります。大学であれば、オープンキャンパス広告、入学案内、就職情報、サークル活動、ゼミ情報、教育プログラムの変更、教授陣の紹介、学生生活協同組合からのお知らせ、寮やアパート・マンションなどの生活情報。など、様々な部署から上がってくる多くの情報をまとめて、常に最新の情報として配信しなければなりません。デジタルサイネージは多くのプログラム機能を備えているので、広報をシステム化して配信することが可能です。使いやすいプログラムやデザインなど、初期段階ではコンテンツ制作会社への依頼が必要ですが、プログラムを完成させてしまえば大学の広報担当でも管理が可能となります。教育機関の広報そのものが変化している今の時代であるからこそ、デジタルサイネージがその真価を発揮出るシステムであることは間違いありません。

キャンパスに話題の学生ニュースを配信

大学でデジタルサイネージのコンテンツを利用する場合には、キャンバスの話題を学生ニュースで配信することも可能になります。大きな大学でなくても小学校や中学校のように担任の先生がいて様々な情報を生徒に伝えている訳ではありません。今までならば、各学部のところに掲示板があり張り紙などが張られており、そこに情報が詰まっていました。ですが、それだと見逃してしまう生徒も少なくなかったわけです。そこで、学生ニュースなどを配信するときには、より目を引くようにするためにディスプレイを使って動画でニュースを発信する仕組みを採用すると良いでしょう。デジタルサイネージのコンテンツを利用すれば画面が切り替わることにより、人々の視点をくぎ付けにすることが可能になり、より多くの内容を提供することができます。

オープンキャンパス情報で学校の魅力を紹介

大学が発信する情報は、大学生に対する情報だけではありません。大学にとって重要なのは、どれだけたくさんの受験生を集めるかになります。受験生を呼ぶときには、よほど有名な大学ならば別ですが、そうでなければキャンパスを見学する機会を提供することで受験生を集めるのがよいでしょう。実際に、どの大学でもたいていオープンキャンパスを1年に2回から3回ほど行っています。これをより印象的なものにするためには、デジタルサイネージのコンテンツ配信が必要となります。ディスプレイを導入してキャンパスでどのような学生生活が行われているかを配信することで、今までは印象に残りにくかった内容がより高校生やその保護者たちの頭に残るようになり、オープンキャンパスに来場する人が増える可能性があります。

クラブ紹介は学生主体の動画コンテンツで

大学に入学した学生のうち、その後何割かはクラブ活動を行います。クラブの運営をしている立場からすれば、一番新入生が入ってくる四月から五月ぐらいがクラブに学生を入れる狙い目になるでしょう。この時期にうまく勧誘することができれば、そのクラブ活動は一年間部員の確保ができ安泰といえるわけです。従来ならば積極的な勧誘を行い、張り紙などで情報を配信している場合がほとんどでした。ですが、デジタルサイネージのコンテンツを利用すれば、今までよりもよりインパクトを残すことが可能になります。ディスプレイに動画が表示されれば、その分だけ多くの新入生から注目を浴びるでしょう。結果的に、クラブ紹介に興味をもった生徒が入会してくる可能性が高まります。

学生作品のコンテンツで注目度アップを

デジタルサイネージと呼ばれるディスプレイを利用したコンテンツは、従来の紙ベースの情報に比べるとはるかに注目度が高くなります。ただ、デジタルサイネージを導入したとしてもその配信されている中身にインパクトかなければ意味がありません。そこで、可能な限り学生が主体となって作品を作るようにします。なぜ学生が主体になった方がよいかといえば、学生の視点で物事を伝えることができるからです。大学の情報は、これから入学をしようとしている生徒と保護者が見る機会が多くなるものの、中学校や高校受験とは異なり、保護者が主体となって大学選びをするよりも生徒が主体となって大学選びをする考え方が多くなるでしょう。この時、大学を選ぼうとしている生徒と年齢が近い生徒が訴えかけた作品を作れば、それを見た生徒の気持ちを動かすことができるはずです。

教育機関のアイデア まとめ

教育機関でデジタルサイネージをしようして多くの情報を効果的に配信するポイントは、
様々な機能やサービスを複数融合させるプログラムが必須であり、機能が充実したサイネージを選ぶことが重要です。
当然、更新頻度も多くなりますし、設置場所によって配信するコンテンツも多岐に渡りますので、
コンテンツの制作計画やシステム構築など、事前の準備と戦略をしっかりと立てることが大切です。
教育機関にはデジタルサイネージの無限のアイデアがありますので、是非導入をご検討下さい。

また、教育機関にデジタルサイネージを導入して効果的に運営して行くには、
ディスプレイの数や大きさ、一括コントロール出来るシステムの構成など、
長期に渡る運営計画と莫大な予算が掛かりますので、システムの構築を熟知した
実績と信頼のあるデジタルサイネージ制作会社への発注が必須となるのは当然です。