デジタルサイネージのコンテンツ ギフトショップのアイデア

ギフトショップでは誕生日、結婚式、お中元、クリスマスなど年間を通して
様々な商品が贈り物などを目的としたプレゼント用品として売られています。
最近では店舗を持たないネット上のカタログギフト販売も注目を浴びていますが、
やはり大切な人へのプレゼントは実際に手にとって選びたいものです。
数多くの品を扱うギフトショップにとってデジタルサイネージは最も効果的な
商品カタログになります。複数のディスプレイでカテゴリーを分ければ
プレゼントを選びやすくするばかりではなく、次回の購入にもつながります。
タブレットのような小さなデジタルサイネージでもタッチ式でコンテンツを
制作すればデジタルカタログとしての使用も可能になります。

ギフトショップ デジタルサイネージ運用のアイデア

ギフトショップにおすすめするコンテンツのアイデア

ギフトショップのデジタルサイネージ運用ではコンテンツのアイデアが最も重要です。
可愛いギフトボックスやカタログ、おしゃれなカードなども取り入れコンテンツ
また、祭事やセール時期に合わせたコンテンツのデザインも集客に大きな効果を上げます。
ギフトショップは商品が多いので、豊富な情報を表示できるデジタルサイネージとの相性は抜群です。
コーナーごとに小さなディスプレイを設置して、複数のサイネージ運用も有効なアイデアです。

ギフトショップのコンテンツは商品の情報量が決め手
「ギフトショップのコンテンツは商品の情報量が決め手」
使用コンテンツ:商品スライドショー、ギフトボックス、ギフトカード、プレゼントイメージ、セール

売れ筋の商品をデジタルカタログで展開

取扱商品が豊富なギフトショップではカテゴリーごとに整理した商品のデジタルカタログが販売につながる大事なコンテンツです。カテゴリーは、年間を通して売れるおすすめ商品や季節限定のおすすめ商品。結構式に喜ばれる贈り物。女性へのプレゼント。子供が喜ぶアイテムなど多岐にわたります。タブレット式のデジタルサイネージであれば商品掲載に限りはありません。お店のホームページと連動するなどの方法もありますし、一度構築してしまえば更新も楽なはずです。まずはデジタルカタログの導入を考えてはいかがでしょう。

ギフトボックスも大切なアイテム

ギフトを贈るときに大切なアイテムがギフトボックスです。プレゼントをもらった時にまずワクワクしてしまうようなラッピングやボックスにこだわりを持つ方も少なくありません。ギフトショップ側でも商品とは別にオリジナルのギフトボックスを制作し成功を収めている店もあるようです。このボックスでプレゼントを渡したいと思わせるようなおしゃれなギフトボックスでコンテンツを制作しアピールするのもひとつのアイデアです。おすすめの綺麗なラッピングやかわいいリボンなどイメージアップする要素が多くありますので効果的でしょう。

おしゃれなギフトカードも人気です

プレゼント選びに悩む人は多いでしょう。喜んでもらえるか?趣味に合っているか?すでに持っていないかなど、プレゼントをもらう側の気持ちをつい考えてしまいがちです。そんな時に便利なのがギフトカードですね。もらった人が好きなように使える利便性もあり今ではギフトのメイン商品となっています。そしてデザインも豊富なので、誕生日用や結婚式用、クリスマス用とカテゴリー別に整理したコンテンツがあれば選ぶ方も簡単に気に入ったカードが見つかります。紙のカタログでも代用できますが、デジタルサイネージで選ぶ方が購入する人も楽しいはずです。

歓びのイメージ映像も効果的です

プレゼントはあげてももらっても嬉しいものです。特に大事な人へプレゼントを贈ったときに見せてくれる笑顔は最高の歓びです。ギフトショップではプレゼントを贈る相手の笑顔を想像して選んでいる人も多いはずです。特に子供や孫などの笑顔はかけがいのない財産なので、そういったイメージ映像をコンテンツで配信するアイデアも効果的です。ギフトを通して結ばれる人と人の心は暖かみのある世界なので商品のみではなく人間味をアピールすることもギフトショップのイメージアップにもつながるのでおすすめです。

セール時期の広告戦略のポイント

ギフトショップで最も忙しい時期は、やはりクリスマスなどのイベント時期です。クリスマス以外でもバレンタインや母の日、父の日などセール時期の集客戦略を考えなくてはいけません。単純に「○○セール」などのポスター・コンテンツも大事ですが、おすすめなのはデザイン性の高いインパクトのある広告が効果を上げますので、他店のセールス広告とはひと味違うコンテンツ制作を心がけましょう。取扱商品が同じ場合、広告の打ち出し方が優れている方に人は流れていく傾向があるようです。