スポット系のコンテンツを考えてみよう

TOP | 社会の窓 | スポット系
スポット系のコンテンツを考えてみよう

スポット系のコンテンツをデジタルサイネージで表現する際はテーマパークや観光地、公共機関など
メインのスポットの情報を提供するのと共に、各スポットに訪れるまでの経路や連絡先も合わせて
案内すると目にした方はエンターテイメント性の高さに加えて実用性の高さも感じます。
また、テーマパークや観光地は季節に応じて屋外に咲き誇っている花などが変化するため、
1年間の中でも施設全体の雰囲気が異なって見える様子から、特定の季節のみの動画素材や画像素材を
するのではなく、各季節によって異なる表情を見せる様子が伝えられる素材選びをする事もポイントです。
同様に各施設で展示されている展示物や行われるイベントが1年間の中で違いがある場合には、
各展示物やイベントに1つずつフォーカスを当て、スライドショーのようにして表示内容を切り替えていくと
同じ場所でも時期によって違った楽しみが感じられる様子が伝えられてリピーターになってもらえます。

テーマパークのアイデア

観光を目的に訪れるインバウンドの訪日観光客の数が尚一層増加傾向ですが、
特に日本で生まれたアニメなどの文化は世界中に根強いファンを有しているため、
アニメを題材にしたアトラクションが多いテーマパーク施設には取り分けて訪日観光客が多いです。
テーマパークのコンテンツとしてはアトラクション紹介・施設情報・ショップ紹介・フードコート紹介など
デジタルサイネージでお届けする情報コンテンツは外国人にも理解して頂ける内容で手がける必要があるものの、
あらゆる母国語を話す方々が世界中から訪れているという点から言語や文字情報だけではなく、
サインやアイコンなどで案内表示をすると全ての人々に直感的に理解してもらえます。

テーマパークのコンテンツはサインやアイコンでわかりやすく
「テーマパークのコンテンツはサインやアイコンでわかりやすく」
使用コンテンツ:アトラクション紹介、施設情報、サイン看板、ショップ紹介、フードコート紹介

ミュージアムのアイデア

ミュージアムには数多くの貴重な作品が展示されていますが、展示したい作品数が多く展示スペースに
余裕が無いという場合には1枚のディスプレイで多くの情報が届けられるデジタルサイネージが重宝します。
1枚のディスプレイがあれば、アーティストのプロフィールや作品の内容や説明が行えますし、
ミュージアムに設置してあるデジタルサイネージでしか見られないインタビューやドキュメントを放送すれば
集中して視聴してもらえる上に、特別なコンテンツを目的にして訪れる人も増えるでしょう。
さらに今後の予定も流せば一度のみではなく、以後継続的な集客にもつながります。

ミュージアムのコンテンツはアートを掘り下げよう
「ミュージアムのコンテンツはアートを掘り下げよう」
使用コンテンツ:アーティスト紹介、作品説明、ドキュメント、過去の作品、今後の予定

ホテルのアイデア

ホテルにデジタルサイネージを設置する場合は、ホテルで行なえるブライダルの情報や
ホテル内で受けられる体験の情報、レストランやバーの情報、近くの観光スポットなどをお届けすれば
受付に際し順番待ちが発生していても、お客様にコンテンツを視聴して頂きながらお待ち頂けます。
お待ち頂いている時にお客様にホテルにチェックインした後の過ごし方が提案できます。
また、エントランスなどのくつろげる空間の場合は美しい風景やアートコンテンツを流すことで、
来客者にくつろいでもらい、ホテルのイメージアップやブランディングも高まることでしょう。

ホテルのコンテンツは情報を整理して有効的に
「ホテルのコンテンツは情報を整理して有効的に」
使用コンテンツ:ブライダル、レストラン、バー、近くの観光スポット、アート作品

観光地のアイデア

観光を目的とするデジタルサイネージでは、地域の特産品やおみやげを主張するのが効果的です。
名所の解説の中に特産品に関連するコンテンツを掲げておけば、強烈なインパクトを残すことができます。
また、地図などのわかりやすい案内をアイコンやデザインのコンテンツで表示することも1つの手段です。
日本語だけではなく、英語、韓国語、中国語、フランス語などの表記も掲載させておくことで
初めて訪れる外国人観光客にとっても魅力的な宣伝を行うことができます。

観光地のコンテンツはインバウンド対策を
「観光地のコンテンツはインバウンド対策を」
使用コンテンツ:解説、地図、インバウンド、交通案愛、特産品

スポット系のコンテンツをデジタルサイネージで主張する場合には、観光地として紹介できるポイントに焦点を絞ることが大切です。
例えば、テーマパークやパワースポットなどのアイデアを考える場合には他とは異なった部分を主張しなくてはいけません。
特に、近年は訪日観光客の増加も相まって日本人だけではなく外国人にもわかるアイデアが必要になっています。
わかりやすいのが、その地域だけに特有の色をきちんと出すことです。仮に、その地域でアニメなどで有名なスポットが
存在する場合にはそれを前面に出すことによって、文字通りデザイン性に優れたデジタルサイネージを作っていくことができます。
アニメ表現は外国人にも受け入れやすいものですし、特に日本のアニメ文化は世界的にみても非常に評価が高い傾向があります。
同様に、ミュージアムやその周辺で宿泊できるホテルも地域独自性の色を出すことで宣伝を行うことができるようになります。

コンテンツ絵巻