デジタルサイネージのコンテンツ テーマパークのアイデア

日本のテーマパークランキングのトップ3は3年連続の1位「ユニバーサルスタジオジャパン」
2位「東京ディスニーシー」3位「東京ディズニーランド」で不動の地位を獲得しています。
「富士急ハイランド」などのアトラクション系、ハイステンボスなどのリゾート系も人気が高いですが、
最近ではキャラクターをメインしたテーマパークが人気を集めています。なかでも
「サンリオピューロランド」「横浜アンパンマンこどもミュージアム」「東京ワンピースタワー」は
子供たちに人気の高いテーマパークです。テーマパークでは早々とデジタルサイネージを導入し
施設案内やアトラクション紹介、ショータイムの告知などを積極的に配信しています。
今後の課題としては、外国人観光客に対応出来るインバウンド・コンテンツの導入でしょう。

テーマパーク デジタルサイネージ運用のアイデア

テーマパークにおすすめするコンテンツのアイデア

観光を目的に訪れるインバウンドの訪日観光客の数が尚一層増加傾向ですが、
特に日本で生まれたアニメなどの文化は世界中に根強いファンを有しているため、
アニメを題材にしたアトラクションが多いテーマパーク施設には取り分けて訪日観光客が多いです。
テーマパークのコンテンツとしてはアトラクション紹介・施設情報・ショップ広告・フードコート紹介など
デジタルサイネージでお届けする情報コンテンツは外国人にも理解して頂ける内容で手がける必要があるものの、
あらゆる母国語を話す方々が世界中から訪れているという点からデジタルサイネージのコンテンツは、
言語や文字情報だけではなく、サインやアイコンなどで表示をすると全ての人々に直感的に理解してもらえます。

テーマパークのコンテンツはサインやアイコンでわかりやすく
「テーマパークのコンテンツはサインやアイコンでわかりやすく」
使用コンテンツ:アトラクション紹介、施設情報、サイン看板、ショップ紹介、フードコート紹介

アトラクションの紹介コンテンツ

テーマパークのメインでるアトラクションは集客の一番の柱です。長時間待っても一度は体験してみたい魅力あるアトラクションがテーマパークの強みです。この待ち時間を利用して、他のアトラクションが何分待ちとか、アトラクション内に設置したライブカメラでお客さまの反響とかをリアルに伝えたり、人気のフードコートやおすすめのお土産情報などをデジタルサイネージで配信すれば、お客さまも待ち時間も有効活用できます。アトラクションの待ち時間に有効なコンテンツを配信できれば、更なるリピーターへとつながるでしょう。

施設情報と防災対策の重要性

施設全体をくまなくマップ化して情報化することは当然必要なことです。近年人が集まる場所に求められるのが、緊急災害時の安全対策です。災害時の避難場所や避難導線など、正確で迅速な情報配信が求められます。緊急時の情報配信ツールとしてデジタルサイネージは最も効果的な手段です。テーマパーク内に設置された全てのデジタルサイネージを一括管理して、時間差のない正確な情報を施設全域に届けることが必要です。防災対策部署と連携を取って災害時に備えたいものです。

インバウンドのサイン看板

東京2020オリンピック、パラリンピックに向けてさらに多くなっている外国人観光客の数。テーマパークへの来場者も年々増え続けています。デジタルサイネージのコンテンツにおいて今後の課題は外国人に対応したインバウンド・コンテンツの制作です。ポイントになるのは数カ国語を表示することですがスペースには限りがあります。そこで導入したいのがデザイン化したアイコンやサインの表示です。トイレであったりバス停であったり、世界共通で認識できるアイコンは数多く存在します。アイコンを使用したわかりやすいデザインがデジタルサイネージのコンテンツ制作のポイントになります。

個相乗効果を狙うテナントショップのアイデア

テーマパーク内にあるテナントショップはが売り上げを伸ばすには、独自のデジタルサイネージ戦略が必要です。テーマパークへ訪れる人の数は多いですが、ショッピングのほとんどがキャラクターなどのお土産になってしまうのが現状です。少しでも注目を浴びて購買につながるツールとしてデジタルサイネージの広告が効果を発揮します。当サイトは様々なショップが展開するコンテンツのアイデアも紹介していますので、集客や広告のアイデアの参考にして下さい。

フードコート案内も大切なコンテンツです

テーマパークを訪れたほとんどの人が利用するのがフードコートでしょう。フードコートも待ち時間が長く辛いものです。特にお腹を空かせた子供たちは辛抱出来ないものです。単純にメニューやおすすめなどの広告を配信するだけではなく、テーマパークの主催と協力してキャラクターによるおすすめメニューの紹介やクイズなど、デジタルサイネージで配信できるコンテンツは無限にあります。ちょっとしたアイデアで人気のお店になり、インスタグラムで拡散されるかもわかりませんね。