デジタルサイネージによる新たなスペース空間演出
Pictpascal Artistic Signage System【PASS】
ピクトパスカル・アーティスティック・サイネージ・システム

Pictpascal Artistic Signage System

デジタルサイネージの普及に伴い、これからは単なる「広告媒体」として役割から、
空間を演出するエンターテイメントの目的でデジタルサイネージが使用されていくことは明らかです。
ピクトパスカルでは、新しいデジタルサイネージの演出も視野に入れたシステム開発を進めています。
Pictpascal Artistic Signage System【PASS】は次世代のデジタルサイネージのシステムです。
【PASS】とは「足」「歩み」「進む」などを意味します。未来に繋がるコンテンツ制作を目標に、
世の中に夢を与える新たなデジタルサイネージの価値創造に挑戦しています。

デジタルサイネージの新たなスタイル:「ピクトパスカル・アーティスティック・サイネージ・システム」コンテンツサンプル
デジタルサイネージの新たなスタイル:
「ピクトパスカル・アーティスティック・サイネージ・システム」コンテンツサンプル

デジタルサイネージによる空間演出のポイント
空間を創出する8つのデザイン要素

空間デザイン:建築設計上の空間デザイン。場所やスペース、外観など
内装デザイン:建築設計上の内装デザイン。天井、壁、床など(材質・色も含む)
インテリアデザイン:演出する空間に設置されたインテリアや装飾品など
照明デザイン:建築設計上の間接照明と新たに設置した演出照明デザイン
音響デザイン:音楽そのもののデザインと音響システムのデザイン
映像デザイン:デジタルサイネージのコンテンツによる映像デザイン
インタラクティブデザイン:人間の動きにリンクしたインタラクティブなデザイン
香りのデザイン:空間演出の質を向上させる香りのデザイン


これら8つのデザイン要素がそれぞれ融合され空間演出は創出されます。
もちろん全ての要素が揃わない場合もありますが、空間、照明、音響、映像の4つは欠かせない要素です。
特に映像の表現力が空間演出の優劣を決定する大きな鍵となることは間違いありません。


デジタルサイネージによる空間演出のポイント・空間を創出する8つのデザイン要素
デジタルサイネージによる空間演出のポイント・空間を創出する8つのデザイン要素


スペイシャルサイネージシステム

Spatial Signage System
スペイシャル・サイネージ・システム

スペイシャル・サイネージ・システムはマルチ・ディスプレイと「空間立体音響」を融合させた
デジタルサイネージの映像演出では最先端・最高峰のスペイシャル・システムです。
マルチ映像の演出は、多くのアミューズメントやテーマパークで見る機会が増えました。
素晴らしい作品も多く、勿論これまでも音楽制作に手を抜いてきた訳ではありません。
ピクトパスカルでは当サイトのシステム開発、サウンドエンジニアも務めている
サウンド&システムクリエイターの勝本道哲博士が開発した「空間立体音響システム」を
導入した、今までにない新たなデジタルサイネージの演出を提供します。

ピクトパスカルのスペイシャルサイネージシステム
デジタルサイネージの新たなスタイル、ピクトパスカルのスペイシャルサイネージシステム

「空間立体音響システム」とは

従来とは全く異なる音響環境を提供する、空間波動再生型の音響技術の理論から生まれました。
従来の音響技術は、聞く人の周囲に音を提供し、心地よく聞こえる位置や、
その環境の中に入ってもらう、あるいは没入してもらうという形のものです。
私たちは、波面合成法というこれまでに無い技術を応用した方法で、
奥行きの表現が可能で演奏者や楽器が、あたかもそこで演奏されているように
聴こえる空間立体音響システムを実現しています。

スペイシャルサイネージシステム

SSSのコンテンツ制作のポイント

デジタルサイネージと最新音響テクノロジーが融合した新たな空間演出
スペイシャル・サイネージ・システムは映像の動きと音声をリンクするシステムです。
構成・選出コンテを元に計画的なコンテンツ制作が必要ですが、その効果は絶大です。

デジタルサイネージの新たなスタイル:「ピクトパスカル・アーティスティック・サイネージ・システム」コンテンツサンプル1
デジタルサイネージの新たなスタイル:
「ピクトパスカル・アーティスティック・サイネージ・システム」コンテンツサンプル1
デジタルサイネージの新たなスタイル:「ピクトパスカル・アーティスティック・サイネージ・システム」コンテンツサンプル2
デジタルサイネージの新たなスタイル:
「ピクトパスカル・アーティスティック・サイネージ・システム」コンテンツサンプル2

フリースタイルサイネージ

Free Style Signage
フリー・スタイル・サイネージ

ピクトパスカルでは、これから普及するであろう規格外ディスプレイにも対応しています。
フリー・スタイル・サイネージとは、通常の16/9の縦横以外にも、スクエア(四角)、ダイヤモンド(菱形)
ワイドやスリム、ウルトラワイドやスーパースリムの縦横など、幾つもの規格の違うディスプレイを組み合わせて
今までには無い発想で、見る人を魅了する斬新なデジタルサイネージを発信するスタイルです。
フリー・スタイル・サイネージは空間をスタイリッシュに演出しインスタ映え間違えなし。

フリースタイル・コンテンツのサンプル
デジタルサイネージの新たなシステム、
フリー・スタイル・サイネージのサンプル

フリー・スタイル・サイネージのディスプレイ

フリー・スタイル・サイネージのディスプレイは、従来のディスプレイを元に開発された、
低価格で製造可能な新しいスタイルのデジタルサイネージ用ディスプレイです。
通常の液晶ディスプレイは2つから4つの再生モジュールと液晶パネルで作られています。
この部分を分離する事で、幾つもの規格の違うディスプレイを組み合わせることが可能になったのです。
このディスプレイの登場でデジタルサイネージの可能性は更に大きく広がりました。

フリースタイルサイネージの規格外ディスプレイの例

フリー・スタイル・サイネージの展開案

フリー・スタイル・サイネージはどのような空間でも展開することが可能です。
地下街の通路や、くつろげるおしゃれな空間、店内、サロン、アパレルの店頭など、
ワイドとスリムの組み合わせ、スクエアを45度回転し菱形で使用するなどのアイデアで
表現方法は無限に広がります。複数のコンテンツの映像同期もスムーズにプログラムできます。
まさにデジタルサイネージは空間を「アートギャラリー」に変えてしまいます。

フリースタイルサイネージの参考例1
フリースタイルサイネージの参考例2
フリースタイルサイネージの参考例3
フリースタイルサイネージの参考例4
フリースタイルサイネージの参考例5
フリースタイルサイネージの参考例6
フリースタイルサイネージの参考例7
フリースタイルサイネージの参考例8

FSSのコンテンツ制作のポイント

フリー・スタイル・サイネージは小さなシステムでも効果を発揮します。
数台が連動するシステムも迫力がありますが、通常のサイズとは違うデジタルサイネージが1台あるだけでも
人の目には新鮮に見えるに違いありません。初めは小さなディスプレイ数台で始めることをおすすめします。
デジタルサイネージの表現を大きく変えるピクトパスカルの「フリー・スタイル・サイネージ」。
既存コンテンツの応用も可能ですので、規格外ディスプレイの導入も含めご相談下さい。

フリースタイル・サイネージのコンテンツ

フリー・スタイル・サイネーはディスプレイの設置や配線など複雑な部分もあります。
新規開店の店舗や新規改装の店舗など、店舗設計士や内装インテリアデザイナーなど
店舗設計、改築設計の段階からシステム構築を進めるのが望ましいですので、
導入をお考えの方は、早めにピクトパスカルまでご相談下さい。