あなたのお店のデジタルサイネージ・コンテンツのレビューです。


デジタルサイネージ導入運用の店舗事例として、

ビューティーサロン、ヘアサロン、ネイルサロン、スパ、カフェ、レストラン、キッチン、バー、

ブティック、アクセサリー、花屋、酒屋、パン屋、ケーキ屋、ペットショップ、スポーツジム、

ホテル、ブライダル、交通機関、設計事務所、広告制作会社、スマホ広告、玩具、文具、書店、

写真館、スーパー、ディーラー、レンタル、保険会社、地域プラザ、リサイクルショップ、

美容外科、メンタルクリニック、小児科、歯科、スポーツマッサージ、針灸などの医療機関、

また、年々増え続ける外国人観光客をターゲットにした、着物、染め物、扇子、傘、和菓子、お茶、

日本工芸、陶器、割烹、料亭、居酒屋、武道、舞踊、温泉、観光地などのインバウンドにも対応した

幅広い分野の動画コンテンツを提供し、お客さまのサイネージ導入・運用をサポートしていきます。

色々なお客さまの運用事例を参考に、あなたも効果的なアイデアを考えてみてください。



ピクトパスカルはお客さまの店舗を「アートギャラリー」と捉えています。

デジタルサイネージのコンテンツは単に集客や広告、ニュース、商品情報の表示・配信ツールではありません。

くつろげる空間を動画や映像で演出。トータル的なブランディングイメージアップが可能です。

近年、急速に加速するデジタルサイネージの普及はブランディング効果の柱となっていきます。

特にカフェ、レストラン、ヘアサロン、ビューティーサロンなどは、ショップと比較しても滞在時間が長く

デジタルサイネージによるリラクゼーションとブランディング効果は大きくなります。

東京2020に向けて激増する外国人観光客をターゲットにしたインバウンドにもデジタルサイネージが有効です。