デジタルサイネージとは?デジタルサイネージの基礎知識

デジタルサイネージの意味

デジタルサイネージとは、商業施設、公共施設、交通機関、店舗などで、看板やポスターに代わりに、
ディスプレイやプロジェクターなど使用して、映像や情報を表示・配信させる次世代の情報媒体システムを指します。
「SIGNAGE」の語源は「看板」を意味するので「DIGITAL SIGNAGE」は、直訳すると「電子看板」になります。
またデジタルサイネージは、「デジタル看板」「電子サイン」「デジタル窓」などと呼ばれることもあります。

デジタルサイネージの概要

デジタルサイネージは低価格なディスプレイやモニターの設置だけで簡単に導入することができるシステムで、
テレビや新聞、インターネットの広告に続いて、今後、最も普及していくデジタル広告媒体として注目されています。
最もイメージしやすい事例は、ビルの壁面に設置された大型ビジョンや、電車内のドア上に設置された、
案内やニュース映像が流れるディスプレイ、CMが放映されているディスプレイなどです。

他にも、商業施設などの売り場やエレベーターホール、駅構内のディスプレイなど、広告メディアとして多くのメリットを
持つことに加え、ディスプレイや、インターネットといったデジタルサイネージに関連するデジタル技術が進歩し、
ここ数年で急速に普及しています。「デジタルサイネージ」の概念は広く、設置場所、ディスプレイの大小、
用途を問わず、何らかの情報を配信しているディスプレイは「デジタルサイネージ」と捉えてよいでしょう。
また、プロジェクターで投影された映像もデジタルサイネージにという概念に含まれています。

デジタルサイネージの可能性は無限大

デジタルサイネージは広告、ニュース、サービス情報を動画や静止画像として表示・配信することが可能で、
販促プロモーションや集客はもちろん、災害、緊急時の避難速報など、様々なニーズで効果を発揮します。
デジタルサイネージは多機能なディスプレイも多く、システムの組み方次第で可能性は無限大に広がります。
デジタルサイネージに出来ること、これから広がっていく運用例を幾つかご紹介します。

デジタルサイネージの多彩な活用例

1:リアルタイムで変化する多種多様な情報配信

ニュース、天気・気温などの一般情報や災害情報、避難導線など緊急時に配信する情報など、
即時性が求められる情報も、インターネットなどと連携したリアルタムなコンテンツ配信が可能です。

2:スケジュールに合わせた自由な配信プログラム

デジタルサイネージのコンテンツ再生ソフトの多くが、日時や曜日の指定ができるモノが多く、
細やかなスケジュールを組んだ配信プログラムでの運用が可能です。

3:クラウド・ネットワーク配信での情報一括管理

クラウド・システムなどのネットワークを経由して、違う場所に設置されているディスプレイを
1台のPCでコントロールし、コンテンツ情報の一括管理が可能です。

4:マルチディスプレイによる複数情報の一括配信

複数台のディスプレイを繋ぎ合わせて1台の大画面そして配信するマルチディスプレイは、
ディスプレイの台数分の情報や分割画面にした情報の配信も可能です。

5:ネットワークによる双方向コミュニケーション

特定のハッシュタグが付いているコンテンツのみをデジタルサイネージの画面で配信したり、
デジタルサイネージとSNSなどの連携した双方向のコミュニケーションも可能です。

6:タッチパネルによるニューザー重視の情報配信

ユーザーが求めている情報を提供できるシステムには、タッチレスパネルが有効です。
最近は感染対策にもなる、タッチレス(非接触)タッチレスパネルの開発・運用も進められています。

7:インバウンドに対応した多国語対応の情報配信

多くの外国人観光客に対応するためには、多国語に対応できるデジタルサイネージが‘必要です。
タッチパネルやAIによる音声認識でインバウンドに対応した多国語対応の情報配信が可能です。

8:小型ディスプレイを使用したメニューボードやデジタルカタログ

タブレットや小型ディスプレイを利用してユーザーが直接オーダーできるメニューボードや、
数多くの商品を簡潔にまとめたデジタル・カタログなどもデジタルサイネージの活用法のひとつです。

9:カメラ搭載ディスプレイでAI分析できるデジタルサイネージ

カメラ搭載ディスプレイが撮影した画像からAIが情報を分析し、ユーザーにとって
最もふさわしいと思われる情報やサービスを的供できるサイネージです。

10:インタラクティブによるエンターテインメント

人の動きに合わせてコンテンツが変化するエンターテインメント性の高いコンテンツは、
話題性も含め、一般の情報コンテンツとは違った価値を生み出してくれます。

11:特殊ディスプレイを使用した空間デザイン

デジタルサイネージの魅力は、広告や情報発信だけではありません。特殊なディスプレイで空間を演出し、
芸術性の高いコンテンツを配信することは、新たな価値創造へつながる貴重な試みです。

12:ありとあらゆる場所に設置が可能な広告媒体

デジタルサイネージのディスプレイの技術革新は日々、発展しています。
フィルム・ディスプレイやシースルー・ディスプレイなど、今まで設置が不可能であった
ありとあらゆる場所にデジタルサイネージのディスプレイの設置が可能になっていきます。

このように、デジタルサイネージは使い方次第で、様々な情報をコントロールして配信することが可能です。
常に最新のデジタル技術を取り込んで進化していくデジタルサイネージは、これからもその可能性を広げていくでしょう。


デジタルサイネージ 虎の巻

ここでは、デジタルサイネージとは、いったいどんなシステムや仕組みを使用して情報を配信しているのか?
デジタルサイネージの歴史や市場・展望、用途や使い方、効果的な導入事例、効果やメリット、運用の注意点は?
広告市場、ネットワークやグラウドなどの配信の仕組み、LEDや液晶などのディスプレイ・モニターの種類や規格、
屋内や屋外などのデジタルサイネージの販売価格、コンテンツの種類やファイル形式、デジタルサイネージの未来など、
様々な角度から、今、注目を集めているデジタルサイネージの概要・基礎知識を十二巻にまとめました。


第一巻:デジタルサイネージの歴史・市場と展望













デジタルサイネージとは まとめ

デジタルサイネージ「虎の巻」では、デジタルサイネージの概要や基礎知識を説明してきました。
みなさもご存知のように、私達を取り巻くデジタル社会の仕組みや技術は日々変化しています。
驚異的なスピードで進化してくデジタル技術は、常にデジタルサイネージを進化せていきます。
ピクトパスカルでは、これからもみなさまに最新情報を提供できるよう尽力して参ります。

実際にデジタルサイネージの導入や買い替えをお考えの方、ディスプレイの比較などは、
「デジタルサイネージ・ディスプレイの比較と購入のポイント」を参考にしてください。

デジタルサイネージの関する最新情報やコンテンツ制作に必要な知識や最新機材などは、
デジタルサイネージ・制作ブロク「クリエイティブ・シンクタンク・虎の穴」にも、
随時、掲載していきますので参考にしてください。


デジタルサイネージを運用するにあたって

デジタルサイネージは様々なデジタル技術を使用していますが、決して難しいものではありません。
そして、その技術は刻々と進化し、1年前の技術が古く感じるほどその進歩はスピードを増しています。
最低限の知識はあった方がスムーズな運用になると思いますが、最初は知識が無くても大丈夫です。
多くの知識よりも、見ていただく人々に「何を発信したいか」が大切だと思います。

ピクトパスカルではみなさまに安心してデジタルサイネージの運用をして頂くために、
低価格でハイクオリティーなコンテンツ、無料コンテンツ、無料テンプレート、無料素材、
またリーズナブルなワンコイン(500円)コンテンツをご用意しています。
ピクトパスカルのコンテンツはデジタルサイネージ・コレクションをご覧ください。
デジタルサイネージで発信する歓びを共有できれば、これほどの歓びはありません。