第八巻 デジタルサイネージの価格の相場

第八巻は、デジタルサイネージで使用されるディスプレイ・モニターは、
次々に新しいモデルが発売され、価格は下がってきています。
我々の身近になったデジタルサイネージの「価格の相場」の解説です。


デジタルサイネージの価格の相場

 はじめに、デジタルサイネージの価格といっても、当然ですが千差万別で、日進月歩変化しています。ディスプレイのサイズや解像度、パネルの品質、多機能なペック等で大きく変わってきます。数万円から、数百万までの価格帯の違いはどこにあるのか?デジタルサイネージの価格の傾向を考えてみます。

■屋内デジタルサイネージの価格の傾向

 屋内用のデジタルサイネージは低価格な商品が多く販売され、デジタルサイネージの導入を後押ししている存在です。価格の違いはディスプレイのスペックによるものがほとんどですが、3万円~100万円位の価格帯に収まっています。それではスペックごとに比較していきましょう。
※比較はあくまでも傾向です。具体的な製品情報は「SELECT POINT」を参照してください。

■ディスプレイサイズの比較

7インチ~42インチ 1万円~20万円位
47インチ~80インチ 25万円~50万円位

■解像度の比較

HD 3万円~30万円位>br>4K 20万円~50万円位

■パネルの比較

液晶パネル 5万円~40万円位>br>有機ELパネル 30万円~70万円位

■輝度の比較

500カンデラ 10万円~20万円位
1.000〜1.000.000カンデラ 25万円~100万円位

■機能の比較

データ再生のみ 3万円~20万円位
多機能  25万円~50万円位

屋内デジタルサイネージの価格

屋外サイネージの価格

屋外デジタルサイネージの価格の相場

 屋外用のデジタルサイネージは大きく2つに別れます。ひとつは店頭などの設置する自立式のサイネージです。もうひとつは、ビルの壁面に設置されている大型の街頭ビジョンです。

■屋外用大型デジタルサイネージの価格の傾向

 屋外用ディスプレイも屋内用と同様に、サイズや解像度、パネルの種類などによって価格が変わってきますが、特に価格の差が出るのが、耐久性になります。雨風を凌ぐための防水や防塵などの規格を表すIPコードの高いディスプレイが高額になる傾向です。IPコードとは2003年に国際電気標準会議で定められた、デバイスの固形物、水に対する保護性能を表す規格です。 二桁の数字で表示されますが、ひとつ目の数字は防塵性能を、ふたつ目の数字は防水性能を示しています。 IP56ならば、防塵性能がレベル5、防水性能がレベル6ということになります。屋外サイネージを選択するときはIPIP53以上を目安にすると良いでしょう。
 もうひとつ、屋外ディスプレイの価格で差がでるのが、ディスプレイの輝度です。屋外は、当然外光の影響を受けてしまうので、外光に負けない輝度が必要になってきます。設置する環境によって異なりますが、最低でも1.000cd/m²。できれば1.500cd/m²以上のディスプレイを推薦いたします。

■街頭ビジョンの価格はLEDパネルのピッチ(LEDの間隔)で決まる

 街頭ビジョンの殆どが高額なLEDパネルを組み合わせて作られています。サイズでいえば300インチから1.000インチ以上まで、数百万から数千万円かかることもあります。またビジョンを管理する映像システムも高価な機材が必要となってきます。LEDビジョンで大きく価格の差が出るとすれば、LEDの光体の密度(ピッチ)です。各LEDの間が何ミリピッチかによって、解像度が変わってきます。高密度のピッチで3mmがありますが、現在では0.95mmという最高精細のLEDも存在します。


特殊なデジタルサイネージの価格の相場

■特殊なディスプレイの価格

 通常の規格以外のデジタルサイネージも多く販売されてきました。
・タッチパネル式サイネージ
・ミラーディスプレイ・サイネージ
・シースルーディスプレイ・サイネージ
・フィルムディスプレイ・サイネージ
・両面サイネージ
・AI機能付きサイネージ
・16/9以外の規格外ディスプレイ
と、掲げればきりがない程、新しい製品の開発が進められています、価格も様々です。

 登場したばかりの製品は高額な場合が多いですが、直ぐに技術は真似をされて、似たようなディスプレイは次々に販売されていきます。特に海外のデジタルサイネージ製造メーカーの順応性は早く、日本の市場にも海外製の数多くのデジタルサイネージが参入しています。

 特殊なデジタルサイネージを導入することで、話題性や他店との差別化ははかれますが、価格低下のスピードも早いので、購入のタイミンを見極めることが最も重要です。また、特殊なディスプレイは、コンテンツも特殊になりますので、コンテンツ制作も「価格」の一部として考慮しておくことも大切です。

 特殊なディスプレイの比較や販売会社の情報は、
「ユニークなデジタルサイネージ用ディスプレイ」を参考にしてください。

特殊なサイネージの価格


ピクトパスカルのデジタルサイネージ用コンテンツ

ピクトパスカルではみなさまに安心してデジタルサイネージの運用をして頂くために、
低価格でハイクオリティーなコンテンツ、無料コンテンツ、無料テンプレート、無料素材、
またリーズナブルなワンコイン(500円)コンテンツをご用意しています。
ピクトパスカルのコンテンツはデジタルサイネージ・コレクションをご覧ください。
デジタルサイネージで発信する歓びを共有できれば、これほどの歓びはありません。