ビューティーサロン・美容系の
コンテンツ・アイデアを考えてみよう

女性の利用者が多いビューティーサロン系で、デジタルサイネージを導入し効果的に配信する場合には、
そのサロンの特徴を上手に伝える美しくおしゃれな動画コンテンツを制作することが重要となります。
それぞれのサロンのサービスや特徴を端的に表現する広告コンテンツが求められるほか、
利用を考えている顧客を安心させる内容を盛り込むのも非常に重要なポイントとです。

エステサロンのコンテンツでは、女性が求めるものは美しい肌や整った容姿であるため、
実際の施術の様子よりも、美しい女性のスタイルなどを映し出す方が非常に効果があると考えられます。
ネイルサロンやヘアサロンのコンテンツ場合には、その爪の美しさや髪の美しさなどを
更におしゃれに表現するクオリティーの高いデザインとセンスが求められるのです。

リラクマの場合には、店内の雰囲気に合った、ゆったりとした音楽やリラックスできる映像などを
表現しリラクゼーション効果を上げるのもデジタルサイネージの1つの効果的な方法となっており、
マツエクではまつげの状態だけで表情が大きく変わるその様子をディスプレイで配信すると
非常に効果的なものとなります。さらにデザイン的には、配色をそれぞれ美しく見せるようにする
トータルコーディネートを上手に行うことが必要で、これにより集客力を高める効果があります。

ヘアサロンのアイデア | ネイルサロンのアイデア | エステサロンのアイデア
マツエクのアイデア | リラクマのアイデア | コスメのアイデア


ヘアサロンのアイデア

女性がおしゃれで一番気を遣うポイントがヘアスタイルといわれています。
年々増加するヘアサロン運営において顧客確保の戦略が最も大切なポイントです。
デジタルサイネージはデザイン性の優れた動画コンテンツを簡単に配信できるので
ヘアサロンの宣伝ツールとしてデジタルサイネージは最高のパフォーマンスを発揮することでしょう。

ヘアサロンのブランディングをアップして
リピーターへとつながるアイデアの詳細


ネイルサロンのアイデア

ネイルサロンでデジタルサイネージを使用する場合は季節に応じてコンテンツを変化させる事が大切です。
最近は、ネイルアートを自身で行う女性も多くいますので、ネイルアート体験や教室の情報や、
ワンポイント・アドバイスを作成して配信する事もリピーター確保に繋がる大切なアイデアです。

ネイルサロンの魅力を伝えてリピーターへとつなげる
広告コンテンツ制作とアイデアの詳細


エステサロンのアイデア

エステサロンは肩や首、腰などの筋肉に生じている凝りを解消させる目的の他に静かで落ち着ける空間で
リラックスしたいという気持ちを持って利用する方も多いので、デジタルサイネージのコンテンツ・デザインは
アート写真や自然動画を使用するなど、お店のブランディングをアップさせながら固定客を伸ばす戦略も必要です。

さらに、施術中に香りで癒やされたいという利用者も多いので選べる香りの効能や情報を配信したり、
コースメニューなど、施術のサービス内容についても詳しくお伝えしたりすることで人気が高まっていきます。
そして注意したいポイントは音楽です。アート作品でもネイチャーBGVにしても映像に合った
音楽が使われているコンテンツを選びましょう。店内のBGMでは効果が下がってしまうからです。

「エステサロンのコンテンツはリラックス重視」
使用コンテンツ:メニュー,自然BGV,アート作品,香りの効能,サービス内容

マツエクのアイデア

マツエクのサロンのイメージを表現するコンテンツのアイデアには、1つはマツエクを行うことで
女性の表情が美しく変化する様子を抽象的に描いたものが非常に効果的であると考えられます。
その中でクレンジング、マスカラのデザイン、およびまつげパーマの方法などを映し出すことで
その効果をイメージすることが可能となるのです。様々な種類を重ねて表示する手法も非常に効果的な
方法となっており、誰でもマツエクで美しくなることができるイメージを印象付けるものとなります。

デジタルサイネージなら美しく変化する動画の制作も可能ですので、おしゃれでデザイン性に優れた
コンテンツを配信し、でサロンのイメージアップとブランディングアップをはかりましょう。

「マツエクのコンテンツは美しく変化させよう」
使用コンテンツ:マスカラデザイン,まつげの変化,イメージデザイン,メニュー・マスカラモデル

リラクマのアイデア

リラクマッサージのコンテンツの場合にはサロンの内部の様子のイメージや、メニューなどを
表示する非常にシンプルな方法が喜ばれます。基本的にリラクゼーションの場合には落ち着いた雰囲気が
好まれることが多くですが、しっかと、おすすめの商品やサービスなどもアピールしたいものです。
そのためには、リラクゼーション・コンテンツとアピール・コンテンツのバランスが大切になります。

デジタルサイネージなら動画コンテンツと静止画の再生プログラムを簡易に作ることができます。
また予約方法やその他の情報の表示によって、非常にわかりやすい店舗であるイメージを
アピールすることにもつながります。音楽もリラックスできるものを選ぶとより高い効果が期待できます。

「リラクマのコンテンツは癒しを中心に」
使用コンテンツ:コースメニュー,自然BGV,アート作品,おすすめ商品,店内イメージ

コスメのアイデア

コスメでデジタルサイネージを利用した方法はディネットがすでに様々な手法を開発しており、
非常に高い効果をあげています。取り扱いブランドを表示させるほか、最近流行のボックスデコルテや
コスメの収納小物などのアイテムが最近は注目されているようです。しかしコスメの場合には様々なメーカーを
取り扱うことも多いため、そのイメージを崩さないようにしながら多くをコンテンツで紹介できることも
デジタルサイネージの大きなポイントとなっており、非常に高い効果を生み出すものとなっているのです。
デジタルサイネージを収納する場所によってもコンテンツの内容が変わるため、小さなディスプレイを
数台使用し、コスメの商品に合わせたおしゃれな広告コンテンツの配信が重要なポイントとなってきます。

「コスメのコンテンツはブランドとトレンドのバランスを」
使用コンテンツ:ブランド商品,トレンド商品,ボックスデコルテ,収納小物,デジタルカタログ

ビューティーサロン・美容系のアイデア まとめ

ビューティーサロン系でデジタルサイネージを導入し有効に運用するアイデアのポイントは
やはり、女性に好感を持っていただけるおしゃれなデザインやサービス、そして気配りでしょうか。
同じ商品を扱っていてもコンテンツの見せ方ひとつで集客が大きく変わってきます。
宣伝や集客のためのコンテンツと、商品やサービスの情報を配信するコンテンツは目的が違うので
可能な限り屋外に設置するディスプレイと屋内に設置するディスプレイを用意して配信しましょう。

また、流行に敏感なことも重要な要素ですのでコンテンツを更新するタイミングも大切です。
フォーシーズンの季節だけではなく、バレンタインやクリスマスなどイベント時期も含め
年間のコンテンツ配信計画を立て、低予算で効率の良いデジタルサイネージの運用が必要です。

ビューティーサロン・美容系に
おすすめのコンテンツはこちら



今後は導入事例なども交え、デジタルサイネージ運用のアイデアを掲載していきます。
また、デジタルサイネージ・コレクションにも、様々なアイデアが溢れていますので御覧ください。