レストラン・飲食店にオススメする
デジタルサイネージ運用のアイデア

レストラン・飲食店のコンテンツ制作のポイント

レストランや飲食店で、家族や恋人、大切な友達などで食事をすることは、大きな喜びです。
日々の食事はもちろんですが、おしゃれな空間のレストランで素敵な一時を過ごしたいと感じるのは
特別な日という方が多いため、一層素敵な思い出に演出するにはデジタルサイネージが効果的です。

このレストランでなければ頂けない特別なメニューを表示させ集客することも大切ですが、
メニュー系の広告コンテンツだけではなく、お店の雰囲気に合わせたイメージBGVをディスプレイに映すなど、
ご利用頂いた人がまた来たくなるような、好感度を持たせるコンテンツにも気を配りましょう。

レストラン・飲食店の料理とサービスを配信する、
おすすめのアイデア

レストラン・飲食店でデジタルサイネージのコンテンツを配信する場合に、まず考えたいのが、お店のオススメ料理です。
季節ごとの「旬」な食材を使ったメニューや、期間限定のサービス・メニューなどが効果的です。
そして、料理のメニュー・コンテンツだけではなく、おすすめなのが動画コンテンツです。
料理にはカットや盛りつけなどの一連の流れが魅力的なものが多いため、より顧客の興味を集められるでしょう。
またコンテンツの内容を変更するのも容易なので、季節や時間帯などで配信するコンテンツを切り替えられる点も強みです。
期間限定の商品や、時間帯で内容が変わるメニューなどで情報を変更して、より効率的に顧客への周知が行なえます。

理想的なのは、どの座席からでも確認できるように小さなディスプレイを数多くの導入することですが、
もしコスト的に難しければ、店舗の中でも顧客が足を止めやすい場所を選びましょう。待ち時間などに使用するスペース、
会計を行なう場所への設置も次回以降の宣伝になり、リピートに繋げられるというメリットがあります。

またデジタルサイネージが活かせる場所はレストラン店内に限らず、屋外に設置するという方法もあります。
そこでも動きのある広告映像を配信できるという強みが活かせて、人の目を引くことができます。
「味」が勝負のレストランや飲食店ですが、これからはサービスもお店の大切な評価につながる時代です。

「レストランの・飲食店のコンテンツはおしゃれに決めよう」
使用コンテンツ:Welcome、メニュー、おすすめメニュー、アート作品、BGV

集客効果の高いウエルカムポスターから始めましょう

 レストラン・飲食店を本格的にはやらせるためには、効果的な宣伝が重要になります。宣伝手法の一つとして利用しておきたいのが、最近注目されているデジタルサイネージの映像コンテンツになります。これは、通常の看板やポスターとは異なり、ディスプレイを用いて情報を提供する仕組みです。デジタルサイネージを導入することで、今まで難しかった複数の情報を時間差で宣伝・配信することが可能になりました。例えば、レストランの場合には集客効果の高いウエルカムポスターを貼り付けているところも少なくありません。従来は紙媒体だったウエルカムポスターも、デジタルサイネージを使うことでいくつものポスターを同時に見せることが可能になります。そしてお客さんも、動く広告に興味を持ってくれるためシナジー効果が期待できるといえるでしょう。昼のポスター、夜のポスターなどレストランのもつ魅力を伝えるデザイン性の高い広告コンテンツで集客につなげましょう。


レストラン・飲食店の定番であるメニューボードはおしゃれに

 レストラン・飲食店の定番として知られているメニューボードは、様々な工夫が施されています。ホワイトボードを使いカラフルなペンで人目を引くような方法もあれば、真っ黒いボードを使い白いチョークやペンで文字を浮き上がらせて注目を浴びる方法もあります。このような方法は、広く利用されていますのでそれだけで差別化を図ることは難しくなってきました。お客さんの視点から見ると、どれも同じに見えている可能性があります。そこで注目したいのがデジタルサイネージによるおしゃれなデザインのメニューボード配信です。デジタルサイネージのディスプレイはいくつもの情報を時間差で配信することが可能です。メニューと料理写真を数秒おきに切り替えて宣伝することができるため、結果的に集客に大きく貢献してくれます。


おすすめメニューやお得なセットメニューを効果的に紹介

 通常、レストラン・飲食店には複数の商品が用意されていますが、数が多ければよい訳ではありません。重複しない商品をそろえることでお客さんの満足度を高めリピーターを増やすことにもつながるでしょう。ただ、すべてがおすすめのメニューになる分けではありません。多くの場合、お店の定番商品や目玉商品といわれるおすすめのメニューやお得なセットメニューは2、3種類しかないものです。これらを一度に宣伝するためにはデジタルサイネージが効果的です。特に動画でコンテンツを制作すれば料理の持つ暖かや食材の新鮮さなど細かなディテールを表現できまるので、静止画に比べて圧倒的な存在感をアピール出来ます。屋外のディスプレイで配信すれば、数秒でその日のおすすめ商品の一覧がわかるため効果も大きいでしょう。


お店の雰囲気に合ったアート作品でイメージアップを

 お店の雰囲気に合ったデザイン性の高いアート作品でイメージアップを図ることもおすすめです。魅力的なアート作品は人々の感性に強く訴えかけるため、レストランのイメージを一新させ、今まで以上の集客が期待できます。店内の内装にマッチしたテイストのアート作品を選ぶことも大切なポイントです。店内の雰囲気が崩れてしまっては、かえって逆効果になってしまいます。ディスプレイの大きさも大きすぎてはうるさくなるだけです。店内にお気に入りの写真を額縁に入れて飾る感覚でディスプレイのサイズも選びましょう。飾られている写真がゆっくりと変わっていくようなイメージがお客さまにとっても心地良い空間となることでしょう。幾つもアート作品がラインナップすれば日替わりや季節に合わせて更新していけば、お客さまにも、いつも新鮮な気も持ちで食事を楽しんで頂けることでしょう。


くつろげる空間を演出する季節に合わせたBGVを配信

 デジタルサイネージの動画コンテンツを利用したBGVの配信もアート作品と同様に効果があります。アート作品との差別化に季節感を取り入れるアイデアがあげられます。季節ごとの美しい自然写真や動画を配信すれば、お客さんにそのレストランの印象を強く刷り込むことが可能になります。BGVの合間に季節限定の特別メニューなどをさりげなく差し込むなどして、より効果的にオーダーへとつなげることも期待できます。お店の雰囲気に合わせたBGVでお客さんの感性を刺激し集客効果を高めることが実現するでしょう。結果的に、今まで以上の売り上げを期待することができます。


レストラン・飲食店のアイデア まとめ

レストラン・飲食店でデジタルサイネージを効果的に配信するアイデアとしてあげられるのは、
おすすめのメニューの効果的な見せ方とお店の雰囲気をイメージアップさせるコンテンツの工夫です。

お昼時にはレストランが手がける本格的なランチが楽しめる情報をコンテンツ化してアプローチ。
夜にはおしゃれなディナーをお伝えすると様々な層から常に支持されるレストランになるでしょう。
限定したランチとディナーでメリハリをつけ、お店の雰囲気を大切にした広告コンテンツが良いでしょう。

アート作品やBGVの動画配信でお店の雰囲気を楽しんでもらう気配りがお店の人気をあげるポイントです。
コンテンツ制作は店舗に良く合うデザインが大事ですので、信頼できるコンテンツ制作会社に依頼しましょう。



今後は導入事例なども交え、デジタルサイネージ運用のアイデアを掲載していきます。
また、デジタルサイネージ・コレクションにも、様々なアイデアが溢れていますので御覧ください。