人気の屋内用デジタルサイネージ・ディスプレイ

初めてデジタルサイネージを導入するなら、
比較的安価な屋内用デジタルサイネージが最適です

屋内用デジタルサイネージの一番の魅力は価格が安価なディスプレイが豊富なことです。
安価なディスプレイで1万円台から、50インチのディスプレイでも20万円以下で購入できます。
信頼性の高い国内メーカーでも、リーズナブルな価格がラインナップしています。
小規模店舗や初めてデジタルサイネージを導入し運用をお考えの方には、
コストパフォーマンスの高い屋内用デジタルサイネージがオススメです。


① シャープ <PN-W435A>

価格:¥68.900〜(2020年10月現在)
サイズ:43V型 解像度:HD(1,920×1,080ドット)
輝度:350cd/m² コントラスト比:1.100:1
視野角度:178° パネル:TFT液晶
再生機能:USBメディアプレーヤー内蔵
デザイン:幅約11.9mmの狭額縁フレームを採用。
保証期間:3年保証対象モデル(別途、登録必要)
備考:スタンド別売り
メーカーHPへ移動

 43型のデジタルサイネージは屋内でインフォメーションパネルとして使うには最適のサイズです。安心の国内メーカーでサポートも充実しています。解像度や輝度は高くはありませんが、コントラスト比は高いのでより繊細な画像が得られます。静止画または動画を記録したUSBメモリーを本体に挿すだけで、自動的にコンテンツを再生できる、PCレス・デジタルサイネージ。


② パナソニック <TH-43EQ1J>

価格:¥92.000〜(2020年10月現在)
サイズ:43V型 解像度:4K(3840×2160ドット)
輝度:350cd/m² コントラスト比:4.000:1
視野角度:178° パネル:VA / ダイレクトLED
再生機能:USBメディアプレーヤー内蔵
デザイン:厚み61mmの薄型デザインを。
保証期間:最大で3年間の無償修理
備考:スタンド別売り
メーカーHPへ移動

 PS液晶パネルは視野角が広く、どこから見ても安定した高画質な映像を提供することができます。狭額縁で映像が際立つスリムデザインで薄型なので、壁掛け設置時も圧迫感がなく、屋内の公共スペースに設置するディスプレイとしても最適に使用できます。コUSBメモリーを本体に挿すだけで、自動でコンテンツを再生。4Kにも対応しているのでパソコンやセットトップボックスを使用せずに、簡単に4Kコンテンツを配信できます。


③ 東芝レグザ TD-Zシリーズ<TD-Z423>

価格:オープン価格(2020年10月現在)
サイズ:42V型 解像度:HD(1,920×1,080ドット)
最大500cd/m² コントラスト比:1.300:1
視野角度:178° パネル:IPS
再生機能:USBメディアプレーヤー内蔵 OPS準拠モジュール対応
デザイン:幅約6.5mmの狭額縁フレームを採用。
保証期間:1年(5年まで拡張)
備考:スタンド別売り
http://www.tles.co.jp/shohin_signage.html#c02

 10万を切る価格で4Kの高解像度を実現した、コスパの高い屋内モデル。コントラスト比は4.000:1と高スペックです。パソコン用の「コンテンツマネージメントソフトウェア(無償)」と組み合わせると、コンテンツ再生順、再生時間のプレイリストを作り、店舗の営業時間に合わせてスケジューリングできます。複数台のディスプレイに同時配信といった効率的な運用も行えます。86型までの大型ディスプレイのラインナップです。


④ 東芝 プロフェッショナル<TD-E502>

価格:¥130.000(2020年10月現在)
サイズ;50V型 解像度:HD(1,920×1,080ドット)
輝度:450cd/m² コントラスト比:3.000:1
視野角度:178° パネル:VA
再生機能:USBメディアプレーヤー内蔵
デザイン:厚み70mmの薄型デザインを。
保証期間:1年間
備考:イーゼルスタンドとのセットモデルもあり
メーカーHPへ移動

 50インチで13万の価格に抑えながらも業務用の基本機能を搭載した東芝の屋内用ディスプレイ。USBメディアプレーヤーとスケジューリング機能を内蔵したエントリーモデルです。ディスプレイ単体でも動画や静止画、音声ファイルのコンテンツを再生。画像ファイルと音声ファイルの同時再生も可能で、シャッフル・リピート再生機能なども搭載しています。ファンの動作音がなく、メンテナンスフリーを実現する信頼のファンレス設計です。


⑤ NEC パブリック<LCD-C551>

価格:¥220.000(2020年10月現在)
サイズ:55V型 解像度:HD(1,920×1,080ドット)
最大500cd/m² コントラスト比:4000:1
視野角度:178° パネル:VA
再生機能:USBメディアプレーヤー内蔵
デザイン:厚み45mmの薄型デザインを。
保証期間:1年間
備考:スタンド別売り
メーカーHPへ移動

 輝度ムラがなく、残像に強く焼き付けしにくい高品質LEDバックライトを採用しているため、安定した表示が可能です。塵埃の影響を受けにくい構造を採用し防塵性を強化し耐久性が高い屋内モデル。ディスプレイに内蔵された外光センサが周囲の明るさを検知して、明るさに合わせて設定した輝度に自動的に調節します。安心のNEC品質です。


⑥ ソニー ブラビア <FW-43BZ35F/BZ>

価格:オープン価格(2020年10月現在)
サイズ;43V型  解像度:4K(3840×2160ドット)
輝度:505cd/m² コントラスト比:1.400:1
視野角度:178° パネル:IPS
再生機能:USBメディアプレーヤー内蔵
デザイン:厚み62.8mmの薄型デザインを。
保証期間:最大で3年間の無償修理
備考:HDR10 スタンド別売り
メーカーHPへ移動

 独自の技術で高画質を追求するソニーのブラビアシリースを使用した屋内用デジタルサイネージ・ディスプレイ。多彩な要望に答えるソリューションシステムで、快適なデジタルサイネージ運用をサポート。HDR10使用で、ハイコントラストなHDR画像を再現できるワンクラス上のデジタルサイネージです。単体での導入から複数台のシステムまで対応可能なディスプレイです。


⑦ フリップス D ライン<55BDL4050D/11>

価格:¥120.000(2020年10月現在)
サイズ:54.6V型 解像度:HD(1,920×1,080ドット)
輝度:450cd/m² コントラスト比:1.100:1
視野角度:178° パネル:IPS
再生機能:USBメディアプレーヤー内蔵
デザイン:厚み45.5mmの薄型デザインを。
保証期間:1年間
備考:スタンド別売り
メーカーHPへ移動

 54.6V型の大型ディスプレイで15万円を切るモデル。Android搭載で、お好みのアプリをインストールしてディスプレイをカスタマイズできます。またWIFI機能を搭載し、快適なネット接続を可能にした多機能な次世代型の屋内用デジタルサイネージディスプレイです。海外メーカーの中でも安心のブランドです。


⑧ LG UM3DG Series <43UM3DG-B>

価格:¥127.000(2020年10月現在)
サイズ;43V型 解像度:4K(3840×2160ドット)
輝度:350cd/m² コントラスト比:1.100:1
視野角度:178° パネル:IPS
再生機能:USBメディアプレーヤー内蔵
デザイン:厚み39.9mmの薄型デザイン
保証期間:1年間
備考:スタンド別売り
メーカーHPへ移動

 UM3DGシリーズはさまざまな屋内環境向けに最適化されたUHD Signageです。優れたUHD 品質、スリム設計、外部防塵などユーザーの利便性が特徴的なサイネージモニターとなります。LG IPSパネルを駆使した広い視聴角度で歪みのないクリアなコンテンツを映し出します。USBプラグインを通じGPIO, NFC/RFID, 温度センサー, 等々の外部センサー接続をサポート。とにかく多機能な4Kディスプレイです。


⑨ サインビゴラス <tv-43> 

価格:¥89,999〜(2021年5月現在)
サイズ:43V型 解像度:HD(1,920×1,080ドット)
輝度:350cd/m² コントラスト比:記載なし
視野角度:記載なし
再生機能:USBメディアプレーヤー内蔵
デザイン:35mm イーゼルスタンド一体型
保証期間:1年間
備考:ブラック&ホワイトの2色から選べます
商品ページへ移動

 飲食店や商業施設などにお勧めです。滑り止めゴム付き、安定感UP!USBを差して、コンテンツの更新作業が簡単便利!リモコン操作で簡単!お手軽サイネージ・電子看板。デジタルサイネージの動画は視認性が高く、一際目立つ電子スタンド看板です。


⑩ GP-RECX <デジタルA型看板>

価格:¥89,800〜(2021年5月現在)
サイズ:32V型 解像度:HD(1,920×1,080ドット)
輝度:1.100cd/m² コントラスト比:1.100:1
視野角度:178°
再生機能:USBメディアプレーヤー内蔵
デザイン:イーゼルスタンド一体型 強化ガラス使用
保証期間:1年間
備考:デザイン・テンプレート付き
商品ページへ移動

 移動 時に 便利 な 取っ手 付き、 キャスター は2輪付きで 簡単 に 移動 が可能です。滑り止め がついているので、 設置 もとても 安定 します。折りたたみ式 かつ スタンド の開脚を固定する ストッパー 付き!収納 時は、ストッパーバーを上げるだけでスタンドを 畳む ことが可能、折り畳んだ後にストッパーのバーを下に下せば ロック がかかります。


屋内用デジタルサイネージの購入ポイント

屋内用デジタルサイネージのディスプレイは豊富な機種が販売されています。
特に海外メーカーの安価なディスプレイが大量に輸入されて価格競争も激しくなり、
国内メーカーの良質なディスプレイの価格もかなり下がってきました。
保証と安心なサポートが受けられる国内外メーカーの中で、
配信の目的をカバー出来るスペックのディスプレイをセレクトしましょう。



屋内用デジタルサイネージを購入した後に大切な
コンテンツ制作

デジタルサイネージを導入し配信を始めるために必要となってくるのがコンテンツ制作です。
ピクトパスカルではオリジナルのコンテンツ制作はもとより、低価格で高品質なコンテンツも販売しています。
ピクトパスカルのコンテンツは、デジタルサイネージ・コレクションを御覧ください。

みなさまのデジタルサイネージの運用が、新たな発展へのきっかけになれば幸いです。
もちろんデジタルサイネージのコンテンツ制作が必要であれば、何なりとご相談ください。