マルチディスプレイのデジタルサイネージは
多彩な配信が可能

複雑な配信プログラムが組めるマルチディスプレイ

マルチディスプレイとは複数台のディスプレイを連結して1台のディスプレイとして使用するシステムです。
マルチディスプレイによるデジタルサイネージの魅力は、なんと言っても活用の幅の広さです。
配信方法は大きく2つに別れ、ひとつはディスプレイの台数分のコンテンツを配信するパターン。
もうひとつは、連結した複数台のディスプレイを1画面として、1つのコンテンツを配信するパターンです。
もちろん、この両パターンを組み合わせた、より複雑な配信プログラムを組むことも可能です。

ディスプレイの数だけ活用が広がる
マルチディスプレイ

身近な導入例として、ファーストフードのメニュー・ボードがあります。3台のディスプレイを横に連結し、
それぞれの画面に、オススメ商品、フードメニュー、ドリンクメニューなどの個別のコンテンツを配信します。
時折、3画面が1画面となって、ブランディング映像やコマーシャル映像を数秒配信するプログラムです。
この方法はディスプレイの数だけ拡張できるので、大型テナントビルやテーマパークなどへの導入も進んでいます。

継ぎ目のないLEDディスプレイで
屋外用の大型広告媒体に

液晶ディスプレイを連結すると、どうしてもディスプレイの境目にラインが出てしまいます。
それを回避する多くのシステムがLEDディスプレイの連結です。LEDディスプレイは輝度も高く頑丈なので、
屋外や外光を受ける場所の使用に適しています。また、LEDのピッチ(解像度)が小さいほど高額になります。
複雑な配信システムの構築も含め、実績の経験豊かなシステムメーカーに相談することが必要です。


① シャープ

メーカーHPへ

■メーカーからのアピール

 複数台を組み合わせて、設置場所に応じた大画面のマルチディスプレイ・デジタルサイネージ表示を可能にする60V型4K液晶ディスプレイ。

 4台(2×2)なら120V型/8K相当、16台(4×4)なら240V型/16K相当の超大画面・高精細表示が可能。また独自技術「SHARP Advanced UCCT」により、ディスプレイ間の色ムラや輝度ムラを抑制でき、デジタルサイネージやオフィスでのプレゼンテーション、今後の需要拡大が見込まれているパブリックビューイングなどの用途に最適だ。


② NEC

メーカーHPへ

■メーカーからのアピール

 FAシリーズは、明るい環境下でもくっきり鮮やかな高画質設計。映像・電源回路に2系統の冗長性を持たせ、画面表示を消すことのできない用途にも高い信頼性を確保したハイグレードモデルです。

 FEシリーズは、ハイグレードモデル(FAシリーズ)の基本設計を踏襲したスタンダードモデル。視認性の高い映像表示と設置のしやすさを両立し、大画面ニーズにきめ細かく応えるモデルです。

 屋内用Q2シリーズは、様々な大画面サイズに応えるスクエア型。照明の明るい・外光の差し込む屋内でもくっきりした表示で見やすく、前面からの設置・メンテナンスに対応。バックヤードを確保できない狭い設置場所など、様々な用途・場所に設置できます。


③ LGエレクトロニクス

メーカーHPへ

■メーカーからのアピール

 LG デジタルサイネージ スーパーナロー マルチ液晶モニター(700カンデラ)ビデオウォールシリーズは、狭額ベゼル0.9mmによって構成されたサイネージマルチディスプレイの印象的な没入感を実現。最先端のスマートサイネージプラットフォームによってさらに強まり、ブランド認知度の向上及び店舗への来客数アップ効果を期待できます。またVH7Eシリーズは、自動再生機能以外にもマルチタスクが可能となっております。

 Nemkoによって検証された均等な0.9mm* ベゼルと1.8mm*BtB(ベゼルtoベゼル)のボーダレスデザインは、ベゼルによる演出妨害を最小限に抑え、組み立てられたビデオウォールマルチスクリーンで没入感のあるシームレスなコンテンツを提供します。


④ クラウドポイント

メーカーHPへ

■メーカーからのアピール

 クラウドポイントは、2004年にLEDビジョン「VEGAS VISION」の販売開始以来、全国12,000箇所25,000面* のデジタルサイネージを導入しりました。

 現在では、100型を超える液晶ディスプレイを製造しているメーカーはほとんどありません。そのため、100型以上のディスプレイを希望される際には、マルチディスプレイを組み上げます。デメリットとしては、ベゼル(各液晶ディスプレイの枠)が目立つという点です。しかし、最近ではシームレス、ベゼルレスといったベゼル幅が小さいマルチ用のディスプレイも多数存在します。そのためベゼルが目立たないマルチディスプレイを組み上げることも可能になっています。


⑤ ヤマトサイネージ

メーカーHPへ

■メーカーからのアピール

 駅や空港、繁華街などでよく見かけることができます。ディスプレイを連結させることで1つの巨大なディスプレイを作り上げます。遠くからの視認性を確保でき、インパクトや効果が期待できます。

 通常のデジタルサイネージ用ディスプレイと異なり連結部をスマートに見せるため、ベゼル比の少ない仕様になっています。ディスプレイを連結させることで、お好みのディスプレイサイズや形を作ることができます。大型ディスプレイとして大画面でのコンテンツ配信ができるとともに、個別のディスプレイにそれぞれ別のコンテンツを配信することも可能です。


⑥ ファンテック

メーカーHPへ

■メーカーからのアピール

 今まで、マルチディスプレイのサイネージは、専門的な知識と、多額の費用がかかっていました。しかし、Multi Display System「Synchronity」とOTOMOの組み合わせで、簡単、安価にマルチサイネージを構築することができます。

 設置状況や、コンテンツの内容によって、ディスプレイを角度、位置など、自由にレイアウトすることができます。また、変形レイアウトにコンテンツをフィットするのも、簡単に設定できます。OTOMOのマルチサイネージは、もちろん動画に対応。複数面のディスプレイで、迫力の動画を配信することができます


⑦ プロテラス

メーカーHPへ

■メーカーからのアピール

 プロテラスのデジタルサイネージはワンストップサービスです。大型LEDビジョンから多数ディスプレイまで、お客様のニーズに合わせて企画ご提案を行い、ロケーションやディスプレイの選定、施工設置、映像コンテンツ制作や運用サポートに至るまで、あらゆる業界や施設においてご満足いただけるデジタルサイネージ導入のお手伝いを一手にお引き受けいたします。

 業界ダントツの設置実績を誇るプロテラスのLEDビジョンブランド「TerasVision(テラスビジョン)」は近年、その存在感で屋内外での広告利用やブランディング作りの装飾の一部としても活用されています。多彩なラインナップをご用意しておりますので、価格、サイズ、映像の細かさなど、お客様のご希望に沿ったご提案をさせていただきます。


⑧ CANON

メーカーHPへ

■メーカーからのアピール

 大型ディスプレイをより大きな表示画面にすることが可能です。大型ディスプレイ2面以上は見る者にインパクトを与えるはずです。

 1枚のディスプレイで100インチを超えることはコストの面も含めて難しいことです。インパクトのある大型ディスプレイを設置するにはマルチ画面を使うことで実現可能です。特に接近した位置からの表示には繊細なディスプレイを設置することが効果的です。

 画像を拡大して表示することはもちろん、ディスプレイごとに別々な表現をすることができるためインパクトのあるデジタルサイネージを作ることが可能となります。お客さまに最適な通信インフラ、インターネット技術を利用した、効率のよいオフィス環境・新しいワークスタイルをご提案いたします。


マルチディスプレイ・デジタルサイネージの
購入ポイント

マルチディスプレイは導入や施工の段階から、コンテンツの配信目的も含め複雑なシステム構築が求められます。
マルチディスプレイの開発や製造をしている会社よりも、複雑な配信プログラムを構築できる会社から、
適切なマルチディスプレイを導入することが最も安全でスムーズな導入に結びつくと思われます。



マルチディスプレイを導入した後に大切なコンテンツ制作

マルチディスプレイを導入し配信を始めるために必要となってくるのがコンテンツ制作です。
効果的な配信のためには、静止画、動画など豊富なコンテンツが必要になってきます。
ピクトパスカルではオリジナルの制作はもとより、低価格で高品質なコンテンツも販売しています。
ピクトパスカルのコンテンツは、デジタルサイネージ・コレクションを御覧ください。

みなさまのデジタルサイネージの運用が、新たな発展へのきっかけになれば幸いです。
もちろんデジタルサイネージのコンテンツ制作が必要であれば、何なりとご相談ください。